【青山ちひろ】「金田一少年の事件簿」の被害者?白骨死体?

広告

こんにちは!

「金田一少年の事件簿」

青山ちひろ

について説明します!

ある事件で殺された青山ちひろ。

実は有能な新聞記者みたいな

女子高生だったりする?

この記事を読むと、

青山ちひろや出てくる事件の

理解が深まりますよ!

この記事は事件の犯人など、

「金田一少年の事件簿」の

ネタバレに触れてます!

未読の方はご注意!

ebookjapanなら「金田一少年の事件簿 File」は6巻まで半額!12巻まで半額で読める!詳細は記事の最後で!

青山ちひろは「金田一少年の事件簿」のどの事件に出てくる?

青山ちひろって、
「金田一少年の事件簿」の
どこに出てくるっけ?

学園七不思議

殺人事件

ですね!

青山ちひろは被害者?事件の動機?白骨死体?

青山ちひろって、
学園七不思議殺人事件に
どんな感じで関わるの?

被害者だよ。

しかも事件の10年前のね。

10年前?

青山ちひろは、

殺人の動機に関わる事件

被害者なんだ。

学園七不思議殺人事件の被害者は、

みんな不動高校の旧校舎の

壁に貼ってある、

真壁のポスターを剥がそうとして、

殺されたんだ。

ポスターの下には
何があるの?

青山ちひろの

白骨死体だよ。

桜樹るい子が殺される直前、

地震で壁が崩れて、

青山ちひろの白骨死体が出てきたんだ。

いきなり壁が崩れて、
白骨死体が出てきたら、
めっちゃビビるな!

というわけで、

ここでまとめておくと、

不動高校の旧校舎の壁の

真壁のポスターの裏に、

白骨死体として埋まっています!

ポスターを剥がそうとして、

桜樹るい子たちは殺されました!

青山ちひろが殺されるきっかけになった高畑製薬の人体実験とは?

しかし青山ちひろの
白骨死体、
なぜ壁の中にあるの?
誰かが殺して
壁の中に隠したの?

被害者と言ったからにはもちろん、

殺されています。

誰が殺したの?

ここでネタバレになりますが、

学園七不思議殺人事件の犯人、

的場勇一郎。

なぜ的場は、
青山ちひろを殺したの?

それを説明するには、

少し青山ちひろから離れた話

する必要があります。

昭和30年代(事件の30年前)、

金田一たちが通う、

不動高校のあった場所に

高畑製薬という会社があった。

高畑製薬で行われた新薬の人体実験で、

人体実験を受けた

6人全員が死亡した!

最悪だ!
マスコミが騒ぐやつだ!
会社の危機だ!

そう。

これは大変な事なんだよ。

そして高畑製薬の研究員たちは、

当時開発中だった

新しい研究所、

つまりは不動高校の旧校舎に、

その6人の死体を

埋めて隠した。

うわ〜最悪!
隠蔽いんぺい!

そして、

この研究所の建物は、

不動高校に寄付され、

高畑製薬の研究所は遠くに移転。

そして犯人の的場は、

元は高畑製薬の研究員。

そして教員として、

不動高校に入り込んだ的場。

彼は死体が埋められた場所に

生徒が近づかないように、

死体が埋められた場所に関する、

六不思議の噂を流した。

そして、

この後説明しますが、

この六不思議がきっかけで、

青山ちひろは的場に

殺される事になります。

高畑製薬が犯した
罪を隠蔽するために
青山ちひろを
殺したのか!

そういう事になります!

まとめると、

事件の30年前、

高畑製薬の人体実験で、

6人が死に、

死体は新研究所

(不動高校の旧校舎)に埋められた!

高畑製薬の研究員で

教員として入り込んだ的場は

その秘密を守るため、

青山ちひろを殺しました!

青山ちひろが殺された流れは?

具体的に青山ちひろは
どういう流れで
的場に殺されたの?

青山ちひろは推理小説部の一員で、

(桜樹るい子や真壁が所属する

ミステリー研究会の前身)

不動高校の六不思議について

調べてたんだ。

そして青山ちひろは、

  • 高畑製薬の人体実験で6人が死んだこと
  • 旧校舎にその6人の死体が埋まっていること
  • 的場が高畑製薬の研究員であること

全てを調べ上げ、

警察に通報しようとした。

え?
図書館の本や
新聞とかで、
そこまで全部調べたの?
青山ちひろ、
めっちゃ有能じゃない?

