【海南戦の桜木花道】神奈川No.1を超えてやる!

2022年12月7日

広告

こんにちは!

スラムダンク、

海南戦の

桜木花道

にフィーチャーして

まとめてみました!

  • 宮益に丸裸にされる?
  • ゴリ不在のゴール下を守る!
  • 神にフェイスガード!
  • 神奈川No.1を超えてやる!
  • 牧をふっ飛ばしてダンク!
  • 最後にパスミス?
  • 海南戦の桜木の得点は?

という内容です!

海南戦を思い出したい人など、

読んでみてください!

宮益にマークされ無力化!

試合開始早々は、

リバウンドやジャンプ力

清田をフェイクで抜いてゴールしたり、

目立った花道。

しかし海南の監督、

高頭力が、

身長わずか160cmの

宮益義範(みやます・よしのり)を

桜木のマークにつけます。

え?
花道は188cmでしょ?
ミスマッチじゃないの?

ところがディフェンスをしない

宮益に対し、

桜木はゴール下シュートを

外しまくる。

この頃は、
ゴール下シュートは
覚えてない時期
だったけど〜!

桜木は仙道・魚住・花形など、

相手が強い中で、

実力以上のものを出して

対応してきた。

しかし

相手が強くなきゃ

実力以上のもんは出ない…

スラムダンク12巻146ページ水戸洋平のセリフ

そして桜木は、

素人であることをさらけ出され、

交代に追い込まれます。

高頭は花道が
素人であること、
ゴール下のシュートを
まだ覚えてない事を見抜き、
裸にしたわけか!

というわけで、

試合の最初はリバウンドなど

調子の良い桜木花道でしたが、

宮益がマークにつく事で、

ゴール下が入らないなど、

素人であることがさらけ出され、

交代に追い込まれます!

ゴリ不在のゴール下を守る!

しかし湘北にアクシデント。

大黒柱のゴリこと赤木剛憲が、

足をケガしてしまいます。

海南の身長は
そんなに高くない
とは言えど、
ヤバ過ぎじゃない?

しかし桜木は、

ゴリ不在のゴール下を、

ブロックやリバウンド

守り抜きます。

さすがは
ゴール下の
キングコング・弟!

そして流川の独壇場で、

湘北は海南相手に、

前半を同点で折り返します!

流川は
マジですごい!

というわけで、

大黒柱・赤木が負傷退場し、

桜木はそのゴール下を

守り抜きます!

そして流川の独壇場で、

前半を同点で折り返します!

桜木のフェイスガードで神を抑える!

そして、

ついに本領を発揮した牧紳一と、

外から3ポイントを打つ神宗一郎に、

湘北のディフェンスは

ズタズタにされてしまいます。

大ピンチじゃん!

すると安西先生は、

4人を牧のマークにつけ、

桜木を神にベッタリと

マークにつけさせる。

え?
花道のディフェンスが
上手いとか、
聞いたことないけど?

ポイントは、

桜木花道の運動量なんです。

運動量のある桜木を、

振り切れない神。

神にドリブルで抜かれても、

シュートモーションに入った時には、

神の前に桜木がいる。

これで神の3ポイントを、

抑えることに成功しました!

花道がディフェンス面で、
リバウンド以外で
貢献するって
珍しいよね!

とにかく、

牧のマークに4人、

そして桜木が神に

ベッタリとマークにつく!

運動量で神を抑えることで、

牧と神のコンビを抑えました!

神奈川No.1・牧に立ち向かう?フリースロー成功?

そして湘北のカウンターで、

桜木と牧の1対1

あるんですよね。

出た!
熱いシーン!
翔洋戦で花道は、
花形と永野をふっ飛ばして
ダンクを決めてるから
牧相手にも
試してみたくなった
んだろうね!

神奈川No.1を超えてやる!!!

スラムダンク14巻122ページ

みんな「待て!」
って言ってんのに、
仙道だけ「行け」
って言うのも
割と熱い所!

ところが桜木、

牧にふっ飛ばされてしまいます😅

インテンショナルファウルは

取られたものの😅

牧は
「桜木のフリースローは
入らない!」
と思ってファウルした
んだよね!

ファウルした後の牧の表情から

「ファウルするつもりはなかったのに

ファウルしてしまった」

みたいな感じだったんじゃないか

とも思うけどね。

そして、

ここで初めて桜木が、

下から放り投げるフリースロー

をやります!

おお!
ここだったか!

そしてフリースローを2本とも決め、

さらに湘北ボールで6点差まで迫ります!

ちなみに、

このシーンに関しては、

上の記事で詳しく説明してます!

というわけで、

桜木は牧との1対1で

ふっ飛ばされるも、

インテンショナルファウルをもらい、

下から投げる方法でフリースローを

2本とも決めます!

そして湘北ボールで6点差!

高砂をかわしてダンク!

