【「烈火の炎」というタイトルを回収して終わる?】柳が烈火の炎だよ!

2022年5月1日

広告

この記事は烈火の炎の最終巻辺りの、

ネタバレを多少含んでいます。

未読の方はご注意ください。

こんにちは〜!

カワタツです!

🤡「どーも!

デルピエロです!」

烈火の炎は名作だよね〜。

🤡「幽遊白書のパクリでしょ」

それは、

この記事で否定したはずだが?

🤡「言ってみただけだよ〜。

でも、

烈火の炎が名作と言われる所、

どこら辺なの?」

それはやっぱり、

タイトルを回収して終わる

って所じゃないかな?

🤡「タイトル回収?

終盤に誰かが、

『烈火の炎』って言葉を、

良い形で口にするって事?」

そんな感じ!

それについて詳しく説明します!

この記事は烈火の炎最終巻辺りの、

ネタバレをしています!

多少ネタバレをしても良いから、

烈火の炎の面白い所を教えて欲しい!

という人は読んでみてください!

「烈火の炎」というタイトルを回収して終わる?

🤡「『烈火の炎』というタイトルを、

回収して終わるって、

どういう事なの?」

それには最終巻辺りのあらすじを、

説明しないといけない。

ラスボス、

天堂地獄と合体した森紅蘭に、

ヒロインの治癒の少女・佐古下柳が、

吸収されようとする。

🤡「え、ヒロインがラスボスに?

キツい展開だな」

もう少しで、

柳が天堂地獄に吸収される…

という所で、

烈火が最後の八竜・烈神の力を使い、

柳を助けるんだ。

🤡「柳を助けるって、

どうしたの?」

柳を自分の炎にしたんだ。

🤡「え?」

そして、

烈火の炎最終巻の表紙の様になる。

🤡「これは柳が烈火の…

…あ!

そういう事か!💡」

そう!

この姿を見た霧沢風子が、

「柳が 烈火の炎だよ!」

と言うわけだ。

🤡「そうか。

ただ、このシーンを見ただけでは、

名シーンなのかは、

よく分からないな」

最初から烈火の炎を読んできた人は、

このシーンでゾクゾクするはず。

現に僕、

この記事を書いてて、

このシーンを思い出して、

背筋がゾクゾクしてる。

🤡「マジか!」

ぜひ最初から烈火の炎を読んで、

このシーンのすごさを堪能してください!

というか絵だけでも、

すごいと感じるはず!

🤡「作画にものすごい手が、

かかってそうだよね!」

というわけで、

烈火の炎は最終巻で、

天堂地獄に吸収されそうなヒロイン・柳を、

烈火が炎にして助ける!

その時の風子の、

「柳が 烈火の炎だよ!」

が背筋がゾクゾクする様な名シーンです!

タイトルを回収!

まとめ

  • 烈火の炎最終巻33巻でヒロイン・柳が天堂地獄に吸収されそうになる。
  • しかし烈火が八竜・烈神の力を使い、柳を自分の炎「烈火の炎」にする。
  • タイトルを回収する、その鮮やかさに最初から読んできた人間は背筋がゾクゾクする!名シーン!

🤡「ところで、

炎になった柳は、

この後どうなるの?

人間に戻れないの?」

そこまでネタバレするわけには、

いきません!😅

良かったら「烈火の炎」、

最初から最後まで、

読んでみてください!

「幽遊白書のパクリ」と、

よく言われますが、

そんな事はないし、

それでも面白いし、

パクリっぽい展開が終わった後が、

めちゃめちゃ面白いんです!

烈火の炎、

ぜひタイトルを回収するまで、

読んでみてください!

それでは今日はこの辺で失礼します!

🤡「さようなら〜!」

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!

アニメで烈火の炎を見るならU-NEXT!