【烈火の炎・巡狂座(めぐりきょうざ)】水鏡凍季也の師匠?姉のカタキ?

2022年11月29日

広告

こんにちは!

烈火の炎

巡狂座

(めぐりきょうざ)

について、

  • 水鏡凍季也の氷紋剣の師匠?
  • 戒に氷紋剣を教えたのは、なぜ?
  • 巡狂座は水鏡凍季也の姉・美冬のカタキ?
  • 巡狂座は麗の首領補佐?

この辺の疑問にお答えします!

  1. 巡狂座
  2. 水鏡凍季也
  3. 美冬(水鏡の姉)

この4者の関係や謎について、

詳しく知りたい人は、

読んでみてください!

無料会員登録で「100冊まで全部40%OFF」Amebaマンガ

Amebaマンガなら

烈火の炎全33巻が

40%OFF!

(広告)

水鏡凍季也の氷紋剣の師匠?

巡狂座は、

水鏡凍季也の

氷紋剣の師匠。

そして実は、

水鏡凍季也と

姉・美冬の、

実の祖父

なんだよね。

実の祖父っていうのは
隠さないといけない
ことなのかな?

そして美冬が亡くなった後、

水鏡凍季也に閻水を与え、

氷紋剣と同時に勉強も教えた。

水鏡が病気になれば、

看病した。

水鏡凍季也本人も言ってましたが、

巡狂座は水鏡凍季也にとって、

もう一人の父親。

良い師匠じゃないか!

というわけで、

巡狂座は水鏡凍季也にとって

氷紋剣の師匠であり、

(実の祖父であり)

もう1人の父親と言える存在でした!

ebookjapanなら烈火の炎が70%割引!(上限500円×6)

戒に氷紋剣を教えたのは、なぜ?

しかし氷紋剣って
一子相伝、
1人にしか教えない
決まりがあるんだよね?
水鏡以外に、
戒に氷紋剣を
教えた
のは
なぜだろう?

それは

戒にあえて厳しく氷紋剣を教え、

天才・水鏡への敵対心を抱かせた。

そして、

それにより水鏡を

自分と戦わせるように仕向けた。

という事だと思います。

巡狂座と水鏡を
戦わせるため?

なぜ巡狂座がそうしたいのかは、

後で説明しますが、

まず、

戒が巡狂座に氷紋剣を

学ぶに至った経緯

を説明しておきますね。

まず巡狂座の初出は、

13巻の水鏡と戒の戦いでの回想。

他流試合を次々と挑んでいた戒

巡狂座は氷紋剣で打ち倒し、

何か勘違いをしていないか?

氷紋剣とは侍が培ってきた剣術にあらず!

“火影"という忍びが想像した

忍術なのだ!

13巻17ページ

と戒を打ち倒した後、

戒に氷紋剣を

スパルタで教えるんですよね。

水鏡凍季也

→天才、黄金の価値ある天才剣士

→凡人呼ばわり、石コロ

という風に、

戒に水鏡への憎悪を植え付けるように、

戒にかなりキツめの修行を課した。

戒、
かわいそう!

そして戒に氷魔閻を与え、

「水鏡凍季也を殺せ!」

と指示した。

「美冬のカタキは巡狂座」も、

巡狂座が戒に何度も言って、

刷り込ませたんじゃないかな。

そして戒は、

水鏡に「姉のカタキは巡狂座」を伝え、

死んでいった。

これにより、
水鏡がどうしても、
もう一度
巡狂座に会いたくなる
ように
仕向けたってことかな?

やっぱり戒がかわいそうだけど、

そういう事だと思います😅

というわけで、

巡狂座は戒に氷紋剣を教えるんですが、

「水鏡は天才、戒は石ころ」と

戒が水鏡に憎悪を向けるように

仕向けた!

そして水鏡が戒と戦った後、

巡狂座に会いたくなるように

仕向けました!

巡狂座は水鏡の姉・美冬のカタキ?

巡狂座は
本当に美冬を
殺したの?

正確には、

美冬を殺したのは、

巡狂座じゃない。

殺したのは、

閻水を探しにきた、

森香蘭の直属部隊(裏麗の前身)

兵隊2人です。

巡狂座から氷紋剣を

教わっていた美冬は、

閻水を持っていた。

森香蘭の兵隊たちの目的は、

閻水を奪う事だったため、

美冬は狙われ、

殺されてしまった。

ちなみに、

美冬を殺した2人は、

巡狂座によって、

サイコロステーキにされました😅

表現が
何かの刃!
そしてエグい!

そして巡狂座は、

美冬が死んだのは

自分のせいだ。

と思った。

美冬を死なせたのは…

この者たちではない

殺したのは

ワシと…

巡狂座という称号だ!!!

