阿津川辰海「蒼海館の殺人」(あおみかんのさつじん)あらすじと感想!

2023年1月29日

こんにちは〜!

阿津川辰海さんの

蒼海館の殺人

(あおみかんのさつじん)

について、

  • あらすじ
  • 感想

など説明していきますね!

洪水と殺人のWアタックミステリー!

意外にも家族の絆の話も?

「蒼海館の殺人」が気になって、

読むかどうか迷ってる人!

迷いすぎて夜しか寝られない人!

この記事を読んで判断してくれると

嬉しいです!

学校に来ない葛城を心配して田所が葛城の実家へ!

「蒼海館の殺人」、
殺人事件と洪水の、
ダブルアタックで
襲われるミステリー

という小説らしいけど、
どんな展開で
そうなるの?

「紅蓮館の殺人」の主人公、

  • 田所信哉(助手)
  • 葛城輝義(探偵)

は覚えてますか?

ちなみに「紅蓮館」を読んでなくて、

「蒼海館」を最初に読んでも、

そんなに問題はなさそうな気がします。

うん、
紅蓮館では、
下の名前が
あまり出てこなかったけど、
覚えてるよ!

その葛城輝義が、

「紅蓮館の殺人」の事件の後、

Y村にある葛城家の実家、

蒼海館に引きこもってしまった。

なぜ?
紅蓮館の事件が
ショックだったの?

それもあるけど、

葛城のお祖父さんが死んだんだよ。

ああ、
葬式があったのか!

そして葛城が長い間、

登校して来ないのが、

気になった田所。

友人の三谷と共に、

葛城の実家・蒼海館を訪れた。

学校に来ない
友達を心配して、
友達の家に!
青春だねえ〜!

学校に来ない葛城を心配して、

葛城の実家・蒼海館を訪れた田所!

そこで殺人が起こります!

葛城家の家族の絆の話?感動する?

そして、
田所が葛城の実家、
蒼海館を訪れた時、
殺人事件と、
洪水に襲われるってこと?

その通り。

蒼海館には葛城輝義本人と、

  • 葛城輝義の父

の一家と、

  • 祖母
  • 叔父
  • 叔母
  • いとこ
  • 医者
  • 怪しい雑誌記者

がいました。

怪しい雑誌記者が
気になる!
葛城家には、
記者に付きまとわれる様な、
後ろめたい事
でもあるの?

さあ。

それはどうだったか…(忘れた😅)

とにかく蒼海館に、

葛城家の一族が勢ぞろい

してたわけです。

そして「蒼海館の殺人」、

この、

葛城家の家族の絆の話

だったりもします!

え!
じゃあ意外に、
感動したりする話なの?

僕は少し感動しました!

「蒼海館の殺人」の登場人物は、

葛城家の人ばかり!

この葛城家の絆の話でもあります!

意外にも感動します!

台風による洪水と殺人のWアタック?

そして、

田所と三谷が、

青海館にたどり着いた日の午後、

蒼海館のあるY村を,

台風が襲う。

なんで
そんな日に
出かけたんだよ〜!?

そして台風により、

蒼海館の近くの川が増水。

蒼海館が水に浸かる

危険性が出てきた。

ヤバすぎ!

さらに、

葛城の家族を襲う、

無残な殺人事件が起こる。

やはりか〜!

この事件、

がいくつかあります。

殺人事件について、

葛城一家が団結して、

隠しているものとは?

その混乱の中を、

60年に1度と言われる、

猛烈な台風の、

増水が襲う!

田所たちは
蒼海館が水没するまでに、
犯人を見つけ出せるのかな?
おもしろそうだね!

そう!

時間制限のある、

タイムアタックミステリーです!

というわけで、

60年に一度の台風が蒼海館を襲い、

水没の危機に!

そして無残な殺人事件のWアタック!

葛城家が隠している秘密とは?

田所たちは館が水没するまでに

犯人を見つけ出せるのか?

前作「紅蓮館の殺人」などの記事も

書いてます!

「蒼海館の殺人」あらすじ・まとめ

  • 学校に来なくなった葛城を心配して葛城の実家・蒼海館を訪れた田所。
  • 「蒼海館の殺人」の登場人物は葛城家の人ばかり!葛城家の人々の家族の絆の話でもある!意外にも感動します!
  • 60年に一度の台風が蒼海館を襲い、水没の危機に!そして無惨な殺人事件のWアタック!葛城絵の人々が隠している秘密とは?田所たちは館が水没する前に真相を見つけられるのか?

「蒼海館の殺人」の感想

「蒼海館の殺人」、
面白かった?

先ほども言ったように、

  • 殺人事件と洪水のダブルアタックによるスリル
  • 葛城家の不気味さ
  • 家族の絆
  • 制限時間のあるタイムアタックミステリー

など面白い要素が

たくさんあります!

そして「紅蓮館の殺人」での、

失望から立ち直る探偵・葛城。

おお!
熱い展開だ!

そして、

2段階も3段階も、

厚みのある事件の真相。

600ページもあったけど、

後半は一気に読んじゃいました!

そして驚きの真相!

めちゃめちゃ面白かった!

「蒼海館の殺人」、

ぜひ読んでみてください!

「蒼海館の殺人」は電子書籍で読むと安い!

また「蒼海館の殺人」、

電子書籍で読むと

安いんです!

DMMブックス

に登録すると、

「蒼海館の殺人」が70%割引

で読めます!

「蒼海館の殺人」の定価は

1210円ですが、

70%割引で、

363円

で読めます!

めちゃ安い!
牛丼くらいの
値段だ!

1000円以上の単行本の小説が

70%も安くなるのは

DMMブックスだけ!

電子書籍なら紙の本と違って、

  • 重くない!
  • 本棚のスペースを取らない!
  • 値段が安い!

など良い所もたくさんあります!

DMMブックスに登録して「蒼海館の殺人」を363円で読む!

登録は無料なので、

ぜひ試してみてください!

以上です!

もし間違った所があれば、

コメントしていただけると

ありがたいです!

この記事の感想

コメントいただけると嬉しいです!

Twitterのフォローも、
よろしくお願いします!

それでは今日はこの辺で失礼します!

さようなら〜!!

最後まで読んでいただいて、

ありがとうございます!