【「逃げ上手の若君」4巻のあらすじと感想!】愚物国司登場?少年漫画らしくなってきた!

2022年8月8日

広告

こんにちは〜!

カワタツです!

🤡「どーも!

デルピエロです!」

逃げ上手の若君4巻

読みました!

🤡「鎌倉幕府執権北条氏の生き残りで、

中先代の乱を起こした北条時行の話を、

魔人探偵脳噛ネウロや、

暗殺教室の松井優征さんが、

漫画にしたんだよね!」

説明ありがとう!

早速この記事で、

逃げ上手の若君、

4巻のあらすじと感想を、

書いていきます!

歴史ものなのに、

少年漫画らしくなってきました!

(愚物)国司がやってきた!

🤡「4巻のあらすじの前に、

3巻はどんな感じで終わったんだっけ?」

悪党・瘴奸(しょうかん)の一派と、

時行一派が戦い、

吹雪が仲間になった

所までだね。

🤡「なるほど。

4巻では、どうなるの?」

京から信濃国司

・清原信濃守(しなののかみ)

がやってくる。

🤡「国司?

この時代の信濃は、

諏訪頼重と小笠原貞宗が、

収めてるんじゃないの?」

貞宗よりも(無駄に)偉い感じなんだよ😅

🤡「()内が気になる」

圧政に耐えかね保科弥三郎が兵を挙げる!

そして、その(愚物)国司が圧政を敷き、

住民の不満がたまる。

🤡「そうなるだろうね」

そして川中島の住人、

諏訪神党の保科弥三郎が、

国司の圧政に耐えかねて、

兵を挙げた。

🤡「おお!

一揆とか乱とか、

そんなヤツだな!」

保科党を逃すため?逃若党が参戦!

🤡「そして北条時行たちが、

その一揆に参加するわけ?」

参加というか、

保科党は勝ち目がないので、

時行の一派が保科党を逃す

ために参加するんだ。

🤡「自分が逃げるだけでなく、

他人を逃すのか」

そう!

保科党を無事に逃がして、

保科党を北条時行の味方に付ける戦い!

それが4巻のメインの話です!

あと逃若党の面々の心温まる話や、

鎌倉を占領する、

足利直義ら敵の面々も、

個性豊かな敵が登場するよ!

🤡「楽しそうだな!」

保科党と国司の戦いが4巻のメイン!

時行ら逃若党は、

保科党を逃すことができるのか?

逃若党の心温まる話も?

敵の鎌倉方・足利直義の軍の、

個性豊かな面々も登場!

逃げ上手の若君4巻は、

そんな内容です!

「逃げ上手の若君」4巻の感想

🤡「逃げ若4巻、

どんな印象だった?」

ネタバレせずに言うと、

歴史の史実が題材なのに、

少年漫画にうまく仕立てる事が、

できてきてるな〜。

という印象。

🤡「少年漫画らしくなってきた

ということ?」

そう。

味方も敵もキャラクターが立ってきて、

活き活きと動いてた。

🤡「なるほど。

そういう感じか」

「そして、さらに強い敵が!」

というのも少年漫画らしい所だよね。

🤡「歴史の逸話が、

王道の少年漫画に仕上がってる

というわけか」

そう!

5巻以降も面白くなりそうです!

「逃げ上手の若君」4巻まとめ

  • 京から(愚物)国司・清原信濃守がやってきて圧政を敷く
  • 川中島の保科弥三郎が圧政に反抗して兵を挙げる
  • 絶対勝てない保科党を逃すため、北条時行ら逃若党が参戦。
  • 心温まる話も!敵・足利直義方も個性的!
  • 味方も敵もキャラクターが立って、活き活きと動いてる。歴史物なのに少年漫画らしくなってきた!

という感じで、

逃げ上手の若君4巻の、

あらすじと感想を書きました!

🤡「まだ読んでない人は、

上のリンクからゲットしてください!」

逃げ上手の若君や、

北条時行、中先代の乱については、

他にも記事を書いてます!

🤡「逃げ若の背景がよく分かるかも?

読んでみてください!」

それでは今日はこの辺で失礼します!

🤡「さようなら〜!」

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!