【いじめのミステリー?小説内小説?】五十嵐律人「原因において自由な物語」の評価は?

広告

こんにちは〜!

カワタツ( @TKkidd_mbht )です!

🤡「どーも!

デルピエロです!」

2021年夏、

面白いミステリーがたくさん刊行されたね〜。

🤡「そうだったよね!

いや〜フェスとか旅行とか行けない、

残念な夏だったけど、

まさかの「読書の夏」だったわ〜!

……もしかして、

また面白いミステリー小説を、

見つけたの?」

う〜ん。

まあ、そうなんだけど。

🤡「???」

とにかく紹介します!

五十嵐律人さんの

「原因において自由な物語」。

のレビューです。

🤡「おお!

何だか、

不気味オシャレ

な感じの表紙で、

面白そうだな!」

この記事では、

「原因において自由な物語」のあらすじと、

感想、そして正直な評価を書いてます。

「いじめ」に関するミステリー?

小説内小説の表現がややこしい?

「原因において自由な物語」って、

読もうか迷ってるけど面白いの?

と気になってる人、

読んでみてください!

メタ?小説内小説がややこしい?

🤡「さて『原因において自由な物語』、

どんな小説なの?

あらすじを教えてよ」

う〜ん、あらすじを説明するのが、

少し難しいんだよね。

🤡「え?

どこら辺が?」

ちょっとメタというか。

🤡「メタという事は、

小説の中の人物が、

小説の外側の事を喋ったりするやつだね。

銀魂で新八が銀さんに対して、

「糖尿病のヒーローなんて、

聞いた事ねーよ!」とか言うやつだね」

なぜ例えが銀魂?😅

ん、まあ、そんな感じでメタなんだけど、

主人公が小説家の女性なんだよね。

🤡「ほう。

小説家の女性と、

メタな内容、

どう繋がってくるの?

その小説家の女性・二階堂紡季(つむぎ)

(本名・市川紡季)は、

弁護士の男性・遊佐想護(ゆさそうご)と、

共作して小説を書いてるんだよね。

🤡「共作?

具体的には、どんな役割分担?」

想護がプロットと言うか原案を書いて、

紡季が文章にする。

🤡「そんな感じか。

で、メタというのは、

どの辺なの?」

遊佐想護がプロットとして、

出してきた小説の原案が、

そのまま「原因において自由な物語」の、

小説の中の小説として、

描かれてるんだよね。

🤡「ややこしいな。

「小説の中の小説」だという事は、

触れられてないの?」

触れられてない。

冒頭に何の前触れもなく、

小説の中の小説が出てきて、

後で「これは小説の中の小説だった」

という事がわかる。

🤡「ややこしいな」

そう、ややこしい。

正直言って、

作者の描写力不足も感じる😅

🤡「え?

そこまでなの?」

いじめのミステリー?「原因において自由な物語」のあらすじ

🤡「その小説のプロットの内容って、

どんなの?」

ここから本格的に、

「原因において自由な物語」の、

あらすじを説明します。

ある男子高校生が、

廃病院で、

フリーランニング

をする動画を撮るシーンから始まる。

🤡「ん?

YouTubeとかにフリーランニングの、

動画を上げたって事?

フリーランニングとは?」

この場合は、

障害物を飛んで避けながら、

走る感じかな。

🤡「え?

廃病院の中で、

障害物競争をするの?」

そう、障害物は病院のカウンターや、

机、椅子だ。

🤡「え、そこは面白いな」

そして男子高校生は、

廃病院の障害物を避けて、

階段を上がり屋上まで行き、

飛び降りて死ぬ💀

🤡「え?

マジかよ!」

その様子を遊佐想護がプロットで、

書いてあるわけだが、

なんとその後、

遊佐想護も同じ病院から、

飛び降りてしまう。

🤡「えー!!

マジかよ?

何の関係があるの?」

想護は、

その高校生の学校で、

週1でスクールロイヤーとして通ってたんだが、

🤡「学校の弁護士か」

この小説の登場人物、

佐渡琢也(さわたりたくや)、

長誓沙耶(ながちかさや)、

朝比奈憂(あさひなうれい)の、

3人を中心にした、

「いじめ」が関係してるんだ。

🤡「え?

その高校生は、

いじめが原因で自殺したの?」

それもあるし、

「ルックスコア」

という、

顔写真から人の美醜を、

得点にして判定するアプリと、

「故意恋」

というルックスコアを使用した、

マッチングアプリが関連してる。

🤡「顔の美醜に関連して、

いじめを引き起こすマッチングアプリ?」

まあ、そんな感じです。

詳しくは「原因において自由な物語」を、

実際に読んでみてください!

面白い?面白くない?「原因において自由な物語」の評価・感想は?

🤡「何だか最初から微妙な表現が多いけど、

『原因において自由な物語』、

面白いの?」

「原因において自由な物語」の、

正直な評価としては、

まあまあ

って位でした😅

🤡「え?

そうなの?」

というのも、

結末が、

割と見た事がある様な内容

だったんだよね。

🤡「あまり驚かなかったのか」

そう、本の帯に、

「ミステリ作家 賞賛の嵐!」

とか書いてある割にね😅

🤡「期待を持って読んだら、

そこまででもなかった感じか」

あと文章が頭にスイスイ入ってくる感じでは、

なかったんだよね。

🤡「想像がしにくかったか」

わざと分かりにくくしてあって、

最後にドーンとひっくり返してくるのかと、

仕掛けがあるのかと思いきや、

そうでもなかった。

🤡「文章力はこれからに期待だね」

というわけで、

評価は「まあまあ」。

🤡「他に何か感想はないの?」

「いじめ」がテーマのミステリーという事で、

少し嫌な気分になったね😅

🤡「やはり、そういうのもあるか」

あと「朝比奈憂」(あさひなうれい)

という女の子、

とても名前が良いと思ったな。

🤡「そこ?」

しかも自分の事を、

「うれい」と呼ぶんだよ。

🤡「萌えてんじゃないよ」

まとめ

  • 「原因において自由な物語」が小説内小説の表現があって、ややこしい。
  • 男子高校生が廃病院でフリーランニングの動画を撮った後、屋上から飛び降りる。「いじめ」に関連したミステリー。
  • 良くある結末で評価は「まあまあ」。いじめがあるので嫌な気分になった。文章力つけてください。

そんな感じです。

評価は「まあまあ」なので、

そこまでオススメはできませんが、

気になる人は読んでみてください。

🤡「表紙に惹かれて買っちゃう人は、

いるかもね」

それでは今日はこの辺で失礼します!

🤡「さようなら〜!」

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!