【第五次川中島の戦い】信玄が飛騨に侵攻!60日間にらみ合い?あっさりしてる?

2022年6月28日

広告

こんにちは〜!

カワタツです!

🤡「どーも!

デルピエロです!」

武田信玄と上杉謙信が戦った、

川中島の戦い

について分かりやすく、

まとめてきました。

🤡「いや〜簡単にまとめるのは、

しんどかったな!」

そして、

この記事は、

第五次川中島の戦い

について、

分かりやすく簡単に説明します!

🤡「第五次は、

どんな戦いなの?」

武田信玄が飛騨を攻めるんだけど、

上杉輝虎(謙信)も出てきて、

60日間にらみ合う感じかな。

🤡「また長期のにらみ合いか〜」

でも今回、

今までの川中島の戦いと比べると、

あっさり

してます!

🤡「マジか!」

この記事は、

平山優先生の、

「図説武田信玄」

を参考に書いてます!

武田信玄が飛騨に侵攻!

🤡「さて」

第五次川中島の戦い、
どうなるの?

まず武田信玄は、

関東と北信濃の戦いを優位にすべく、

越中(富山県)の一向一揆と連携し、

越後侵攻を企画。

🤡「上杉輝虎の本拠地へ侵攻するのか?」

それはともかく、

さらに越中との連携を深くするため、

飛騨(岐阜県)を確保しよう!

と信玄は考えた。

そして信玄は飛騨国衆に調略を仕掛けたり、

飛騨に侵攻したりした。

🤡「飛騨を取れば、

そんなに楽なのか」

東美濃の斎藤龍興が、

兼山城を攻める動きを見せ、

そちらに援軍を出す事もあったけど、

飛騨侵攻は順調に進んだらしい。

🤡「そろそろ輝虎は出てくる?」

そう。

上杉方の飛騨国衆が、

輝虎に助けを求めたんだ。

そして輝虎は犀川を渡り、

川中島へ布陣した。

信玄も塩崎城に入り、

輝虎と対峙。

🤡「ここからが、

第五次川中島の戦いか!」

とにかく、

武田信玄は飛騨に侵攻し、

順調に平定を進める。

そこで上杉方の飛騨の国衆が、

上杉輝虎に助けを求め、

輝虎は川中島へ布陣。

信玄も出てきて、

睨み合いになりました!

両軍、60日も睨み合うけど?

🤡「その後は、

どうなったの?」

信玄は飛騨の武田軍を撤退させた。

輝虎は武田軍との決戦を望んだけど、

信玄はそれを避けたため、

両者の対陣は60日に及んだ。

🤡「また長期の睨み合いか。

でも、

その前の第四次の戦いは、

激しい戦いになって、

武田軍は重臣が死んだりしたんだよね。

ぶつかりたくないよね」

そうだね〜。

そして、

その後、

関東で北条氏が上杉方の城を攻め始めたため、

輝虎は放置できなくなり、

越後へ引き上げた。

🤡「え?

第五次の戦い、

もう終わり?」

そうなんだよ😅

🤡「あっさりしてるな〜」

お互い、

ガッツリと戦いたくなかったのかな?

というわけで、

第五次川中島の戦いで、

両軍は60日間にらみ合いますが、

関東の上杉方の城が北条氏に攻撃され、

輝虎が撤退。

あっさりと終わりました。

第五次川中島の戦い・まとめ

  • 武田信玄が飛騨を攻めたため、飛騨の国衆が上杉輝虎に助けを求めた。輝虎は川中島に出陣し、第五次の川中島の戦いが始まる。
  • 両軍は60日間にらみ合うけど、関東の上杉方の城が攻められ、輝虎は越後に帰ってしまった。

🤡「これで武田信玄と上杉謙信の、

戦いは終わり?」

いや、あともう一回だけあった事が、

近年わかったらしいんだけどね。

🤡「マジか!」

詳しくは、

平山優先生の「図説武田信玄」

を読んでみてください!

🤡「分かりやすくて、

面白いですよ!」

川中島の戦いについては、

他にも記事を書いてます!

🤡「読んでみてください!」

それでは今日はこの辺で失礼します!

🤡「さようなら〜!」

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!