【「この本を盗む者は」のあらすじ】舞台は?主人公は?呪いで本の世界に?

広告

こんにちは〜!

こんにちは!

深緑野分(ふかみどり・のわき)

さんの、

「この本を盗む者は」

という小説の、

あらすじを説明していきます!

この小説、

2021年の本屋大賞に、
ノミネートされてたね!

森見登美彦さんの小説が

好きな人には、

オススメ!

ただ世界がクルクル変わり、

想像するのが結構大変!

思った以上に読み終えるのに、

時間がかかります!

本をあまり読まない人は、

読むのに手こずるかも😅

「この本を盗む者は」の舞台は?

「この本を盗む者は」の舞台は、

読長(よむなが)

という街。

本に関係してそうな、
変わった名前だね!

本屋や古本屋が多い街

という設定らしい。

途中で「急行停車駅」という

表現が出てくるので、

東京の近郊の街という設定

ではなかろうか?

われわれの様な、
岡山の田舎者には、
少し入りにくい世界かもね〜

というわけで、

「この本を盗むものは」の舞台は、

読長町という、

東京の近郊っぽい町!

「この本を盗む者は」の主人公は?

「この本を盗む者は」の主人公は、

読長町に住む、

御倉深冬

(みくらみふゆ)

という女子高生。

御倉家は代々、

本好きの家系だったけど、

深冬は本が嫌い。

本好きの家系で、
本が嫌いな人も
いるんだね!

御蔵館とは?

深冬の御倉家は、

御蔵館

(みくらやかた)

という、

200万もの本

が所蔵してある館

を持っている。

200万冊の本?
小説の中とはいえ、
すごいね!

御蔵館の防犯装置(呪い)が発動する?

そして、ある日、

御倉館から本が盗まれる。

それで
「この本を盗む者は」
という、
タイトルな訳だね。
少し読めたぞ。
この小説は、

盗まれた本と、

犯人を探す小説?

半分当たり。

え?
半分?

本が盗まれた事で、

御倉館の防犯装置が作動する。

それは…
ALSOKとか、
そんなやつ?

そういう物理的な防犯装置も、

ついてるとは思うけど、

御倉館で本を盗んだら、

呪いが発動する💀

呪い?
こわっ!

呪いが世界を本の世界に変える?

呪いがかかると、
どうなるの?

呪いがかかると、

盗まれた本の世界が現実になる。

え?
それが呪い?

そう、

本の中の世界が具体化し、

読長町を本の世界に変えてしまう。

マジか!
本の世界に入り込む
とか、
そういう感じ?

そんな感じだね〜!

深冬が入り込む本のジャンルは?

深冬が小説の世界に
入り込むんだよね?
本にもジャンルが
色々あるけど、
どんな話の中に入るの?

  • SF
  • ハードボイルド

など、

色々。

ジャンル分けしにくい世界観の話が、

4つ入ってて、

短編集みたいな形になってる。

その中で深冬は、
本を盗んだ犯人を
探すんだね?

そう、

本を盗んだ犯人を見つけたら、

呪いが解けて、

世界は元通りに戻る。

本嫌いの少女が、本を好きになっていく物語?

深冬は突然現れた、

女子高生の格好をした、

「真白」

(ましろ)

という女の子と共に、

深冬は騒がしい本の世界で、

本を盗んだ犯人を探す。

そして本の中の世界を実際に体感する事で、

本嫌いの深冬は

「ああ、

本の中には

こんな世界があるんだ」

と体感する事で本に触れる様になる。

本嫌いの少女が、
本の世界を
実際に体感する事で、
本を好きになっていく
話なのか!
いいね!

「この本を盗む者は」のあらすじ・まとめ

  1. 「この本を盗む者は」の舞台は読長町という東京の近郊っぽい町。
  2. 主人公は女子高生の御蔵深冬。本好きの家系なのに本が嫌い。
  3. 御蔵家は200万冊もの本が所蔵してある「御蔵館」を持っている。
  4. 御蔵館から本が盗まれ、防犯装置(呪い)が作動する。
  5. 呪いにより本の中の世界が具体化し、読長町を本の中の世界に変えてしまう。
  6. SFやハードボイルドなど、4つのジャンル(4つの短編)の本の世界に入り込む。
  7. 深冬は呪いを解くため、真白と共に本を盗んだ犯人を探す。

「この本を盗むものは」、

森見登美彦さんの小説が好きな人

などにオススメです!

面白いので、

ぜひ読んでみてください!

また、

「この本を盗む者は」を、

お得に読む方法があります!

ebookjapanで「この本を盗む者は」を読む!電子特典あり!

ebookjapanなら、

電子書籍がお得です!

毎週金曜日に、

20%以上ポイントが還元される、

クーポンが出ます!

コミックフライデーという名前ですが、

小説もポイント還元されますよ!

PayPayの
支払いのみですが、
還元されたポイントは、
その場で、
すぐ使えますよ!
実質的に割引!

また新規登録後の、

初回ログイン後に、

50%割引クーポンが6枚も出ます!

最大で3000円の割引!

ebookjapanで「この本を盗む者は」を読む!電子特典あり!

とりあえず、

新規登録して試してみてください!

電子特典もあるみたいです!

無料で読める漫画も、
たくさんありますよ!

以上です!

この記事の感想など、

コメントいただけると嬉しいです!

Twitterのフォローも、
よろしくお願いします!

それでは今日はこの辺で失礼します!

さようなら〜!!

最後まで読んでいただいて、

ありがとうございます!