【麻耶雄嵩「貴族探偵」感想】探偵が自分で推理しない?ロジカルで複雑な短編5話!難しいミステリー?

2021年2月3日

こんにちは〜!

カワタツ( @TKkidd_mbht )です!

🤡「どうも!デルピエロです!」

今日はミステリー小説のレビューです!

🤡「お!

どんな小説だい?」

麻耶雄嵩さんの、

「貴族探偵」。

🤡「貴族で探偵?

てかタイトルは聞いた事ある。

ドラマになってなかった?」

嵐の相葉雅紀くん主演で、

ドラマになってたんだね。

🤡「てかタイトルが気になるなあ。

貴族探偵って、

どんな探偵なのさ?」

それは後で説明するけど、

簡単に言えば、

自分で推理しない探偵。

🤡「は???

自分で推理しない?

それって探偵じゃないじゃん!」

だから、それは後で説明するよ!

「貴族探偵」は、

ロジカルで

やや難しめのミステリー

が好きな人に読んでもらいたいです!

探偵が自分で推理しないミステリー?

🤡「『探偵が推理しない』とは、

どういう事?」

主人公の探偵は貴族なんだよ。

🤡「お金持ちとか大富豪とか、

おぼっちゃまとか、

そんな感じだよね?」

そう、そういう人達って、

使用人、メイド、

運転手、執事、

そういう人達を雇ってるだろ?

🤡「そういうのをテレビとか、

小説でよく見るけど…」

🤡「ま、まさか!?」

そう。

推理や捜査を行うのは、

使用人やメイド、運転手

なのさ。

🤡「そんな…じゃあ、

貴族の探偵は何をするのさ!?」

使用人やメイド、運転手に、

推理・捜査を任せ、

優雅に紅茶を飲んでたりするんだよ。

🤡「マジかよ…!

そんな意味での『貴族探偵』なのかよ!」

というか、それって探偵って言える?

多分、貴族探偵自身も、

事件の真相は分かってると、

思うんだけどね😅

短編5話でも中身がロジカルでギッシリ詰まってる?

🤡「ところで『貴族探偵』は、

ミステリーとして難しいの?

それとも簡単?」

正直、「貴族探偵」は、

難しい部類のミステリー

だと思う。

🤡「そうなんだ!

どう難しいの?」

ロジカル(論理的)なんだ。

「○○でないから××」

というロジックをたくさん使って、

事件が解決される。

🤡「メモしないと、

理解しにくいやつだな!」

そうなんだよ。

複雑なので100%理解するのが難しい。

内容は短編が5話だから、

一見読みやすく見えるんだけどね。

🤡「1話それぞれに、

ロジックがギッシリ詰まってて、

複雑で難しくなってる

って事?」

その通り。

せいぜい400ページ行かない程度の、

小説だけど、

読み終えるのに結構な時間が、

かかったなあ😅

🤡「あまり気楽に手を出せる

小説じゃないんだね」

まとめ

  • 「貴族探偵」は自分で推理しない。使用人やメイド、運転手が推理・捜査し探偵は優雅に紅茶を飲んでくつろいでる
  • 「貴族探偵」はロジカル(論理的)で複雑なミステリー。短編5話でも内容がギッシリ詰まってて難しい。読むの時間がかかる。

難しいミステリーが好きな人は、

読んでみてください!

それでは今日はこの辺で失礼します!

🤡「さようなら〜!」

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!