【くろろうじょう?こくろうじょう?】「黒牢城」の読み方は?

広告

こんにちは〜!

カワタツです!

🤡「どーも!

デルピエロです!」

こないだ読んだ、

米澤穂信さんの「黒牢城」、

面白かったな!

荒木村重の居城・有岡城に閉じ込められた、

黒田官兵衛が有岡城に起こる、

奇怪な事件を解決する、

戦国時代の歴史ミステリー小説!

🤡「2021年の山田風太郎賞に、

選ばれたんだよね!」

すごいよね〜!

🤡「ところで、

今更の質問なんだけど」

何かな?

🤡「

『黒牢城』って、

なんて読むの?

読み方は?」

本当に今更だね〜😅

でも僕もあまり気にせず読んでたかも。

🤡「だろ〜?」

というわけで、

この記事では、

「黒牢城」の読み方

について、

説明します!

読み方だけを説明した記事なので、

すぐ読み終わりますよ!

「黒牢城」の読み方は?

🤡「『黒牢城』、

何て読むんだろう?

くろろうじょう?

こくろうじょう?

くろろうしろ?」

「黒牢城」の最後、447ページ

「黒牢城」の本の最後を見てみた所、

「こくろうじょう」

のようだね。

🤡「おお!

本そのものに書いてあるなら、

間違いないな!」

「黒牢城」の読み方は、

「こくろうじょう」!

まとめ

「黒牢城」の読み方は

「こくろうじょう」。

🤡「めちゃめちゃ早く、

記事が終わった」

これでも結構もったいぶったよね😅

読み方が分かれば、

読者さんも用事ないもんな。

🤡「多分この辺り、

読んでくれる人は皆無なんだろな」

もし読んでくれた人いたら、

ありがとうございます!

それでは今日はこの辺で失礼します!

🤡「さようなら〜!」