【浅生鴨「あざらしのひと」はどんな本?】色々な人の特徴を描いたエッセイ?

2022年6月28日

広告

こんにちは〜!

カワタツです!

🤡「どーも!

デルピエロです!」

このブログでは、

浅生鴨さんのエッセイについて、

紹介してきました!

🤡「おっ!

この流れは浅生鴨さんの新作が出た?」

そうなんだよ!

「あざらしのひと」

を読みました!

🤡「今回は、どんな本?」

いろいろな人の特徴を描いた、

気楽に読めるエッセイかな。

🤡「ほう。

具体的には?」

それを、

この記事で説明していくよ!

「あざらしのひと」って、

どんな人?

どんな本?

「あざらしのひと」とは?

🤡「『あざらしのひと』って、

どんな本?」

色々な人の行動とかに、

名前を付けて分類し、

エッセイに仕立てた本なんだ。

🤡「『あざらしのひと』っていうのも、

本の中に出てくる人の名前?」

その通り。

🤡「どんな人?

やっぱり、

あざらしみたいな体型の人ってこと?」

いや、そういう訳じゃない😅

本の中の「あざらしのひと」は、

コンビニ店員なんだけど。

🤡「ん?

コンビニ店員?」

毎回の挨拶の、

「ありがとうございます」が、

「あざらし」に聞こえる人。

🤡「毎日、

何回も言い慣れすぎて、

言葉が崩れていった感じか」

その人の事を、

「あざらしのひと」と、

浅生鴨さんが本の中で呼んでるんだ。

🤡「動物は関係ないんだな。

でも、

そんな人や、

習性を『あざらしのひと』で、

紹介してるわけか」

そうだね。

紹介というか、

少し共感するエッセイというか。

気楽に読めて、

とても良いよ!

まとめ

浅生鴨さんの「あざらしのひと」は、

「ありがとうございます」を、

「あざらし」と言ってしまう様な、

色々な人の面白い習性を、

たくさん描いた気楽に読めるエッセイ!

「あざらしのひと」、

通常の文庫本に比べ、

こんなに薄いです!

🤡「これは、

めちゃめちゃ気楽に読めそうだな!」

ぜひ読んでみてください!

普通の本屋には、

置いてないかもしれませんが、

丸善やジュンク堂によく行く人は、

hontoで在庫検索できますよ!

それでは今日はこの辺で失礼します!

🤡「さようなら〜!」

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!