【ブルーロック・ラヴィーニョ】モデルは?

2023年2月2日

こんにちは!

ブルーロックの

ラヴィーニョの

プレイスタイルは?

モデルは?

という事をまとめてみました!

ネオ・エゴイストリーグで

FCバルチャの

マスターストライカー!

どんなプレイをするのか、

気になる人は読んでみてください!

ラヴィーニョのプレイスタイルは?

ラヴィーニョって
どんなプレイをするの?

  1. 蝶(バタフライ)のイメージで「ジンガ」をルーツに独創性を高めたプレイ
  2. “世界一"をイメージして高められた独創性
  3. 「ダンスマン」の異名を持ち、意表を突くプレイなら世界一

この3点を1つずつ説明します!

ラヴィーニョのプレイについては

19巻の29〜39ページ

110〜122ページに書いてあります!

イメージは「蝶(バタフライ)」!「ジンガ」をルーツに独創性を高めたプレイ!

ラヴィーニョのイメージは、

蝶(バタフライ)

らしいです。

蝶のように
舞うようなドリブルを
するの?

そう。

「ジンガ」という、

「フラフラする」「揺れる」を意味する

プレイスタイルが得意だそうです。

フラフラ揺れるような
ドリブルをするの?

そう。

「ジンガ」とは、

格闘技と音楽が融合した、

カポエイラから来た言葉で、

上半身の揺れるような脱力と

足元のボールが

吸い付くようなタッチ。

これを「ジンガ」というらしく、

ブラジルのスターたちは

このジンガのリズムをルーツにした

プレイをしていたそうです。

ジンガは
ブラジルのスター選手は
みんな身につけてる
ものなのか!

ラヴィーニョのプレイは

蝶(バタフライ)のイメージ!

ジンガという上半身の

揺れるような脱力と、

足元のボールが吸い付くようなタッチを

ルーツにしたプレイをします!

ebookjapanに登録すると「ブルーロック」の電子書籍が6冊まで70%OFF!

世界一をイメージして独創性を高める!

そしてラヴィーニョは、

スーパースターのモノマネをして、

このジンガを自分のものにした。

世界トップクラスの
プレイヤーも
最初は人のマネを
してたんだね!

そして、

このジンガをルーツに、

自分だけの

“世界一"のイメージ

を作り、

自分のプレイの独創性

高めていったみたいです。

蜂楽の
”かいぶつ”と
同じ感じか!

そう。

そしてラヴィーニョは

蜂楽の"かいぶつ"を

進化させる助言を与えます。

蜂楽もこれにより、

さらなる進化を遂げましたね。

ここについても、

機会があればまとめたいと思います。

とにかく、

ラヴィーニョは

ブラジルのスーパースターの

マネをして、

ジンガを手に入れた!

さらに自分だけの"世界一"の

イメージを合わせて、

自分のプレイの独創性を高めています!

異名は「ダンスマン」?意表をつくのは世界一!

そしてラヴィーニョは

「ダンスマン」の異名を持ち、

そして、

「意表を突く」能力では世界一

だそうです!

ダンスマンって
踊るように
ドリブルを
するってこと?

そう思うだろうけど、

そうではないらしい。

え?
じゃあ何?

ドリブルに翻弄される人間が

踊る様に倒れていく姿が

「敗北のダンス」を意味するからだ。

とブルーロックの世界で最強の男、

ノエル・ノアが言ってました😅

踊るのは
ラヴィーニョではなく
抜かれて倒れた
ディフェンダー達の方!

FCバルチャと

バスタード・ミュンヘンの試合で、

ラヴィーニョに抜かれた

バスタード・ミュンヘンのDF達

抜かれて踊るように倒れてましたね😅

意表を突かれて
倒れるのかな?

とにかく、

ラヴィーニョは「ダンスマン」の

異名を持ち、

意表をついたら世界一!

ラヴィーニョに抜かれた

ディフェンダーが

踊るように倒れることから

「ダンスマン」と呼ばれたそうです!

ラヴィーニョのモデルは?

ラヴィーニョって
誰かモデルは
いるのかな?

ネットで検索した所、

ロナウジーニョ

という人が多かったですね!

プレイスタイルは
似てるけど、
見かけの雰囲気は
違う気がするけどな〜?

僕も正直、

ロナウジーニョは違う気がします😅

見かけは

ネイマールっぽい雰囲気

ありますよね😅

でもネイマールという意見は

検索した感じ0だったので、

採用しません😅

名前だけなら

ロビーニョとも似てますよね!

というか、

ブルーロックの選手全員に、

実在の選手のモデルがいるとは限らない

と思うんですけどね〜。

正直言ってラヴィーニョに

具体的なモデルは

いない気がします!

他の方の記事では

ロナウジーニョという意見でしたが、

私はいないと思ってます!

ネオ・エゴイストリーグ

FCバルチャについても

記事を書いてます!

マスターストライカーについては、

上の記事で説明してます!

無料会員登録で「100冊まで全部40%OFF」Amebaマンガ

Amebaマンガに登録すると

「ブルーロック」全巻の電子書籍が

40%OFF!

(広告)

ブルーロック・ラヴィーニョまとめ

  1. ラヴィーニョのプレイは「蝶」(バタフライ)のイメージ!ジンガという上半身の揺れるような脱力と足元のボールが吸い付くようなタッチをルーツにしたプレイ!
  2. ラヴィーニョはブラジルのスーパースターのマネをしてジンガを手に入れた!さらに自分だけの"世界一"のイメージを合わせて自分のプレイの独創性を高めている!
  3. ラヴィーニョは「ダンスマン」の異名を持ち、意表をついたら世界一!ラヴィーニョに抜かれたディフェンダーが踊るように倒れたことから「ダンスマン」の異名がついた。
  4. ラヴィーニョのモデルはいないと思う!(個人的な意見)

プレイスタイルだけで
3項目を書く必要がある
すごいプレイヤー
なのに
出番が19巻だけなのが
残念だよね!

この後、

ラヴィーニョの出番はあるのかな?😅

レオナルド・ルナと
糸師冴の
レ・アールと
バルチャで
クラシコやったり
しないかな?

世界選抜戦で出てきた、

同じブラジル人のダダ・シウバとは

仲が悪い気がします。

なんとなく😅

ちなみに「ブルーロック」、

電子書籍なら

安く読めますよ!

詳しくは上の記事

読んでみてください!

全巻40%OFFで

読めます!

以上です!

もし間違った所があれば、

コメントしていただけると

ありがたいです!

この記事の感想

コメントいただけると嬉しいです!

Twitterのフォローも、
よろしくお願いします!

それでは今日はこの辺で失礼します!

さようなら〜!!

最後まで読んでいただいて、

ありがとうございます!