すごいよね!

通報するのが成功していれば、

新聞社とかがスカウトに来そう!

しかし残念ながら、

的場は青山ちひろを説得しようとしたが、

青山ちひろは階段から落ち、

死んでしまった。

正確に言えば、
的場は青山ちひろを
殺したわけじゃな
ないんだね!

でも6人の死体という、

どうしても隠さないといけない秘密が

あったから、

実質的には殺したのと同じだろうね。

そして的場は、

青山ちひろの死体を

楽器室(後のミス研の部室)にぬりこめ、

そこに生徒が近づかないように

7つ目の怪談を流した。

そこで六不思議が、
七不思議に
なったわけか!

そういう事です!

まとめると、

高畑製薬の人体実験の死体のこと、

的場が研究員であったことも、

全て調べ上げた有能な青山ちひろ!

警察に通報しようとしたところ、

的場に殺され、

楽器室の壁に隠されました!

青山ちひろの父親も出てくる?

ところで学園七不思議殺人事件の最後に、

青山ちひろの父親も出てくるんですよ。

そんな人
いたっけ?

不動高校の警備員、

立花良造

(たちばな・りょうぞう)

だよ!

金田一と一緒に
桜樹パイセンが
吊るされてるのを
目撃したオジサンか!

そう!

警備員として働くのに、

なぜ「立花」という偽名を使えたのか

分からないけど、

立花良造は青山ちひろのお父さん。

青山ちひろが行方不明になった時、

立花良造は単身赴任中で、

学校の人間は

誰も父親の顔を知らなかったとの事。

単身赴任の前に、
青山姓の奥さんと
離婚した
とかかな?
それなら辻褄が合う。
本当は青山ちひろは
立花ちひろ
だったのかも!

そして事件の最後、

立花良造は的場を刺し、

青山ちひろの敵を取ったのでした…。

悲しい…
敵討ちなんかしても
何も残らないって
最近の漫画やアニメで
わかってるんだ…

青山ちひろが書いた推理小説部の会報

警備員室にあった事で、

青山ちひろを失った時の

立花の悲しみが、

どんなものだったか伝わりますよね…。

まとめると、

青山ちひろの父親は

警備員の立花良造!

まとめ

  • 青山ちひろは学園七不思議殺人事件に出てくる!
  • 青山ちひろの死体はミステリー研究会部室の真壁のポスターの裏に、白骨死体として埋まっている!ポスターを剥がそうとして桜樹たちは殺された!
  • 青山ちひろが殺されたきっかけは事件の30年前、高幡製薬の人体実験で6人が死に、その死体が不動高校の旧校舎に隠されたこと!的場はその秘密を守るため青山ちひろを殺した!
  • それを調べ上げた有能な青山ちひろは警察に告発しようとしたが、的場はちひろを死なせてしまい、死体は壁に隠された!
  • 青山ちひろの父親は警備員の立花良造!

この記事、

書くまえは簡単に書けそうな気がしたのに、

かなりのボリュームになりました😅

簡略化した部分も
結構多かったのに、
結構濃い!
青山ちひろ!

この記事で説明したこと、

漫画で確認してみると、

理解が進むかもしれません!

「犯人たちの事件簿」

めちゃめちゃ面白いです!

こちらもぜひ!

そして「金田一少年の事件簿」も

「犯人たちの事件簿」も

電子書籍で読むと安いし、

本棚のスペースも取りませんよ!

オススメは、

ebookjapan!

新規登録後の初回ログイン後に、

50%割引クーポンが6枚も出ます!

(割引の上限は1枚につき500円)

このクーポンを使えば、
「金田一少年の事件簿」は
6巻まで半額!
12巻まで3000円引き!

ebookjapanに登録すれば金田一少年の事件簿は6巻まで半額! 12巻まで3000円引き!

新規登録は無料です!

登録して試してみてください!

ebookjapanを使う前に、

もっと知りたい!

という人は、

上のリンクに関連記事をまとめてますので、

読んでみてください!

金曜日に16〜40%の
ポイント還元クーポン
が出る、
コミックフライデーなど
お得です!

「金田一少年の事件簿」については

上の記事でまとめてます!

読んでみてください!

以上です!

この記事の感想など、

コメントいただけると嬉しいです!

Twitterのフォローも、
よろしくお願いします!

それでは今日はこの辺で失礼します!

さようなら〜!!

最後まで読んでいただいて、

ありがとうございます!