【「30の戦いからよむ世界史」上下巻・感想】30の戦いから世界史を説明する世界史初心者向けの本?

2021年2月13日

こんにちは〜!

カワタツ( @TKkidd_mbht )です!

少し前にネットオフ

ブックオフのネット版)から、

「本の185円均一セール

やるよ〜」メールが来て、

ここで歴史の本を3冊ほど

買ってしまったんです。

185円という安さ。

少しでも興味があるものは、

ポンポン買っちゃいますよね?😅

というわけで今日はその時買った、

歴史の本を紹介します。

関眞興(せき・しんこう)さんが書いた、

「30の戦いから

読む世界史」

この本は上の記事でも、

少し紹介しています。

タイトル通り、

世界の歴史の流れを、

30の大きな戦いから説明した本。

世界史初心者にオススメです!

30の大きな戦いから世界史を説明する本?

本のタイトルから、

戦争の具体的な戦術を、

書いている本に見えますが、

この本は、

世界史上の有名な戦いを

中心にして、

世界の歴史を

説明しています。

さらに言えば、

「その戦いが世界史を

どう変えたか」

が書かれてあります。

中東の国は

紀元前から戦争してる?

エジプトは国自体が

天然の要害だった?

ユーゴスラビアとか東欧の国が、

しょっちゅう国名が変わるのは、

なぜ?

など書いてあります。

また、

朝鮮戦争やベトナム戦争は、

日本のすぐ近くで起きた戦争。

「何も知らない。

知りたい!」

と思う人、多いのでは?

世界史初心者向けの本?

「30の戦いからよむ世界史」は、

世界史の初心者向け

の本です。

世界史に詳しい人は、

読む必要がないです😅

ローマ帝国、十字軍、

百年戦争、オスマン帝国、

ジャンヌ・ダルク、ナポレオン、

ヒトラー

など高校の世界史の教科書より、

詳しい事が書いてあると思います。

世界史初心者にオススメの本!

この本で世界史の初歩的な事を勉強して、

深く掘り下げた本へ、

ステップアップすると、

知識が付くと思います!

まとめ

  • 「30の戦いからよむ世界史」は30の戦いから世界史を説明する本
  • 世界史初心者向けの本

僕は最近まで日本史だけ知ってる人間で、

白村江の戦い等から

「日本史を知るためにも、

もっと世界史を

勉強したいな〜」

と思ってたんです。

世界史も面白いですね!

それでは今日はこの辺で失礼します!

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!