【「ドリルを売るには穴を売れ」感想】マーケティング初心者向けで基礎を学べる?小説仕立てで分かりやすい?

2021年5月9日

こんにちは〜!

カワタツ( @TKkidd_mbht )です!

🤡「どうも!

デルピエロです!」

今日はこんな本を読みました。

「ドリルを売るには

穴を売れ」

という本を紹介します!

🤡「これはタイトルから想像するに…、

工具に関する本?

マニアックな本を読むんだな?」

違う違う(笑)

父が自営業の工場だから、

持ってても、おかしくはないけど。

🤡「どうでも良い個人情報が入った」

「ドリルを売るには穴を売れ」は、

マーケティング

の本だ。

謂わゆるビジネス本だよ。

マーケティング、

「売る技術」を勉強したい、

初心者にオススメの本です!

アフィリエイト、営業など物を売る人にオススメ?ビジネス本をあまり読まない人にも?

🤡「『ドリルを売るには穴を売れ』は、

どんな人に

オススメしたい本?」

マーケティングを勉強したい人や、

僕の様にブログで、

アフィリエイトをやってる人に、

オススメしたいです!

🤡「営業など物を売る人にも、

良さそうだね」

普段、小説しか読まないけど、

ビジネス本を読んでみたい人

にも、

オススメして良いかもしれません。

マーケティングの基礎が分かりやすく書いてある?

🤡「「ドリルを売るには

穴を売れ」を手に取ったのは、

なぜ?」

いや、このブログでたまに、

広告貼ってる時あるじゃん?

🤡「というか、

この本ブログは90%位、

広告を貼ってる記事だね」

そうなんだけど、

もっと、

「買ってもらえる

テクニック」

を付けたいと思った。

🤡「それって謂わゆる、

マーケティング

ってやつだな?」

そう、マーケティングを、

勉強したいと思って、

初心者向けの分かりやすい本

を探してたんだ。

🤡「それで、この

『ドリルを売るなら穴を売れ』

という本に辿り着いたわけだな?」

そう、ネットで良さそうな本を、

色々見てたけど、

たくさんあって物色できない。

だから良く行く本屋で、

マーケティングの本を見て、

在庫があった本を買おうと思った。

それが、

「ドリルを売るには穴を売れ」だ。

小説仕立てで分かりやすい?

🤡「マーケティング初心者向けと、

いう事は、

マーケティングの

基礎的な事が書いてあるわけ?」

そう、まず基礎的な事を説明して、

小説仕立てのストーリー

で、

それを実践する感じ。

🤡「なるほど小説仕立てか。

小説とか漫画にすると、

難しい内容でも、

グッと理解しやすくなるもんな」

難しい本って、

全部そんな感じで漫画や小説にしたら、

すごく分かりやすくなりそうだよね。

できるならば。

脱線しました。

🤡「その小説って、

どんな内容?」

イタリア料理店の話だね。

🤡「それだと君も、

イタリア料理店で働いてたから、

感情移入しやすかったのでは?」

その通りだなあ。

お客さんが減って、

潰れかけてる飲食店を立て直すため、

主人公の女の子が、

いとこに相談して、

マーケティングを勉強して、

店を生まれ変わらせる。

そんな内容だった。

🤡「なるほど。

『イタリア料理店を立て直すために、

主人公がマーケティングを勉強する』

という話か」

そう、マーケティングに詳しい、

従兄弟に相談してね。

🤡「この場合の

マーケティングって、

どんな意味になる?」

このイタリア料理店に来るお客さんは、

何を求めて来るのか?

何にお金を払いたいのか?

差別化するには、

どうしたら良いか?

そんな感じかなあ。

🤡「これ以上喋ると、

本の大事な内容を喋ってしまいそうだな」

続きは「ドリルを売るには穴を売れ」を

読んでみてください!

まとめ

  • 「ドリルを売るには穴を売れ」はアフィリエイトや営業をやってる人、またはビジネス本を読んだ事がない人にオススメ
  • マーケティングの基礎的な内容が書いてる。マーケティング初心者にオススメ
  • イタリア料理店を例にした小説仕立てで書いてあるので、気楽にマーケティングを理解できる。

ビジネス本って久々に読んだけど、

面白い。

🤡「自分が成長した気になる?」

そんな感じかな。

🤡「無職には必要な感覚だね」

その通りだね。

さて今日は、この辺にしときましょう。

🤡「それでは、さようなら〜!」

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!