【波乱の生涯?何度負けても立ち上がった?】鄭成功の小説!川越宗一「海神の子」とは?

2021年7月17日

広告

こんにちは〜!

カワタツ( @TKkidd_mbht )です!

🤡「どーも!

デルピエロです!」

ねえ。

中国の鄭成功という人、

知ってる?

🤡「ていせいこう?

名前は聞いた事あるけど、

全然知らないな。

どんな人なの?」

実は僕もよく知らない😅

🤡「は?」

今、

鄭成功を主人公にした、

歴史小説を読んでるんだ。

🤡「なぜ?

なぜよく知らない人を題材にした、

小説を読んでるの?」

それを説明する前に、

小説のタイトルを紹介しよう。

川越宗一さんの、

「海神の子」。

🤡「あ、川越宗一さんといえば」

🤡「直木賞を取った小説、

『熱源』が面白かったんだよね」

そう。

「熱源」が面白かったから、

新作小説の「海神の子」も、

読んでみる事にしたんだ!

🤡「なるほど」

そこで、この記事では、

僕の様に元々、

鄭成功について知らない人のために、

鄭成功って、どんな人?

という事を先に述べてから、

「海神の子」のあらすじを、

書きたいと思います!

鄭成功とは?

🤡「さて、

鄭成功って、

どんな人なのかな?」

Wikipediaからの引用ですいません😅

鄭成功は中国明代の軍人、政治家。

肥前国松浦郡の平戸で誕生。

元の名は森。

日本名は福松。

https://ja.wikipedia.org/wiki/鄭成功

🤡「鄭成功って、

名前的に中国の人かと思ってたら、

日本の生まれなのか」

その通り。

「海神の子」も、

鄭成功こと「福松」の母、

松の子供の頃から始まる。

時代は日本でいう、

江戸時代の最初の頃かな。

🤡「鄭成功のお母さんも日本人?」

そういう事。

清に滅ぼされようとしている明を擁護し、

抵抗運動を続け、

台湾に渡り鄭氏政権の祖となった。

国姓爺(こくせいや)とも呼ばれていた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/鄭成功

🤡「滅びかけた明を助けて戦い続けた?

何のために?

というのも強大な清と、

滅びかけた明で戦うのは、

相当しんどかったでしょ?」

まあ何故、

鄭成功が戦い続けたのかは、

「海神の子」を読んで欲しい😅

それこそが、

「海神の子」と鄭成功の物語の、

本質かもしれない。

🤡「ちっ、ズルイな〜」

続けよう。

台湾・中国では、

民族的英雄として描かれており、

特に台湾では、

オランダ軍を打ち払った事から、

孫文・蒋介石と並ぶ、

「三人の国神」の一人として、

尊敬されている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/鄭成功

🤡「台湾や中国では、

鄭成功は英雄なのか!」

日本でも鄭成功は、

近松門左衛門が、

人形浄瑠璃で演じたりして、

江戸時代では結構有名な人だったみたい。

🤡「真田幸村や、

大石内蔵助みたいな感じか」

似てるかもね。

ただ、その2人と違って、

鄭成功は戦死しなかったという、

違いもあるね。

ちなみに鄭成功は、

清に敗れた時、

日本の江戸幕府に援軍を求めたが、

紀州公徳川頼宣が乗り気だっただけで、

結局援軍は出さずに終わった。

🤡「残念だな〜。

でも海の向こうの国に、

援軍を送るって、

めちゃめちゃお金かかりそうだもんな」

「海神の子」のあらすじ

🤡「鄭成功の基本的な事は分かった。

そろそろ『海神の子』のあらすじを、

教えてもらおうかな」

先程も言った様に、

最初は鄭成功の母、

松という女性から始まる。

🤡「松って、どんな人なの?」

海賊だよ。

🤡「え?

『海神の子』って海賊の話なの?」

その通り。

海賊・鄭家の後ろ盾を得て、

鄭成功は海の戦いで清を圧倒するんだ。

🤡「なるほど。

『海神の子』というだけあって、

鄭成功は海での戦に滅法強いんだ」

話を戻そう。

松は中国人と結婚した。

ある理由で、

「何故結婚した⁉️」

とも思うんだけど😅

🤡「ん?

本を読まないと分からない事か」

話を戻そう。

松が中国人の夫と結婚する事で、

鄭成功が生まれた。

しかし松は、

鄭成功と弟の次郎左衛門を、

田川七左衛門とおマツに預け、

中国へ行くんだ。

🤡「子供を置いて?

何をしに中国へ行くの?」

もちろん海賊。

松は海賊の頭領となったと同時に、

中国で鄭芝龍という将軍になった。

🤡「将軍?

いきなり話が飛んだな」

そして年月が経ち、

松は鄭成功を迎えに来る。

その時、鄭成功は中国へ渡るんだ。

🤡「中国で鄭成功は何をするの?」

明の官僚になるために、

勉強するんだが、

突然、明の皇帝が清に倒される。

🤡「突然というのは?」

鄭成功は海賊・鄭家の武力を使い、

新しい明の皇帝を立てようとするんだ。

🤡「皇帝を立てる。

大きな話だ」

しかし清の力は強大。

鄭成功も海賊・鄭家をまとめられず、

何度も清と戦って負けたり、

裏切り者が出たりする。

🤡「波乱の生涯だ!」

そう、「海神の子」、

後半は鄭成功の波乱の生涯を描いてて、

見ててヒリヒリする😅

🤡「そんな人が、

台湾で政権を立てる様になるのか」

そう、何度も負けても立ち上がった、

英雄・鄭成功の波乱の生涯を、

描いた物語。

それが「海神の子」です。

めちゃめちゃ面白いので、

読んでみてください!

まとめ

  • 鄭成功は滅びかけた明を擁して、何度負けても裏切られても清と戦い、最後は台湾に政権を築いた人。台湾や中国の英雄。
  • 「海神の子」は鄭成功の母・松が海賊。松と一緒に中国に渡った鄭成功は明の官僚になろうと志し、明の皇帝を擁して清と戦う話。

感想

🤡「『海神の子』、

どうだった?」

鄭成功という人、

あまり知らなかったんだけど、

強い意志を感じられた。

🤡「どんな意志?」

いや、それは本を読んで欲しい。

🤡「マジか〜」

何度負けても立ち上がる、

波乱の生涯を歩んだ鄭成功。

それを描いた小説、

「海神の子」をぜひ読んでみてください!

それでは今日はこの辺で失礼します!

🤡「さようなら〜!」

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!

ところで電子書籍サイトって、

使ってますか?

個人的にオススメなのが、

hontoです!

電子書籍のクーポンがたくさん出てますし、

丸善やジュンク堂の店舗の

在庫検索ができます!

丸善・ジュンク堂店舗で、

紙の本を受け取る事もできますよ!

「海神の子」も、

hontoの在庫検索や、

店舗取り寄せで購入しては、

どうですか?

便利なので試しに登録してみてください!