【「未来の年表 人口減少社会でこれから起きること」感想】絶望的な気持ちになった?

2021年2月11日

こんにちは〜!

カワタツ( @TKkidd_mbht )です!

今日は、

絶望的な未来を書いた本😅

のレビューです。

かなり内容がネガティブで、

読んでると絶望的な気持ちになります😅

でも、

「未来の日本で、

何が起こるのか、

知りたい!」

と思う人にオススメします👍

「未来の年表 

人口減少社会で、

これから起きること」

という本。

読んでいて絶望的な感じがして、

「日本、大丈夫かな〜?」

って思います😅

しかし、絶望的な未来でも、

知ると知らないでは違う。

目次に書いてある内容で気になったものを、

箇条書きで上げ、

さらに気になったものに対して、

個人的な意見を書いていきます。

未来の日本で何が起こる?

2019年 IT技術者が

不足しはじめ、

技術大国の地位揺らぐ

2020年 女性の2人に

1人が50歳以上に

2030年 百貨店も

銀行も老人ホームも

地方から消える

2040年 自治体の

半数が消滅の危機に

2065年〜 外国人が

無人の国土を占領する

目次の内容で気になったのは、

こんな所です。

若年労働者が減って地方でサービスが破綻?

今も結構そうなんですけど、

働く人口、若い人の数が

どんどん減っていってる

らしいんですよね。

高齢者がどんどん増え、

国の医療費や介護費用なんかを

圧迫する上に、

何年か後には労働力、

つまりは医師や介護士なんかも不足して、

サービスが破綻するらしいです。

女性が高齢化し人口減少?

女性の2人に1人が高齢化することで、

子供を産める女性が少なくなる。

そして子供が減る。

人口が減る。

1人の女性が2人以上

子供を産まないと、

人口の現状維持もできない

らしいです。

2030年くらいの地方では、

少子化と若者の都会への流出で

生産力が不足。

これにより税収も減り、

住むのに不可欠なサービスも

維持できなくなり、

ハンバーガー店すら

存在を維持できない

ような自治体も出てくるらしいです。

限界集落を外国人が占拠する?

限界集落では日本人がいなくなって、

代わりに

中国人などの外国人が

土地を買って住むようになる。

実質的に、

外国人が無人

集落を占拠する

状態になるらしいです。

「人が住まない所なら

外国人が住んでもいいんじゃない?」

と思う人もいるかもしれませんが、

日本の文化を

理解できない外国人が、

日本の文化を

壊してしまうかもしれない。

日本を嫌いな中国人なんかが神社を、

「いらない」と破壊して

しまうかもしれませんね。

その時日本人は少数派だから、

これを止められない。

僕は「自分の祖母が

住んでいるような親しみのある田舎が、

そんな風に外国人に占拠されたら、

イヤだな〜」

と具体的に考えちゃいます。

ただ、

「外国人でも限界集落みたいな、

不便な土地をそんなに欲しがるかな?」

という疑問もあります。

これらの課題への対策は?

絶望的になってしまいますが、

未来の課題への対策も、

書いてあります!

しかし、

この先はこの記事に載せるより、

本を読んでもらった方が

良いと思います!

まとめ

  • 医師や介護士など若年労働者が減り、特に地方でサービスが破綻する
  • 女性の2人に1人が高齢化する事で子供の出生数が減り、人口が減り続ける
  • 中国人など外国人が限界集落の土地を買って実質的に集落を占拠。文化を壊してしまうかも。
  • 対策も書かれてるけど、この後は「未来の年表 人口減少社会でこれから起きること」を読んで!

そんな感じです。

それでは今日はこの辺で失礼します!

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!