【「貯金兄弟」感想】それぞれ金銭感覚の違う兄弟の一生を描いた小説?お金の事をよく知る事も出来る?

2021年2月9日

こんにちは〜!

カワタツ( @TKkidd_mbht )です!

今日は本のレビューです!

「貯金兄弟」

という小説を読みました。

宇宙兄弟と似たような

響きのタイトルですね!

「億男」と似た様な、

お金に関する小説です。

「自分はお金の使い方が下手」

と思う人に読んで欲しいです。

お金の勉強にもなる小説です!

幼い頃は義理の父親に虐待されて、

貧しい生活を送っていた、

二人の兄弟が主人公。

兄は大学を卒業し大手広告代理店に、

弟は高校を卒業して、

消防士(公務員)になりました。

貯金や保険など、

お金の話を絡めて、

金銭感覚の違った、

2人の兄弟の一生を、

描いた小説です。

サイキック

な要素があり、

金銭感覚の違いから、

悲しいすれ違い

もあります。

物語自体がリアリティがあり、

すごく面白く一気に読んでしまいました。

お金に関する小説なので、

お金の事に着いて、

よく知る事もできそうです。