【岡山の歴史・歴史上の人物の本10冊を紹介!】宇喜多直家・秀家、池田光政など!

2022年6月28日

広告

こんにちは〜!

カワタツ( @TKkidd_mbht )です!

🤡「どーも!

デルピエロです!」

ねえ。

岡山県民だったら、

地元・岡山の歴史を知りたい!

そう思うよね?

🤡「ん?

まあ本をよく読む人は、

そうだろうね」

というわけで今日は、

岡山の歴史の本、

もしくは、

岡山の歴史上の人物の本

を10冊紹介します!

岡山の歴史の漫画、

宇喜多直家・秀家の小説、

宇喜多秀家の真実を書いた本、

岡山ゆかりの歴史上の人物が滅亡、

裏切った関ヶ原の合戦の本、

岡山藩の名君・池田光政や、

その祖先・池田輝政などの、

歴史上人物の本や、

岡山の歴史の雑学本

など、

いろいろな岡山の歴史・

歴史上の人物の本を紹介します!

岡山の歴史を漫画で描いた本

まずは、

岡山の歴史を、

漫画で分かりやすく描いた本

を紹介します!

🤡「おっ、

それは岡山の歴史を知らない人でも、

分かりやすくて良いね!」

複数の岡山の歴史上の人物を、

知る事もできる、

岡山の歴史初心者向けの本でも、

ありますよ!

「戦国武将・宇喜多四代

ー岡山城築城物語ー」

です!

🤡「四代?

宇喜多は直家・秀家しか知らないけど」

直家の祖父・能家(よしいえ)が、

島村貫阿弥に殺される所から、

始まるんだよね。

🤡「いきなり血生臭い」

そこから宇喜多直家が成り上がり、

秀家が関ヶ原の戦いで負けて、

池田家が入ってくる所まで、

書いてあります。

宇喜多直家・秀家から、

小早川秀秋、池田家まで、

岡山の歴史と、

岡山ゆかりの歴史上の上の人物について、

漫画で分かりやすく知る事ができますよ!

🤡「岡山の歴史について知りたいけど、

字だけの本を読むのは苦手という人、

読んでみてください!」

宇喜多直家の小説

岡山ゆかりの歴史上の人物というか、

岡山の戦国武将といえば?

🤡「そりゃ一番有名なのは、

宇喜多直家だよね!」

そう、裏切りや暗殺を繰り返して、

成り上がった、

岡山の戦国武将、

宇喜多直家の小説を、

紹介します。

木下昌輝さんの

「宇喜多の捨て嫁」

という小説なんですが、

宇喜多直家本人や、

娘など周りの人々を中心に、

短編で宇喜多直家の姿を描いてる小説です。

🤡「宇喜多直家と言えば、

暗殺とか結構エグいこともやってる印象」

そう。

奥さんの父親を殺したりとか、

娘を嫁にやった家を攻め滅ぼすとか、

日本の歴史上初の、

鉄砲での暗殺を行ったりとか😅

🤡「エグいよ〜!」

そのせいか全体的に、

不気味な雰囲気をまとった小説。

そこが面白いと思ってます。

🤡「岡山ゆかりの歴史上の人物、

宇喜多直家についての、

小説を読みたいと思ってる人、

読んでみてください!」

宇喜多秀家の小説

さらに続けて、

岡山ゆかりの歴史上の人物の本。

次は直家の息子、

宇喜多秀家の小説です。

🤡「おっ、貴公子」

「宇喜多の楽土」。

🤡「『宇喜多の捨て嫁』と同じ、

木下昌輝さんの小説か」

豊臣秀吉の養子となり、

秀吉から「秀」の字をもらった秀家。

備前宰相と呼ばれ貴公子扱いされたが、

お家騒動で家臣の大半が離れた。

関ヶ原の戦いでは西軍に属し、

負けて八丈島に流された。

🤡「家臣に見放された貴公子が、

島流しに合うのか。

結構辛い」

そう、「宇喜多の楽土」は、

そんな宇喜多秀家の一生を、

描いた小説です。

🤡「岡山生まれの悲劇の貴公子?

宇喜多秀家について、

小説で知りたい人は、

読んでみてください!」

宇喜多秀家が五大老まで出世した理由とは?

🤡「『宇喜多の楽土』、

面白かったけど、

もっと詳しく、

宇喜多秀家の真実を知りたいな」

そんな人には、

この本!

「宇喜多秀家 

秀吉が認めた可能性」。

秀家が五大老まで出世した理由や、

家臣が秀家からたくさん離反した、

宇喜多騒動の詳細、

さらには関ヶ原の戦いで秀家が負けて、

農民に匿われ、

島津家に匿われ、

八丈島に入るになった経緯も、

書いてあります!

🤡「秀家は、お坊ちゃんだったのかな?

そこも知りたいな」

少し難しい本ですが、

上手い読み方を上の記事で書いてます!

岡山ゆかりの歴史上の人物、

宇喜多秀家の本、

読んでみてください!

