【次男が嫡男?義経をめぐり争った?】藤原秀衡に息子は何人いた?

2022年2月8日

広告

こんにちは〜!

カワタツです!

🤡「どーも!

デルピエロです!」

突然だけど、

藤原秀衡

って知ってる?

🤡「ああ、奥州藤原氏の、

三代目の当主で、」

🤡「源義経を保護したんだよね!」

そうだね!

そして秀衡の死後、

息子の泰衡が義経を裏切って、

自害に追い込み、

さらに頼朝によって、

奥州藤原氏は滅ぼされてしまった。

🤡「義経を裏切ったとか、

泰衡は間違った選択をしてしまったのかな?

泰衡を助けるような兄弟というか、

秀衡の息子はいなかったの?」

では、

藤原秀衡の息子は?

何人いた?

という事を説明しようと思います!

🤡「あと、

それぞれの息子について、

どんな人か簡単に説明して欲しいな」

わかりました!

この記事は、

高橋崇さんの「奥州藤原氏」を、

参考にしています!

嫡男で次男の泰衡

🤡「藤原秀衡の息子といえば、

泰衡が有名だよね」

秀衡の嫡男で次男なんだよね。

🤡「奥州藤原氏の4代目当主になり、

源義経を自害に追い込んで、

自分も頼朝に滅ぼされたんだよね」

そう。

泰衡はご存知の通り、

奥州藤原氏の最後の当主です!

長男・国衡は優秀だけど?

秀衡には長男の国衡(くにひら)がいます。

🤡「長男でも、

泰衡が嫡男なんだな」

国衡の母は、

正室ではなかったから、

国衡は後継者とは、

認められなかったんだろうね。

🤡「お母さんの実家が、

あまり良い家じゃなかったのかな?」

ただ国衡は優秀で、

秀衡は義経・泰衡・国衡が、

3人力を合わせて、

頼朝に対する事を望んだ。

🤡「そこに並べられるって事は、

かなり優秀だったんだな」

秀衡が自分の正室、

つまり泰衡の母を、

国衡に嫁がせた位だからね😅

🤡「異母兄弟の母親を、

奥さんにしたのか!」

そんなわけで、

国衡は嫡男ではないけど、

優秀な人だったみたいです!

三男・忠衡

秀衡の三男は忠衡(ただひら)

という人でした。

🤡「この人は、

どんな人だったの?」

忠衡は義経と仲が良かったせいか、

泰衡に殺されてしまったらしい😅

🤡「マジか!」

六男・頼衡

高橋崇さんの「奥州藤原氏」には、

六男・頼衡(よりひら)

の名前もありました。

🤡「この人は、どんな人?」

頼衡も泰衡に殺されてしまったらしい😅

🤡「マジか!

泰衡、何やってんの!」

どうやら秀衡が死んだ後、

秀衡の息子たちは、

反義経派と親義経派に分かれて、

戦ったみたいなんだよ😅

🤡「頼朝が攻めてくる、

滅亡間際だったから、

仕方ないのか」

藤原秀衡の息子まとめ

  • 次男だけど秀衡の跡を継ぎ、源義経を自害に追い込み、奥州藤原氏最後の当主になった泰衡。
  • 長男だけど母が正室ではなかったため、秀衡の後継者になれなかったが、優秀だった国衡。
  • 泰衡に殺された三男・忠衡。
  • 六男・頼衡も泰衡に殺された。
  • 秀衡が死んだ後、息子たちが反義経派・親義経派に分かれ争った。

🤡「三男から、

いきなり六男に飛んだけど、

秀衡には他にも息子はいるよね?」

Wikipediaによるとあと2人、

高衡と通衡という息子がいるらしい。

ただWikipediaからの引用は避けたいので、

載せませんでした。

🤡「なるほどね。

でも、

秀衡に息子は6人いた

という事になりますね!」

参考にした高橋崇さんの「奥州藤原氏」

奥州藤原氏について、

もっと詳しく知りたい人は、

読んでみてください!

奥州藤原氏に関しては、

他にも記事を書いてます!

🤡「大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の、

予習になるかも?」

旅行ブログの方で、

平泉に行った記事も書いてます!

🤡「写真だけはたくさん載せてます!」

それでは今日はこの辺で失礼します!

🤡「さようなら〜!」

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!