【「古代日本人と朝鮮半島」感想】日本人のルーツは?日本人に優しい人が多いのは、なぜ?

2021年9月7日

広告

こんにちは〜!

カワタツ( @TKkidd_mbht )です!

今日は歴史というか人類学というか、

そんな本を紹介します!

「古代日本人と朝鮮半島」。

日本人のルーツを知りたい人などに、

オススメの本です!

日本人のルーツがわかる?日本人はなぜ優しいのか?

日本人はどこから来たのか

朝鮮半島の人に

嫌われてしまうのは、

なぜか?

難しいけど日本人のルーツや、

日本人はなぜ優しい人

ばかりなのか?

という事が書かれています。

「古代日本人と朝鮮半島」に出てくる神話の話が気になる?

島根県の出雲付近、

宍道湖から上の部分は、

朝鮮半島の余った半島から

鍬で掘り出して

引っ張って島根県

くっつけた」

という神話の一節が面白かった。

宍道湖のあたりの半島って、

斧みたいに横に広く本州から

突き出てるじゃないですか?

あれは朝鮮半島にあった

半島を鍬で千切って、

日本の本州にくっつけた

ものという神話があるそうです。

あと中臣鎌足の出自

にビックリしました。

今日はこんな感じです!

最後まで読んでくれてありがとうございます!