【いきなり重要人物死亡?元恋人対決!】円居挽「河原町ルヴォワール」

広告

こんにちは〜!

カワタツです!

🤡「どーも!

デルピエロです!」

円居挽さんの、

ルヴォワールシリーズを読んできた僕です。

🤡「双龍会(そうりゅうえ)という、

私的裁判を中心とした、

推理の面白い所だけを抜き出して、

キャラクターの個性も強い、

面白いミステリー小説だよね」

説明してくれて、ありがとう。

そして、

四部作の最終作、

河原町ルヴォワール

を読み終えました!

🤡「最終作はどんな話なの?」

龍樹家のボス的存在、

龍樹落花がいきなり死ぬんだ。

🤡「えっ?

いきなり、とんでもない展開!」

そして青蓮院に裏切った、

城坂論語と、

龍樹撫子の元恋人対決!

🤡「なんだそりゃ!

すごい展開!」

論理と感情が錯綜する、

結末でした!

ルヴォワール4部作の、

今出川ルヴォワールを読んでから、

この記事を読むのをオススメします!

いきなり龍樹落花が死亡?「河原町ルヴォワール」のあらすじ

🤡「龍樹家のボス、

龍樹落花がいきなり死ぬって、

どういうこと?」

京都の鴨川に、

高野川と賀茂川が合流する、

デルタ地帯があるじゃん?

🤡「たまにテレビとかで見るね」

そこで落花は、

誰か(落花の弟・龍樹大和?)と、

待ち合わせるんだが、

その時の口論で、

龍樹落花は川に落ちてしまう。

そして、上流から来た濁流に飲まれて、

落花は死んでしまうんだ。

🤡「突き落とされたタイミングで、

濁流が来たってこと?

すごいタイミングだ」

そう。

あまりにも状況が不自然なため、

落花の葬式の後、

龍樹家は犯人と思われる、

撫子の兄で落花の弟、

龍樹大和を双龍会にかける。

🤡「訴えたんだね」

姉を失った悲しみで、

一時は引きこもった龍樹撫子だが、

立ち直り勝ち目のない双龍会に参加。

しかし待っていたのは、

元恋人の城坂論語だった。

🤡「なんてこった」

というわけで、

河原町ルヴォワール、

いきなり重要人物、

龍樹落花が死亡し、

その流れで龍樹家は、

撫子の兄・大和を双龍会にかける。

しかし、撫子を待っていたのは、

かつての恋人、

城坂論語との対決だった。

論理と感情が錯綜?「河原町ルヴォワール」感想

🤡「龍樹撫子は、

姉を失った悲しみの後、

元恋人の論語と戦うんだね」

そう。

勝ち目のない戦いに立った撫子。

戦うのは元恋人。

ものすごい悲壮な感情が漂う、

双龍会に感じたよ。

🤡「論理と感情が錯綜するって、

そういうことか」

そう。

論理の方も変わらずキレキレでね。

悲壮感漂う撫子を、

論語と大和が追い詰めるシーン、

胃が痛くなりそうだったよ😅

🤡「その意味でもキレキレ」

しかし、ちょいちょい、

どんでん返しが起きて、

登場人物の意外な過去も明かされる。

🤡「どんでん返し?

まさか落花は生きてたとか?」

それはどうだろう?

そして最後は良い終わり方だったよ。

🤡「そうか。

それは良かった」

元恋人・城坂論語との、

勝ち目のない戦いに挑む龍樹撫子!

論語と兄・大和に追い詰められる姿、

胃がキリキリしそうでした!

度々どんでん返しが起き、

登場人物の意外な過去も分かります!

まとめ

  • 河原町ルヴォワール、いきなり龍樹落花が濁流に飲まれて死亡する。龍樹家は撫子の兄・大和を双龍会にかけ、撫子と城坂論語、元恋人同士が対決する。
  • 元恋人との対決、そして勝ち目のない双龍会に挑む龍樹撫子。胃が痛くなりそうな切ない感情。登場人物の意外な過去も明らかになり、度々どんでん返しも起こる。

🤡「これで円居挽さんの、

ルヴォワールシリーズを、

全部読み終えてしまったわけか」

そうだな〜!

続きがあれば読みたいが、

なさそうで残念!

🤡「まあ、また面白いミステリーを、

探そうよ!」

そうだね!

🤡「ところで『河原町ルヴォワール』とか、

他のルヴォワールシリーズ、

その辺の本屋で手に入るかな?」

いや僕も取り寄せたし、

郊外の本屋にはないかも。

丸善とかジュンク堂とか、

広い本屋ならあるかもしれないけど。

丸善やジュンク堂の店舗の在庫検索は、

hontoでできます!

🤡「無かったら取り寄せて、

店舗で受け取れば送料無料!」

電子書籍の割引クーポンも、

しょっちゅう出てます!

新規登録無料なので、

気になる方は登録してみてください!

それでは今日はこの辺で失礼します!

🤡「さようなら〜!」

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!