【首謀者北条時行は年齢1ケタ?】「逃げ上手の若君」との違いは?鈴木由美「中先代の乱」

広告

こんにちは〜!

カワタツ( @TKkidd_mbht )です!

🤡「どーも!

デルピエロです!」

ねえ。

鎌倉幕府の執権北条氏の生き残りが、

建武政権に対して乱を起こした話、

知ってる?

それについての本を、

紹介しようと思うんだけど。

🤡「お!

知ってるよ!」

🤡「『逃げ上手の若君』だろ!」

あ、いや違う……、

いや違わないけど😅

🤡「え?」

紹介したい本は、

「逃げ上手の若君」の、

元ネタというか原作というか、

そっちの方なんだ。

鈴木由美さんの、

「中先代の乱」

を、この記事でレビューします!

🤡「ああ、

中公新書か。

『逃げ上手の若君』の元ネタって、

史実の方な!

読み方はどうだったっけ?」

なかせんだいのらん。

だよ。

🤡「その中先代の乱、

誰が起こしたんだっけ?」

鎌倉幕府最後の得宗・北条高時の遺児、

北条時行だよ!

🤡「そんな、

児嶋だよ!

みたいに言わなくても」

北条時行は、

中先代の乱当時、

10歳以下の少年だったんだ!

🤡「え?

『逃げ上手の若君』でも、

時行は少年だったけど、

史実でもそんなに若い少年なんだ!」

この記事では、

中先代の乱を簡単に説明して、

「逃げ上手の若君」の史実との違いに、

少し触れようと思います!

漫画「逃げ上手の若君」の背景、

中先代の乱を知りたい人、

もしくは史実の北条時行を、

もっと知りたい人、

読んでみてください!

北条時行は年齢1ケタ?中先代の乱とは?

🤡「中先代の乱って、

鎌倉幕府の得宗・北条高時の遺児、

北条時行が首謀者なんだっけ?」

そう、鎌倉幕府滅亡時、

北条時行は信濃の諏訪に逃れて、

中先代の乱を起こすんだ。

🤡「どこで乱を起こすの?」

鎌倉や信濃、上野、武蔵辺りかな。

🤡「誰と戦うの?」

足利尊氏の弟・足利直義(ただよし)や、

その部下や身内の武士達とだね。

最後は足利尊氏に鎮圧されちゃうんだけど、

一時期、

北条時行は鎌倉を占領する事も、

あったんだよ。

🤡「えっ?

年齡1ケタの少年が、

足利直義に勝って、

鎌倉を占領したの?」

そう、信濃→上野→武蔵

→鎌倉と進軍したみたいだけど、

時行は謎に強いんだよ。

北条氏の残党、

北条与党の協力もあったみたいだけど。

🤡「そして最後は、

足利尊氏に負けちゃうのか。

その後の北条時行はどうなるの?」

足利尊氏と後醍醐天皇がケンカして、

足利尊氏が室町幕府を建て、

後醍醐天皇が南朝を作った後、

北条時行は南朝に付いちゃうんだよね。

🤡「ありゃ?

北条時行は鎌倉幕府を滅ぼされた、

敵討ちで戦ってるんじゃないの?

後醍醐天皇も足利尊氏と同じく、

北条時行の敵じゃない?」

よく分からないけど、

北条時行は後醍醐天皇の側に付くんだ😅

🤡「よく分からないな」

そして尊氏と直義の兄弟喧嘩、

観応の擾乱が起こった後、

北条時行は25歳で死ぬらしい。

🤡「まだ若いのに。

最期はどんな死に方なの?」

正平7年(1352年)に鎌倉を出てから、

消息は分かってないらしいんだけど、

どうやら室町幕府に捕まって、

処刑されたみたい。

🤡「それは辛いな」

以上、中先代の乱と、

首謀者の北条時行について、

簡単に説明してみました。

逃げ上手の若君の史実との違いは?

さて「史実と違う」という事で、

賛否両論の「逃げ上手の若君」ですが、

🤡「将軍と執権を、

ゴチャゴチャにしてるんだよね」

鈴木由美さんの、

「中先代の乱」を読んで1つ、

「ここ、史実と全然違うな〜」

と思う所が、

「逃げ上手の若君」にありました。

🤡「ん?

どこ?」

鎌倉幕府が滅亡して、

北条時行は諏訪頼重に連れられて、

諏訪に逃げるよね?

🤡「そうだね」

鈴木由美さんの『中先代の乱』、

つまり史実では、

北条時行は、

叔父の北条泰家に連れられて、

諏訪に逃げる

という事になってる。

🤡「え?

それじゃ史実では、

諏訪頼重は出てこないの?」

いや諏訪で北条時行を、

支援するのは変わりないけど、

鎌倉まで迎えに行くのは、

史実じゃないみたいだね。

🤡「まあ史実通りで、

諏訪頼重が諏訪で待っていると、

頼重の性格などを説明する展開が、

不足するから史実とは違う展開に、

したのかな?」

どうなんだろうね😅

まあ漫画だし、

多少史実と違ってても良いとは思います。

🤡「少年誌でやってるから、

子供が読んだら間違えた歴史を覚えそう。

っていう不安はあるけどね」

とにかく「逃げ上手の若君」の、

史実とは違う部分を、

1つ説明してみました!

まとめ

  • 中先代の乱は最後の得宗・北条時行の遺児・北条時行が建武政権に対して反乱を起こしたこと。首謀者なのに北条時行の年齡は1ケタ。
  • 「逃げ上手の若君」は諏訪頼重が鎌倉に北条時行を迎えに行く所が史実ではない。史実では北条泰家が北条時行を諏訪まで送り届ける。

中先代の乱について、

簡単に説明しましたが、

もちろん鈴木由美さんの、

「中先代の乱」、

もっと詳しく書かれています!

気になる人は読んでみてください!

感想

🤡「感想は?」

中先代の乱、

個人的には、

鎌倉幕府が滅亡して、

朝廷が南朝・北朝に分かれ、

室町幕府が成立し、

観応の擾乱が起こる、

歴史の表舞台の裏側で、

やってる感じが面白かったね。

🤡「中先代の乱の裏側では、

歴史のメジャーな出来事が、

華々しく進行してたわけか」

そんな感じです。

何より北条時行が、

年齢1ケタの首謀者だった事が、

驚きでした!

🤡「年齢1ケタの少年が、

ゲキ強で勝ちまくるとか、

有り得るのかよ?」

そんなに強いのが、

不思議ではあるけどね〜。

🤡「ところで『中先代の乱』、

その辺の本屋で買えるのかな?」

丸善とかジュンク堂とか、

在庫の多い本屋でないと、

ないかもね〜。

hontoで丸善やジュンク堂の、

在庫をネットで検索する事ができますよ!

🤡「店舗になかったら、

hontoからネットで注文して、

丸善・ジュンク堂の店舗で、

受け取る事もできるんだよね!」

一度登録して試してみてください!

「逃げ上手の若君」を買うなら、

ebookjapanがお得ですよ!

🤡「金曜日がお得!」

それでは今日はこの辺で失礼します!

🤡「さようなら〜!」

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!