【主人公が怪獣に変身?試験に凶悪な怪獣が乱入?】怪獣8号1巻のネタバレ!

広告

こんにちは〜!

カワタツです!

🤡「どーも!

デルピエロです!」

怪獣8号、

人気が増えてるみたいだね!

🤡「最近、名前をよく聞くね〜!

どんな話なの?」

ネタバレになるよ😅

🤡「僕は多少ネタバレ聞いた方が、

話を理解できる人間だから、

それでもいいよ!」

じゃあ、そんな人のために、

まず、

怪獣8号1巻の

ネタバレ

をします!

怪獣8号1巻を読み終わった後、

もう一度どういう話だったか、

確認したい!

という人も読んでみてください!

主人公・カフカが怪獣に?

🤡「『怪獣8号』の主人公って、

どんな人なの?」

詳しくは上の記事でも書いたんだけど、

主人公・日比野カフカは、

32歳の清掃業者。

🤡「おっさんだな」

そのおっさんが、

ひょんな事から、

凶悪なパワーを持った怪獣になるんだ。

🤡「いきなり過ぎる!

『ひょんな事』って、

どんな事?」

カフカと同僚の市川レノが、

怪獣に襲われた時、

カフカの幼馴染の、

防衛隊長・亜白ミナが、

助けてくれる。

🤡「幼馴染が夢を叶えて出世して、

清掃業者になってる自分と比べて、

ガックリしたか」

そうなんだけど、

その後カフカとレノが病院で寝ていると、

「ミツケタ」と言って、

小さい怪獣(?)がカフカの口に、

「ガポ」とか言って入ってくる。

🤡「え?

怪獣を食べちゃったの?

あ、そうか💡

それで」

そう。

そこでカフカは、

怪獣になってしまうんだ😅

🤡「なるほど。

なぜ小さい怪獣が、

カフカの中に入ったのかは、

分からないけど」

それは今後、

明らかになっていくのかな?

カフカが凶悪な怪獣になるための、

素質か何かがあった?

とにかくカフカは、

唯一秘密を知ってるレノと共に、

カフカが怪獣になれる事と、

凶悪な力を隠し、

夢だった防衛隊の試験を受ける。

🤡「なるほど」

まとめると、

主人公の日々野カフカは、

謎の小さな怪獣を食べてしまい、

凶悪な怪獣の力を得る。

その姿とパワーを隠し、

カフカとレノは防衛隊の試験を受ける。

防衛隊員選別二次試験に怪獣が現れる!

🤡「カフカは、

防衛隊の試験では、

どうなるの?」

素の力で受けると、

正直あまり良い結果は出せなさそう。

🤡「怪獣の力を使わずに

って事だよね」

そう。

四ノ宮キコルなど、

強力なライバルを相手には勝ち目がない。

🤡「ライバルが、

カフカより強い人ばかりなのか」

だからカフカは、

強い人を援護する役に回るんだけど、

🤡「なるほど。

清掃業者やってた時の、

経験を活かしてるんだね」

そう。

すると、

四ノ宮キコルでも勝てない様な、

凶悪な怪獣が突如現れる。

🤡「マジか。

ヤバい展開なの?」

キコルは、

その年の防衛隊試験に挑んだ人の中では、

最強なんだが、

その怪獣には全く歯が立たない。

🤡「マジか!

どうするの?」

追い詰められたキコルのピンチに、

カフカは怪獣に

変身するんだ。

🤡「えええええー!!?

怪獣になれる事が、

バレたらマズいんじゃないの!?」

そうなんだけど、

カフカは仲間のピンチを、

ほっとけない人間なんだ😅

🤡「マジか!

ばか!!

でもジャンプの主人公らしい!

その後は?」

1巻はカフカが怪獣に変身した所で、

終わりです😅

🤡「マジか!

続きが読みたいな!」

僕も1巻を読んだ後、

そう思いました!

まとめると、

カフカとレノは防衛隊試験を受けるけど、

試験の最中に凶悪な怪獣が現れる。

受験者でも最強の四ノ宮キコルのピンチに、

カフカは怪獣に変身して助けようとする。

こんな感じですね。

まとめ

  • 主人公のカフカは小さな怪獣(?)を食べて、凶悪なパワーを持った怪獣に変身できる様になってしまう。
  • その姿とパワーを隠し、カフカと同僚の市川レノは防衛隊の試験を受ける。
  • 防衛隊の試験の最中、凶悪な力を持った怪獣が現れる。
  • 怪獣に手も足も出ない四ノ宮キコルのピンチに、カフカは怪獣に変身して戦う。

こんな感じで、

「怪獣8号」1巻のネタバレを、

簡潔に書いてみましたが、

どうでしょう?

怪獣8号はebookjapanで買うと、

お得です!(電子書籍)

🤡「金曜日がお得なんだよね!」

試してみてください!

怪獣8号の他にも、

漫画の記事を書いてます!

それでは今日はこの辺で失礼します!

🤡「さようなら〜!」

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!

↓まだ怪獣8号2巻を読んでない人は、

こちらからどうぞ!↓