小川裕夫「ライバル駅格差「鉄道史」から読み解く主要駅の実力」

2021年9月7日

広告

こんにちは〜!

カワタツ( @TKkidd_mbht )です!

今日は、

東京の鉄道駅

に関する本のレビューです!

東京や首都圏の鉄道に詳しい、

または興味がある人に、

読んで欲しい本です!

地方の人には、

ピンと来ないかも?

僕もそうでしたが😅

「ライバル駅格差『鉄道史』から

読み解く主要駅の実力」

という本。

著者の小川裕夫さんの本は以前も読んでて、

「ライバル駅格差」も面白そうで

読んでみました。

東京の主な駅から

ライバル性のある駅を2つ挙げ、

その駅の役割とその沿線の歴史まで

詳しくまとめてある感じです。

西日本の人間なんで

東京にはそんなに詳しくなくて、

分からない駅も多かったんですが、

それでも楽しめました!

やはり鉄道と合わせて、

その沿線の土地開発がされ、

駅が発展してきたとか、

逆にある地域に人を集めるために

鉄道を通したとか。

東京っていろいろな駅に

役割が分担されてて面白いですね。

ただ電車に乗るためだけに

東京に行くのも良いかと思えました。

小川裕夫さんの本は、

これも面白かったです。