岡山ゆかりの歴史上の人物が滅亡&裏切り?関ヶ原の合戦の真実とは?

さて次は、

関ヶ原の合戦についての本を、

紹介しようと思います!

🤡「え?

岡山の歴史と関係ある?」

関ヶ原の合戦で、

岡山の大名・宇喜多秀家が没落し、

関ヶ原の合戦で西軍を裏切った、

小早川秀秋が、

秀家の後に岡山に入ってきた。

十分岡山の歴史上の人物の運命と、

岡山の歴史に関係があると思うんだよ。

🤡「なんか無理やりくさい感じするけど、

まあ良いか」

それにこの、

「天下分け目の関ヶ原合戦はなかった」

という本、

とても面白い本なんだ。

🤡「無理やりにでも紹介したいほど、

面白い本だってか!

どう面白いの?」

この本に書かれてる、

最近分かってきた関ヶ原の合戦の史実、

よく知られる従来の説とは、

大分違っているという事さ。

🤡「え?

徳川家康率いる東軍と、

石田三成率いる西軍の、

大軍同士の天下分け目の合戦が、

あったって話だよね?」

いや大軍同士の戦いはなかったし、

石田三成は西軍の大将じゃなかったんだ。

🤡「マジかよ!」

関ヶ原の合戦について、

従来の説を知ってる人に、

読んで欲しいです!

やや上級者向けの本!

岡山の歴史上の人物が滅亡し裏切り、

運命を大きく変えた合戦!

岡山の人にとっても、

読む価値は大きいですよ!

池田光政の本

今までは宇喜多の話だったけど、

次は別の家の、

岡山ゆかりの歴史上の人物についての本。

🤡「ん?

次は小早川秀秋か?」

いや池田家の話になるね😅

岡山池田家の有名な藩主といえば?

🤡「池田光政?」

その通り!

岡山の名君・池田光政について、

書かれた本です!

小説じゃないので、

結構難しいです!

🤡「それに2860円と少し高いですが、

興味のある方は読んでみてください!」

池田光政は、

今の岡山の基礎を作ったとも言える、

歴史上の人物です!

読む価値はあります!

池田輝政の本(岡山藩主の祖先)

岡山と直接の関係がある、

歴史上の人物ではないですが、

岡山池田家の祖先、

池田輝政の本もあります!

🤡「家康に信頼されて、

120万石の領地を持ってたんだよね」

実は池田輝政の墓は、

備前市吉永町の、

和井谷池田家墓所にあります。

🤡「池田輝政も、

まあ岡山ゆかりの歴史上人物と言えるかな」

姫路城を作った人でもあるので、

読む価値あると思います!

ぜひ読んでみてください!

江戸時代の岡山の海運の本

これは他と一味違って、

岡山や瀬戸内海の海運について、

書かれた本です。

🤡「難しくない?」

でも、岡山の船がどこへ米を運んでたのか、

もしくは、

今はただの住所にしかないけど、

昔は栄えてた港町

とか、

岡山の昔の姿が分かる本なんだよね。

🤡「へえ〜」

金岡とかとかが昔は栄えてたり、

岡山から東北や金沢なんかにも、

米を運んでた事がわかります。

言うなれば岡山の海の歴史の本!

面白いですよ!

岡山の地理・地名・地図の謎が分かる本

次は、その名の通り、

岡山の地理・地名・地図の謎が、

書かれてる本です。

🤡「雑学的に読みやすくした本だな」

例えば、

「矢掛や真備を通る小田川が、

昔は今とは全然違うルートを流れてた」

とか、そんな感じの岡山の歴史が、

たくさん書いてあります!

🤡「え?

気になるな〜!」

これは是非、

岡山県民に読んでもらいたいです!

地元の身近な場所の歴史が、

書いてあり、

親近感が湧きますよ!

昭和以降の岡山の歴史本?

最後に1冊。

🤡「これって岡山の歴史本とは、

少し違うんじゃない?」

いや、

昭和からの歴史雑学本

と捉える事はできると思って。

🤡「なるほど」

岡山市と倉敷市の合併話とか、

岡山に首都移転する話とか、

いろいろ面白い話が載ってます!

津山市や高梁市などの、

説明もあるので、

今の岡山県の情勢が気になる人に、

読んでもらいたいです!

以上、岡山の歴史の本、

もしくは岡山の歴史上の人物の本、

10冊を紹介しました!

🤡「読んでみたい本はありましたか?」

全て自信を持っておすすめできる、

面白い本です!

読んでみてください!

ところで電子書籍サイトって、

使ってますか?

個人的にオススメなのが、

hontoです!

電子書籍のクーポンがたくさん出てますし、

丸善やジュンク堂の店舗の

在庫検索ができます!

丸善・ジュンク堂店舗で、

紙の本を受け取る事もできますよ!

今日紹介した本も、

hontoの在庫検索や、

店舗取り寄せで購入しては、

どうですか?

便利なので試しに登録してみてください!

それでは今日はこの辺で失礼します!

🤡「さようなら〜!」

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!