【十角館の殺人・アガサ】何でもできる美女?第4の被害者?

広告

こんにちは!

漫画「十角館の殺人」の

気遣いのできる美女、

アガサ

について、

  • 本名は?
  • 何でもできる美女?アガサママ?女王様?
  • 第4の被害者?死因は?

などについて、

まとめてみました!

アガサが美女すぎて

気になる!😍

という人は読んでみてください!

また、

この記事は漫画のアガサについて

まとめたものです。

小説とは内容が違う所もあるので

ご注意ください!

あと漫画「十角館の殺人」と

小説「十角館の殺人」の

ネタバレを含んでいます。

未読の方はご注意!

アガサの本名は?

アガサって
大分県に住んでる
日本人だよね?
本名は何ていうんだろう?
まさか阿笠博士の親戚
とかじゃないよね?

「アガサ」はもちろん、

有名なミステリー作家、

アガサ・クリスティーから取った、

ミス研でのあだ名ですね。

本名は、

岩崎杳子。

読み方は多分、

「いわさきようこ」です。

5巻の54ページに載ってますね。

なんだか、
お嬢様感のある
名前!

何でもできる美女?アガサママ?女王様?

アガサについて、

  • アガサママ
  • 女王様

と呼ばれるシーンがあるんですよね。

ママなの?
どういうこと?

1巻の巻末4コマ漫画で、

エラリイ「アガサって面倒見が良いよな」

ルルウ「母性が強いっていうか…」

ポウ「アガサママ…だな!」

1巻の巻末4コマ漫画

とコーヒーを淹れてもらったり、

ご飯を作ってもらったり、

アガサに頼りきりの男たちがいます😅

男もそれ位やろうよ!
お前ら鍋も
作れないんだろ?

  • 美人で気遣いのできるミス研一の常識人
  • 明るい性格で交友関係が広い。

とも言われますが、

オルツィに、

アガサって将来絶対

変な男に引っかかりそう

3巻の4コマ

とも言われてますね😅

何でもできる
美女
なのに、
言われようがすごいな!

一方、

エラリイに「女王様」

呼ばれてたりもしてますね。

カーはアガサに告白して、

撃沈したみたいです。

いや!
そうだよ!
何でもできる
美女なんだから!

ただ一方、

2巻の29ページで、

無人島にこんなに服を持ってきて

何やってんだろ私ー…

いくらオシャレしたって

私のことなんか見てくれないのにー…ね

2巻の29ページ

という苦悩のようなセリフも、

ありましたね。

この苦悩の原因については、

詳しく語られることは

ありませんでした。

何でもできる
オシャレ美女だから、
逆に敬遠されるとか?
ただ無人島には
汚れても良い服装
来た方が良かったね!

というわけでアガサ、

気遣いができて、

何でもできる美女で、

アガサママと呼ばれることも!

しかし一方で、

それで逆に「女王様」と呼ばれ、

敬遠されてたのかも?

第4の被害者?死因は?

そして、

何でもできる美女アガサ、

角島で殺されてしまいます。

あそこにいた人は
1人を除いて
みんな死ぬんだけど、
何でもできる美女が
死ぬのは残念だな!

オルツィ・カー・ルルウに次ぐ

第4の被害者。

死因は何?

毒を塗られた口紅を

塗ったことによる、

毒殺。

唇に触れただけで
死んでしまう毒
とか
あるんだ!

肌から吸収されてしまう

毒かもしれないし、

毒のついた唇を舐めて、

唾液から胃に入る流れかもしれません。

4巻で医学部のポウも、

あまり(口紅に)鼻を

近づけるなよ

危険だぞ

正解だなエラリイ

たっぷり毒が塗ってある

4巻36・37ページ

と言ってます。

肌に触れなくても
死んじゃう毒か!
どこで手に入れたんだよ!

ポウによると、

青酸化合物による毒殺らしいですね。

白いドレスの死装束

おまけに毒殺ときてる

まるで童話の中の姫君じゃないか

4巻38・39ページ、エラリイのセリフ

というエラリイのセリフが

印象的でした。

死んでも
絵になる美女
なんだね!
しかし犯人は
いつ口紅に
毒を仕込んだんだろう?

一日目か二日目…

まだ警戒されてない頃に

犯人は部屋に忍び込んで

毒を仕込んでおいた

ところが彼女は今朝になるまで

それを使わなかった

4巻74ページ

毒が塗られていた口紅は、

アガサが普段使っていたものとは

違うものだったみたいです。

気分転換に
違う口紅に
しようと思ったら、
毒が塗ってあったわけか!

そう。

アガサがいつその口紅を使うか

わからない。

ポウいわく「時限爆弾」💣。

そして5巻の犯人のセリフによると

(一応伏せます)

急いでいたこともあり

目についた口紅の一本にしか

毒を仕込めなかった

5巻 #29

一本にしか
毒が仕込めなかったのか!
全部の口紅に
毒を仕込めたら、
オルツィと同じタイミング
アガサの死体が
見つかってたんだろうね!

そう。

この"時限装置"の作動は

思いがけぬほど遅れる

ことになってしまった

5巻 #29

とも犯人が言ってますね。

ここは犯人のミス
だったか!
オルツィと同じ
タイミングで
殺せたら、
犯人にとって
都合が良かったかな?

結構たくさんの人数を

殺す必要があったから、

早めにたくさん殺した方が

メンタル的にも楽だったかもね😅

とにかく、

アガサは青酸化合物を仕込んだ

口紅を塗ったことで、

第4の被害者になりました!

犯人のミスで

普段と違う口紅に毒が仕込まれ、

アガサが死ぬのが遅れました!

その他のアガサの情報

残ったアガサの情報を

表で書いておきますね。

大学K**大学
学部薬学部2回生
年齢21歳
身長167cm
怪談話を好む
麻雀ができる
(ミス研女子は
全員できる。
3巻の4コマ漫画より)

麻雀は意外!

十角館の殺人・アガサまとめ

  • 本名は岩崎杳子(いわさきようこ)。
  • 気遣いができて何でもできる美女!「アガサママ」と呼ばれることも?しかし一方で「女王様」と呼ばれ敬遠されるのが悩みだった?
  • 青酸化合物を仕込んだ口紅を塗ったことで殺害された第4の被害者!犯人のミスで普段と違う口紅に毒を仕込まれたことでアガサは死ぬのが遅れた!

エラリイも
そうだったけど、
アガサも
結構濃かったね!

この漫画で死ぬ人にしては、

惜しい存在感と美しさ。

もっと4コマとかで

出番が欲しかった😅

十角館の殺人の記事、

たくさん書いてます!

上の記事でまとめてます!

引っかかる記事があれば

読んでみてください!

また「十角館の殺人」や

綾辻行人さんの館シリーズは

もう全部読みました?

電子書籍で読むと

安く読めますよ!

詳しくは上の記事を

読んでみてください!

以上です!

もし間違った所があれば、

コメントしていただけると

ありがたいです!

この記事の感想

コメントいただけると嬉しいです!

Twitterのフォローも、
よろしくお願いします!

それでは今日はこの辺で失礼します!

さようなら〜!!

最後まで読んでいただいて、

ありがとうございます!