【葬送のフリーレン】エルフの寿命は何千歳?8000歳?フリーレンは最低でも1000歳以上?

2022年9月18日

広告

こんにちは〜!

漫画

「葬送のフリーレン」の

エルフの寿命

について説明します!

ハッキリ言って、

漫画の中に、

フリーレンが何歳なのか、

エルフの寿命は何年なのか、

ハッキリした描写はない

んですよね。

しかし「葬送のフリーレン」を

理解する上で、

エルフと人間の寿命差について、

理解するのは必須項目!

というわけで、

漫画の中の寿命に関するセリフを引用して、

エルフの寿命など、

いろいろ想像してみたいと思います!

この記事を読めば、

フリーレンが何年生きているのか、

理解が進むと思います!

フリーレンは最低でも1000歳以上?

エルフの寿命は8000歳?

「短い間だったけどね」「短い?何を言っているんだ?10年だぞ?」

フリーレン「短い間だったけどね」

ヒンメル「短い?

何を言っているんだ?

10年だぞ?」

葬送のフリーレン1巻14ページ

フリーレンとヒンメル、

ハイター、アイゼンの勇者パーティーは、

10年間一緒に旅をしました。

それをエルフのフリーレンは

「短い」と言い、

人間のヒンメルは「長い」と言った。

人間とエルフの寿命の違いから、

年月の感覚の違いが分かりますね。

エルフ(フリーレン)にとって

10年は短い。

という事が分かりますね。

「じゃあ次。50年後。」

フリーレン「じゃあ次。

50年後。

もっと綺麗に見える場所知ってるから、

案内するよ」

葬送のフリーレン1巻16ページ

これは勇者パーティーで、

50年に1回の流星群を見た時のこと。

このフリーレンのセリフに、

ヒンメルは、

「ふふっ。

そうだね」

みたいに笑って返すんですが、

(50年後に僕、

生きてるかなあ……?)

という本音があったでしょうね。

ハイターもアイゼンも。

しかしヒンメルやハイターは

老人になりながらも、

この約束は果たせたんですね。

50年後を、

人間の1年後くらいの気分で

言うフリーレン 。

ヒンメル達が生きていてくれて

良かったですね。

「100年くらいは中央諸国を巡る予定だから。」

フリーレン「魔法の収集を続けるよ。

100年くらいは中央諸国を巡る

予定だから。」

葬送のフリーレン1巻17ページ

ヒンメル達と別れ、

旅に出るフリーレンのセリフ。

人間で言えば、

「1年くらい旅に出てくるわ〜」

位のセリフですよね。

100倍?

人間の寿命を80年とすると、

8000年くらい

寿命があるのかな?

とエルフの寿命を想像しちゃう

セリフですね。

ちなみに、

このセリフの後、

ハイター「エルフの感覚は

わかりませんね。」

ヒンメル「まったく

いつから生きているのやら。

50年も100年も

彼女にとっては

些細なものなのかもしれないね。」

葬送のフリーレン1巻18ページ

というヒンメルとハイターの

セリフもあります。

「50年ぶりだね。君は昔の姿のままだ。」

ヒンメル「50年ぶりだね。

君は昔の姿のままだ。

…もう一生会えないのかと思ってたよ。」

葬送のフリーレン1巻22ページ

50年ぶりに会ったヒンメルとフリーレン。

ヒンメルは老人になっていて、

フリーレンの姿は全く変わらなかった。

この後、

50年ぶりの流星群を、

勇者パーティーで見に行くんですが、

フリーレン「だからここから

一週間くらい歩いて…」

アイゼン「そんなに遠いのか。」

ヒンメル「まったく…

老人を酷使しおって。」

 葬送のフリーレン1巻27ページ

という、

まだ1週間くらいはヒンメル達も

平気で歩ける」と思ってるフリーレン。

昔と変わらないフリーレンに

老いて付いていけないヒンメル達。

対比があり、

年月の経つ寂しさを感じさせますね。

「人間の寿命は短いってわかっていたのに…」

フリーレン「人間の寿命は

短いってわかっていたのに…

なんでもっと知ろうと

思わなかったんだろう…」

葬送のフリーレン1巻36ページ

ヒンメルの葬式の時の

フリーレンのセリフ。

「人間の寿命は短い」と、

知識では知っていたフリーレンですが、

ヒンメルが死んで、

それがどういう事か、

身に染みて感じたわけですね。

このセリフを言いながら、

泣いているフリーレン。

「千年も前のことなのに、結局私は師匠の掌の上か。」

フリーレン「千年も前のことなのに、

結局私は師匠(せんせい)の

掌(てのひら)の上か。」

葬送のフリーレン1巻183ページ

前の見出しから大分、

話が飛びますが、

フェルン・アイゼンと共に、

大魔法使いフランメの手記を、

探しに行った時のセリフ。

大樹がフランメの遺跡を、

飲み込んでいた。

フランメはフリーレンの魔法の師匠で、

フランメはその大樹を、

フリーレンのために植えた。

多分、

その大樹を植えたのが千年前

という事になるんでしょう😅

つまり、

ここで分かる事は、

フリーレンは最低でも、

1000年以上生きている

って事になりますよね😅

ちなみにフランメの手記に、

大陸の遥か北の果て、

天国「魂の眠る地(オレオール)」で

戦友達と対話した。

(雑に簡略)

葬送のフリーレン1巻186ページ

ということが書いてあり、

フリーレン達は死んだ

ヒンメルやハイターと

再び話すため、

その地(魔王城)を

訪れようとするわけですね。

「葬送のフリーレン」のエルフの寿命は何千歳?まとめ

セリフ分かる事
「短い間だったけどね」
「短い?
何を言っているんだ?
10年だぞ?」
エルフ
(フリーレン)
にとって
10年は短い
「じゃあ次。
50年後。」
エルフ
(フリーレン )
にとって
50年は
1年後くらい?
「100年くらいは
中央諸国を巡る予定
だから。」
「1年くらい
旅に出るわ〜」
位のセリフ。
エルフの寿命は
8000歳くらい?
「50年ぶりだね。
君は昔の姿のままだ。」
50年経っても
姿が変わらない
フリーレン。
「人間の寿命は短いって
わかっていたのに…」
人間の寿命の短さを
実感する
フリーレン。
「千年も前のこと
なのに、
結局私は
師匠の掌の上か。」
フリーレンは
最低でも
1000歳?

というわけで、

あくまで想像ですが、

  • エルフの寿命は8000歳?
  • フリーレン最低でも1000歳以上?

という事が分かりますね!

ただ、

この事はあくまで想像なので、

理解の助けにする程度で、

とどめておいてくださいね!

葬送のフリーレンは、

1・2巻が無料で見られるサイトも、

多いみたいですね!

1サイトを例にして挙げてみると、

ebookjapan

では9月30日まで

「葬送のフリーレン」の

1・2巻を無料で読めるみたいです!

ebookjapanで「葬送のフリーレン」1・2巻を無料で読む!

また上の記事で、

「葬送のフリーレン」を、

電子書籍で安く読む方法を説明してます!

読んでみてください!

今なら、

全巻ほぼ半額

で買えるみたいです!

葬送のフリーレンのレビュー記事

書いてます!

以上です!

この記事の感想など、

コメントいただけると嬉しいです!

Twitterのフォローも、
よろしくお願いします!

それでは今日はこの辺で失礼します!

さようなら〜!!

最後まで読んでいただいて、

ありがとうございます!