そして海南戦の最後から1つ前のあたり、

桜木が高砂をフェイクで抜いて

ダンクを決めるシーンですね!

ここが一番好きな人、
多いと思う!

後半残り30秒で4点差のシーン、

時間がない湘北は、

三井が強引にシュートにいきます。

シュートは外れ、

桜木と高砂のリバウンド勝負になりますが、

桜木はスクリーンアウトで負け

高砂をリバウンドを拾い、

勝負は決まった。

…かのように思われました。

しかし宮城が

高砂のボールをカット。

高砂の目の前に
背番号10が
上がってくるのが
たまらんよね!

そして高砂を

宮城リョータ直伝フェイクで抜き、

再び牧と1対1に!

そして今度は逆に

牧をふっ飛ばしてダンクを決め、

さらに牧のファウルで

ワンスローをもらいます!

相手にファウルを
もらいながら
ふき飛ばし、
ワンスローをもらう
牧のプレイスタイル
花道が牧から
点を取った!

というわけで、

スクリーンアウトで

高砂に負けた桜木!

高砂がリバウンドを取り、

試合が決まったか

のように思われましたが、

宮城がカットしたボールを

桜木がフェイクで高砂を抜き、

牧をふっ飛ばしてダンクを決めました!

桜木のパスミスで試合終了?

その後、

桜木はワンスローをわざと外し、

ゴリがリバウンドを取ります!

そして一気に三井の3ポイントで、

(2点差の状況)

逆転しようとします!

しかし、ここは清田がボールに

ツメだけ触ってて、

外れました。

それを桜木がリバウンドで取り、

ゴリにパスしようとするも、

間違えて高砂にパス。

パスミスでそのまま試合終了。

湘北は海南に

88ー90で負けました🍂

ここ、
なぜこんなミスをしたのか
よく分からなかった
んだけど!

僕も初見はよく分からなかった😅

後で何回か読み返して、

思いついた理由としては、

  1. ゴリと高砂の雰囲気が似てた
  2. 実際のバスケの試合では割とある展開?

の2つの理由を思い浮かべました!

1はないでしょ!
確かに顔とか雰囲気は
似てるけど
ユニフォームが違うだけで
大分違うと思うよ!

そうなんだけど、

「顔が似てる」は読んだ人は結構、

思いつきそうだよね😅

ちなみに僕の海南戦の初見は

小学生の頃だったので、

ゴリと高砂の顔が似てたから

間違えてパスしたのか?

と思ってました😅

試合の終盤で
それはないだろ!

だから2なんじゃないかと思います。

ここでマンガらしからぬリアリティ

出してきた。

もしかしてNBAとかで
実際に
こんな結果に終わった
試合とか、
あるのかな?

わかる人は教えてください〜!😅

というわけで、

桜木はフリースローをわざと外し、

三井の3ポイントに

逆転を託しましたが、

リバウンドしたボールを

高砂にパスミスしてしまい、

湘北は海南に88ー90で負けました。

海南戦での桜木の得点は?

ところで花道、
海南戦で何点
とったのかな?

6点です!

得点何巻?
前半、
清田をフェイクで抜いて
レイアップ
2点12巻
初の下手投げで
フリースロー×2
2点14巻
後半残り30秒、
高砂をフェイクで抜いて
牧をふっ飛ばしてダンク
2点15巻

内訳はこんな感じです!

6点!
意外と少ないね!
もっと取ってた
かと思ってた!

海南戦や桜木花道については、

こんな記事も書いてます!

スラムダンクの記事、

たくさん書いてますよ!

海南戦の桜木花道まとめ!

  • 宮益にマークされ、ゴール下が全く入らないなど素人である事がバレて、丸裸にされる!
  • ゴリが負傷交代!その間、流川とゴール下を守る!
  • 牧に4人、そして神に桜木がベッタリとマークする事で海南の攻撃を封じる!
  • 牧との1対1でふっ飛ばされるも、初の下手投げでフリースローを2本とも決める!
  • 高砂とのスクリーンアウトで負け、試合が決まったかのように見えましたが、高砂をフェイクで抜き、牧をふっ飛ばしてダンクを決めた!
  • フリースローをわざと外し、三井の3ポイントで逆転しようとし、リバウンドのボールを取りますが、高砂にパス(ミス)してしまい、湘北88ー海南90で試合終了!
  • 桜木の海南戦の得点は6点!

この記事、

「そんなに書く事ない楽勝記事では?」

と思ってたんですが、

なかなかハードでした😅

思いの外、
ボリュームの多い
記事になったね!

スラムダンクの記事、

まだまだ書く予定なので、

Twitterをフォローしてください!

更新したら、
Twitterで
お知らせします!

以上です!

この記事の感想など、

コメントいただけると嬉しいです!

それでは今日はこの辺で失礼します!

さようなら〜!!

最後まで読んでいただいて、

ありがとうございます!