漫画「十角館の殺人」のあらすじは?舞台は2010年代?

広告

こんにちは〜!

カワタツ( @TKkidd_mbht )です!

🤡「こんにちは!」

ねえ、突然だけど、

ミステリー小説の

コミカライズ漫画

って好き?

🤡「ん?

好きだよ?

最近多いよね。

絵が綺麗で、

しっかり小説の世界が具現化されてたら、

なお良いよね」

というわけで、

今日は、

有名ミステリー小説の、

コミカライズ漫画

を紹介します!

🤡「よしきた!」

十角館の殺人。

🤡「ん???

十角館の殺人?」

これって、

綾辻行人さんの小説と、

同じタイトルじゃない?」

よく知ってるね😃

この漫画版「十角館の殺人」は、

人気作家・綾辻行人さんの傑作小説、

「十角館の殺人」を、

コミカライズしたものだよ。

🤡「なるほど」

この「十角館の殺人」の、

あらすじと、

舞台

を説明します!

「十角館の殺人」はクローズド・サークル?

🤡「ところで『十角館の殺人』って、

どういう話だったっけ?」

いわゆる、

「クローズド・サークル」

ものの、

ミステリー。

🤡「クローズド・サークルといえば、

「絶海の孤島」とか

「吹雪の山荘」とか、

閉鎖された空間で、

殺人事件が起こるケース☠️

の事だよね」

そう。

小説「十角館の殺人」は、

絶海の孤島で、

殺人事件が起こるミステリー

でした!

もちろん漫画の方も、

同じです!

ミステリー研究会の大学生たちが絶海の孤島へ調査に!

「十角館の殺人」のあらすじを説明すると、

O県(多分大分県)の大学の、

ミステリー研究会の大学生男女7人が、

同じO県の孤島で合宿をする。

🤡「その孤島が、

『角島』

という絶海の孤島で、

そこに、

天才建築家・中村青司が作った、

十角館がある。

そういう話だったよね?」

そう、舞台の角島は、

外界から閉ざされた孤島。

その十角館で、

過去に中村青司と、

青司の家族や使用人などが殺される、

凄惨な殺人事件が起きた。

🤡「ミステリー研究会のメンバーは、

殺人事件の謎を解こう!

と合宿して調査をするんだよね」

そう。

天才建築家・中村青司が作った、

十角館という建物がある角島。

その十角館で、

中村青司ら家族が、

惨殺される事件が起きた。

それを調査するため、

ミステリー研究会の男女7名が、

角島で合宿をする。

大学生たちが次々と殺される?

そう、そして、

彼らが角島にいる間にも、

殺人事件が起こる。

🤡「ミステリー研究会のメンバーが、

次々と殺されていくんだったよね」

話が進むにつれ、

中村青司の娘・中村千織が、

ミステリー研究会の

メンバーだったと判明する。

🤡「それが

大学生が次々と殺される事件の動機

なのかもしれないんだよね。

島側の状況はそんな感じだ。

🤡「ミステリー研究会が、

事件を調査する内、

彼らの中でも殺人事件が起こり、

次々と大学生が殺されていく」

島田潔と江南が事件を捜査?「十角館の殺人」探偵サイドのあらすじ

次は、

角島の外、O市側の探偵サイドを、

説明していきます。

🤡「角島側と同じ、

ミステリー研究会のメンバー、

江南

(かわみなみ)

の元に、

中村青司を名乗る者からの

謎の手紙

が届くんだよね」

そう、

そして江南は、

同じく謎の手紙を受け取った、

中村青司の弟・紅次郎

を尋ねる。

そこで江南は

「館シリーズ」の探偵役、

島田潔(きよし)

と出会い、

江南と島田は謎の手紙と、

角島の事件の真相を追う。

🤡「大雑把に説明したけど、

そんな感じだよね」

まとめると、

ミステリー研究会のメンバー、

江南の元へ、

中村青司を名乗る者からの、

謎の手紙が届く。

江南は青司の弟・中村紅次郎を訪ね、

探偵役・島田潔と出会い、

彼と事件を調査していく。

小説「十角館の殺人」は舞台が90年代、漫画は2010年代?

さらに小説と漫画の違いを説明すると、

十角館の殺人、

小説の舞台は90年代。

🤡「けっこう昔だなあ」

小説「十角館の殺人」の時代は、

携帯電話もまだない時代。

一方、

漫画の舞台は現代。

おそらく2010年代で、

スマホも使ってる。

LINEでやりとりしたり現代的。

🤡「おいおい、

クローズド・サークルに、

携帯電話が使える設定は、

マズイんじゃないの?」

いや、

それは使えなくなるから、

大丈夫😅

多分、

「十角館の殺人」を

漫画にリメイクする事で、

まだ小説「十角館」を読んだ事ないけど、

漫画には手を出しそうな、

若い購入層が期待出できるかも。

それが狙いなんだろうね。

🤡「なるほど」

リメイクでは現代っぽく、

スマホを使った方が、

若い層には分かりやすいよね。

🤡「なるほど。

漫画にして、

さらに若い人にも分かりやすい、

時代設定にした方が、

若い人には話に入りやすそうだもんな」

というわけで、

小説「十角館の殺人」の舞台は、

1990年代でしたが、

漫画は2010年代。

若い人でも物語に入りやすい

時代設定にしてあります!

まとめ

  • 「十角館の殺人」は絶海の孤島で殺人事件が起こる、クローズド・サークルのミステリー。
  • 舞台は天才建築家・中村青司が建てた「十各館」のある角島。そこで中村青司一家が全員死ぬ殺人事件が起こる。
  • ミステリー研究会の大学生男女7人が角島で合宿し事件の調査をする。しかし彼らの中でも殺人事件が起こり、次々と人が殺されていく。
  • 本土に残った大学生・江南の元へ中村青司の手紙が届き、江南は島田潔と共に事件を調査する。
  • 小説の舞台は1990年代だけど漫画の舞台は2010年代。若い人でも話に入りやすい時代設定。

この記事の内容、

かなり前に書いたものを、

修正したものなので、

雑な部分があったら、

すいません😅

漫画「十角館の殺人」については、

上のような記事も書いてます!

🤡「あともう1記事、

タイトルでガッツリと

ネタバレしてる記事

があります!

でも、

これはココには載せられません!

見たい人はブログ内を

探してみてください!」

以上です!

この記事の感想など、

コメントいただけると嬉しいです!

🤡「サイドバーから、

Twitter・Instagramのフォローも、

よろしくお願いします!」

それでは今日はこの辺で失礼します!

🤡「さようなら〜!」

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!