【「どくヤン!感想】読書大好きヤンキーのギャグ漫画?本をよく読む人にオススメ?

2021年2月14日

こんにちは〜!

カワタツ( @TKkidd_mbht )です!

今日はヤンキー?ギャグ?読書?の、

漫画のレビューです!

 「どくヤン」

という漫画を紹介します!

「どくヤン!」は読書のヤンキーのギャグ漫画?

「どくヤン!」って

タイトルから、

どんな漫画を

思い浮かべますか?

やっぱり、

「毒」のヤンキーで、

えげつない

ヤンキー漫画?☠️

と思うかもしれませんが、

そういうのが好きな人は残念。

違います。

「読書」の

ヤンキー😅

主人公はあまり読書しない

男子高校生なんですが、

読書好きの

ヤンキーばかりの高校

毘武輪凰(びぶりお)高校

に転校します。

その高校はいわゆる

「ブッカツ」という、

「ブックの

カツアゲ」

などが横行する、

恐ろしいヤンキー学校。

色々なジャンルの本が出てくる?

毘武輪凰(びぶりお)高校では、

本好きのヤンキーが山ほどいるわけですが、

もちろんヤンキー全員が一つのジャンルを、

好きなわけではありません。

ヤンキーそれぞれに

得意な読書のジャンル

があり、

それぞれのジャンルにおいて、

マニアックな読書の話を

展開するコメディ

になってます。

「三体」とか、

この本のSF小説ヤンキーのセリフから

知りました😅

というわけで、

本をよく読む人に

意外とオススメ

なギャグ漫画です!

まとめ

  • 「どくヤン」は読書好きのヤンキーの略。毘武輪凰(びぶりお)高校はどくヤンばかりの高校。
  • 色々なジャンルの本の話が出てくるので、読書をする人は楽しめる!

2021年1月現在、

「どくヤン!」は2巻まで出てます!

それでは今日はこの辺で失礼します!

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!