【「知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物」感想】520年続いた朝鮮王朝の名君・暴君を紹介した本!韓流ドラマが好きな人は読んでみて!

2021年2月13日

こんにちは〜!

カワタツ( @TKkidd_mbht )です!

今日は、

お隣韓国の歴史

の本のレビューです!

「知れば知るほど面白い

朝鮮王朝の歴史と人物」

という本。

韓流ドラマに出てくる様な、

韓国の歴史上の人物が、

たくさん登場します!

韓流ドラマ好きの人、

読んでみてください!

漫画「新暗行御史」が好きな人にも、

オススメです!

520年続いた朝鮮王朝の名君・暴君を紹介した本?

冒頭で韓流ドラマがどうのこうのと、

書かれていて、

「これ、僕が読んでも、

面白くない内容かな?」

と一瞬は思いました😅

しかし読み始めてみると、

朝鮮王朝は520年も続き、

江戸幕府より長く続いた。

そして朝鮮王朝の支配者には、

名君も暴君もいて面白い。

名君も暴君も細かく紹介されてるので、

興味深く読み進められました😃

さらに、

朝鮮の歴史を知る事ができて、

面白いですよ!

そして韓国・北朝鮮は隣国なので、

日本との関わりの話もありました。

特に豊臣秀吉の朝鮮出兵の話が、

たくさん出てきます。

漫画「新暗行御史」に出てくるキャラクターが「知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物」に出てくる?

「新暗行御史」

と言う漫画が好きだったんですが、

「暗行御史」とは、

悪い役人を懲らしめて旅する、

日本で言う水戸黄門の様な存在。

主人公の暗行御史「文秀」(ムンス)は、

韓国の色々なおとぎ話や英雄譚の

主人公達と出会い、

親交を深めたり戦ったりする。

いわば、

御伽話や英雄譚をミックスし、

一つのストーリーにした漫画。

日本でいう、

「桃太郎伝説」みたいな感じ?

(桃太郎が主人公で、

金太郎や浦島太郎を仲間にして、

旅をするゲーム)

そして「新暗行御史」に出てくる、

春香と夢龍が、

「知れば知るほど面白い

朝鮮王朝の歴史と人物」

に出てきます。

しかも夢龍は暗行御史だった。

さらに最後の方に、

洪吉童(ホンギルドン)と、

活貧団(ファルビンダン)、

なおかつ主役の文秀(ムンス)も出てくる。

好きなマンガの元ネタのキャラが出てきて、

面白かったです😅

まとめ

  • 「知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物」では520年も続いた朝鮮王朝の暴君・名君が紹介されてる
  • 「新暗行御史」に出てきた歴史上の人物もたくさん登場

それでは今日はこの辺で失礼します!

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!