【「新島八重と戊辰戦争」の感想】自決ばかりで悲惨な会津戦争!会津藩のトップは無能ばかり?

2021年9月7日

広告

こんにちは〜!

カワタツ( @TKkidd_mbht )です!

今日は、

戊辰戦争の会津戦争と、

その時「ジャンヌ・ダルク」と呼ばれた女性

について書かれた歴史の本

のレビューです。

「新島八重と戊辰戦争」。

何年か前の大河ドラマで。

「八重の桜」

やってましたよね?

「八重の桜」の主人公、

山本(新島)八重(やえ)

と、

戊辰戦争での会津

の事を書いた本。

会津戦争は「八重の桜」を

チラ見した程度。

興味があって読んでみました。

戊辰戦争の戦役の一つ、

会津戦争は具体的にどんな戦いだったのか?

白虎隊が好きな人にも、

オススメできる本です!

読みやすい本だけど、内容は悲惨?

「新島八重と戊辰戦争」、

文字数少なめで、

割とスラスラ読めます。

しかし、

「○○の家族、自決。」

「××の家族、自決。」

みたいな話ばかりで、

かなり悲惨…😅

「実際にこういう事があった」という事を、

1人の人や1家族ごと

に逐一紹介してあります。

また、

会津藩士の家族が他藩領に逃げると、

官軍に報告され処刑されたりしてる。

過酷。

何も関係ない人も、

追い込んでしまって辛いです。

会津藩のトップは無能ばかり?

会津戦争時の会津藩主、

松平容保(かたもり)は、

鳥羽伏見の戦い徳川慶喜と共に、

大阪城から脱出し、

軍艦で江戸に逃げ帰った話が有名ですね。

他の重臣も戦前から、

若い人材を採用せず

古い考えにこだわり、

新しい考えをはねのけた。

革新的な意見はことごとく

採用されなかったそうです。

戦いがいざ始まろうという時にも、

食料を備蓄する事も

しなかったそう。

戦争が始まっても

槍や刀で戦おうとした

らしいですが、

洋式軍備で固めた官軍に、

大砲をバンバン💣💥

打ち込まれたら、

勝てるはずがないですよね〜。

まとめ

  • 会津戦争は悲惨
  • 会津藩の重臣は無能ばかり。大砲・新式銃など洋式軍備を整えた官軍に、刀や鉄砲で戦おうとした。食料を備蓄する事もしなかった

2020年3月に会津若松に行きました。

白虎隊が自決した飯盛山、

新島八重の像がある鶴ヶ城に行きました。

それまで、あまり白虎隊や会津藩に、

興味がなかったんですが、

現地に行くと気持ちが分かりますね😓

それでは今日はこの辺で失礼します!

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!