31巻33ページ

そして巡狂座は、

水鏡凍季也に

姉のカタキとして、

自分を殺させるため、

戒に水鏡と戦うように仕向けた。

そして自分と戦わせて

姉のカタキを討たせようとした。

水鏡に、
姉のカタキとして、
自分を殺させるため…。

しかしHELL OR HEAVENで、

巡狂座と相対した水鏡は、

氷魔閻を破壊し、

巡狂座を殺さなかった。

そりゃ巡狂座は
美冬のカタキじゃ
ないんだし、
父親がわりの人を
殺せないよ!

というわけで、

水鏡の姉・美冬を殺したのは、

森香蘭の直属部隊の2人!

しかし巡狂座は、

「美冬が死んだのはワシのせいだ」

と思い、

水鏡に自分を殺させようとしました!

麗の首領補佐?→裏麗へ?

あと気になるのは、
23巻で葵に、
巡狂座が
「十神衆首領補佐」
って言われて事だね!

31巻で磁生に、

「今度、

紅麗が麗っていう組織を作るから、

あんたも来い!」

と言われてた事からして、

巡狂座は麗では、

磁生に次ぐ古参

っていう事に

なるんじゃないでしょうか。

じゃあ磁生が
首領補佐
じゃないの?

  • 巡狂座の方が年上だから?
  • 磁生が「オレは首領補佐なんて器じゃねえ!」と拒否した?

という理由が想像できますね。

ちなみに巡狂座が

麗に入った理由は、

閻水と氷魔閻を奪われずに、

森香蘭の管理下に置くことができ、

水鏡凍季也を守ることが

できたからですね。

しかし水鏡凍季也が閻水を持ち、

火影として森香蘭に敵対した。

17巻で巡狂座の道場が、

ボロボロに荒らされていたのは、

水鏡に閻水を渡したのを

森香蘭にかぎつけられ、

裏麗に襲われたんでしょうね。

そして巡狂座は

裏麗に連れ去られ、

幽閉された。

何となくですけど、

このとき巡狂座は、

何の抵抗もなく

裏麗に連れ去られた

んじゃないでしょうか。

「水鏡凍季也と戦わせてくれるなら

抵抗しない」

みたいな感じで。

そして紅麗が烈火に負けて

行方不明になった後、

葵に

「これからは裏麗として

働いてみない?」

とスカウトされ、

「水鏡凍季也と戦わせてくれるならな…」

と条件付きで裏麗に入った。

そんなにしてまで
水鏡と戦いたかったのか!

というわけで、

想像が入りますが、

巡狂座が麗の首領補佐になったのは、

磁生に次ぐ古参で、

磁生より年上だったから?

裏麗へは森香蘭から

水鏡凍季也を守るために入った!

烈火の炎については、

他にも記事を書いてます!

上のまとめ記事でまとめてます!

ひっかかる記事があれば

読んでみてください!

烈火の炎・巡狂座(めぐりきょうざ)まとめ

  • 巡狂座は水鏡凍季也の氷紋剣の師匠であり、実の祖父であり、父親代わりだった!
  • 巡狂座は戒に厳しく氷紋剣を教えることで、戒が水鏡凍季也に憎悪を向けるように仕向け、そして水鏡に自分と戦わせ、姉のカタキを取らせようとした!
  • 水鏡凍季也の姉・美冬を殺したのは森香蘭の兵隊2人!しかし巡狂座は「美冬が死んだのはワシのせいだ」と思い、水鏡に自分を殺させてカタキを取らせようとした!
  • 巡狂座が麗の首領補佐だったのは磁生に次ぐ古参で磁生より年上だったから?麗へは森香蘭から水鏡凍季也を守るために入った!

というわけで、

もしかしたら「何でこうなるの?」

という所があるかもしれません😅

僕も100%分かってるわけではないので、

意見があればコメントください😅

あと、
めぐ爺、
水鏡の両親の
葬式に行かなかったのは
ダメだろ!

自分の息子か娘だろ?

とにかく、

ご自分で烈火の炎の漫画を読んで、

確認してみてくださいね!

巡狂座についての内容は、

13・17・23・27・30・31巻

あります!

また烈火の炎を読むなら、

電子書籍が安いですよ!

無料会員登録で「100冊まで全部40%OFF」Amebaマンガ

オススメはAmebaマンガ!

烈火の炎全33巻が

40%割引で読めます!

15巻以上あるマンガが

これだけ安くなるのは、

Amebaマンガだけ!

登録は無料なので、

試しに登録してみてください!

ebookjapanなら烈火の炎が70%割引!(上限500円×6)

烈火の炎を数冊ずつ買うなら、

ebookjapanと、

DMMブックスもオススメ!

どちらも70%割引になります!

(上限あり)

以上です!

もし間違った所があれば、

コメントしていただけると

ありがたいです!

この記事の感想

コメントいただけると嬉しいです!

Twitterのフォローも、
よろしくお願いします!

それでは今日はこの辺で失礼します!

さようなら〜!!

最後まで読んでいただいて、

ありがとうございます!