【海音寺潮五郎「列藩騒動録」上巻感想】江戸時代のお家騒動について詳しく知りたい人にオススメ!

2021年9月7日

広告

こんにちは〜!

カワタツ( @TKkidd_mbht )です!

今日は、

江戸時代のお家騒動

について書かれた本のレビューです!

海音寺潮五郎さんの

「列藩騒動録」

上巻を紹介します!

江戸時代の各藩のお家騒動について、

詳しく知りたい人に、

オススメしたい本です!

小説というには少し難しいです!

江戸時代の各藩のお家騒動について詳しく書いてある?

「列藩騒動録」、

上巻は薩摩・伊達・黒田・佐竹・越前

・越後高田の、6藩のお家騒動について

書いてあります。

薩摩のお家騒動は、

大河ドラマ「西郷どん」でも触れられた、

島津斉興と斉彬父子の対立の話が、

収録されてます。

斉興・斉彬父子の家督を巡る争いから、

斉彬が死ぬまでの、

島津家のお家騒動。

伊達は政宗の6男くらいの人と、

政宗の孫のお家騒動だったかな?

(アバウト)

黒田家のお家騒動は、

大河ドラマ「軍師官兵衛」にも

出てきた栗山善助の息子?の大膳が

死を覚悟して主人を諌める話。

佐竹家のお家騒動は、

登場人物が多すぎて

わけわかんなかったです…(笑)

越前のお家騒動は、

初代藩主の(結城)秀康が

登用した久世(下の名前忘れた…)

という男と門閥家老の対立から、

2代目忠直の乱心までの話。

と雑な解説でしたが、

「列藩騒動録」、

江戸時代のお家騒動について、

詳しく知りたい人に

オススメしたい本ですね。

小説にしては難しい?

ただ「列藩騒動録」、

小説ですが、

かなり細かく調べられてて、

小説ではなく、

ガチで検証された

歴史の本

と思って読んだ方が良いかも。

小説の様にスラスラ読めない、

難しい本です。

まとめ

  • 「列藩騒動録」上巻は薩摩・伊達・黒田・佐竹・越前・越後高田の6藩のお家騒動について詳しく書いてある。
  • 「列藩騒動録」は小説だけど、ガチ検証本の様に難しい内容。

感想

皆さん、お家騒動に興味ありませんか?

僕は読んでてめちゃめちゃ楽しかったです!

他人の不幸は蜜の味😅

お家騒動だけでなく、

江戸時代の藩のいろいろな事が分かります。

その点でも面白かったです!

それでは今日はこの辺で失礼します!

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!

読んでませんが、

もちろん下巻も出てます!😅