【逆落としは無意味?】勝因はだまし討ち?一ノ谷の戦いの真実を分かりやすく説明!

広告

こんにちは〜!

カワタツです!

🤡「どーも!

デルピエロです!」

ねえ。

一ノ谷の戦い

って知ってる?

🤡「ああ!

源義経が崖を馬で駆け下って、

平氏を奇襲して海に追いやり、

勝利したんだよな!」

そういう話だよね。

逆落としとか鵯越(ひよどりごえ)

と言われる話だ。

ただ、

一ノ谷の戦い、

逆落としが原因で、

源氏が勝った訳じゃない

らしいんだよね。

🤡「え?

そうなの?

じゃあ何が原因で、

源氏が勝てたの?」

今日はそれについて説明します!

逆落としは無意味だった?

海上知明さんの、

『「義経」愚将論

源平合戦に見る失敗の本質』

を参考に説明します!

この本を僕なりに噛み砕いて説明してるので、

間違えてる所もあるかもしれません!

義経の逆落としは無意味?

🤡「『逆落としは無意味』って、

どういう事?」

まあ義経が崖から下ってくるのは、

奇襲になるわけなんだけど、

平安時代末期でも、

奇襲して敵を襲うのは、

当たり前の事

らしい。

🤡「え?

じゃあ、

平家は義経の奇襲を、

ある程度予想できてた

ってこと?」

そういう事らしい。

しかも、

平家の兵数は、

源氏の兵数より多かった。

兵数的に有利だった。

らしいよ。

🤡「え?

それなら、

源氏が襲ってきても、

そんなに問題はないって事?」

そうなるね。

🤡「逆落としが無意味って、

そういう意味か」

しかも、

一ノ谷は崖を背にした、

守りやすい地形

らしいし。

🤡「守りやすい地形に、

源氏より平家の方が兵数が多い。

これ、

平家に負ける要素ないんじゃない?」

そうなんだよ。

平家の方が優勢で、

万全の体勢だったにも関わらず、

平家は気を抜いてて、

そこを突かれた。

🤡「気を抜いてた?

準備が万全だったから、

油断したのかな?」

いや、そういう事ではないみたい。

次の見出しで説明します!

とにかく、

平家は一ノ谷という守りやすい土地に入り、

兵数も源氏より多く、

奇襲に対しても警戒していた。

それなのに気を抜いてて、

海に追いやられ負けたのはなぜ?

一ノ谷の戦いの真実は、だまし討ち?

🤡「なぜ平家は、

一ノ谷の戦いで、

気を抜いてしまっていたの?」

それは開戦前に、

後白河法皇が、

平家に使者を送ってたから

らしい。

🤡「え?

使者?

何の目的?」

和睦

(わぼく)

だよ。

朝廷・源氏と平家のね。

🤡「え?

でも、その後、

一ノ谷の戦いは始まったんでしょ?」

そうなんだよ😅

朝廷・源氏が和睦を持ちかけた。

それで平家は気を抜いた。

そこを攻めたから、

源氏は勝てたらしい😅

🤡「え?

それって、

だまし討ち

じゃん!

卑怯!」

そうなんだよ😅

まあ平家は海に逃げて、

戦力はほぼ残ったままらしいけどね。

🤡「源氏の勝ちとは言えない

気がするな」

そんな感じするよね😅

まあ、というわけで、

源氏が勝てたのは、

後白河法皇が和睦の使者を送り、

そこで平家が気を抜いた所を、

攻めたかららしいです!

いわゆる、だまし討ち!

まとめ

  • 平家は一ノ谷という守りやすい土地に入り、兵数も源氏に比べて多かった。なのに平家派気を抜いて負けた?なぜ?
  • 後白河法皇が平家に和睦の使者を送り、そこで平家は気を抜いた。そこを源氏は奇襲してだまし討ち。平家は戦力を保ちつつも海に逃れた。

🤡「てか、

この話だと、

源義経は一ノ谷で

特に何もしてない

って事になるの?」

僕も残念なんだけど、

そうなるらしい😅

そんな感じで、

海上知明さんの、

『「義経」愚将論

源平合戦に見る失敗の本質』、

源義経は名将なんかじゃない!

むしろ普通以下!

ということが書いてあります!

🤡「マジかよ!」

源義経が、

ケチョンケチョンに言われています!

大半の皆さんは抵抗あると思いますが、

(僕もありました😅)

一ノ谷の戦いや源平合戦の、

戦術・戦略面

について、

詳しく解説してあるので、

読んでみてください!

それでは今日はこの辺で失礼します!

🤡「さようなら〜!」

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!