【小前亮「西郷隆盛」感想】スラスラ読める?歴史小説初心者で西郷隆盛について知りたい人にオススメ!

2021年9月7日

広告

こんにちは〜!

カワタツ( @TKkidd_mbht )です!

2018年に、

大河ドラマ「西郷どん」

やってましたね。

色々言いたいドラマでしたが、

今日紹介する本は、

タイトルそのまま、

西郷隆盛

という本。

小前亮さんの

西郷隆盛

という本を紹介します。

小前亮「西郷隆盛」は読みやすくて歴史小説初心者向けの小説?

分厚い本の割に文字数は少なめ。

読みやすく、

上下巻合わせて1週間ほどで

読めたでしょうか。

上巻は西郷が島津斉彬

見出されて出世し、

薩長同盟からの

第二次長州征伐まで

下巻は大政奉還江戸開城

征韓論西南戦争など。

ライトノベルみたいに、

スイスイ読めました。

歴史小説って、

あまり読んだ事ないけど、

西郷隆盛について知りたい!

という人にオススメできるかも

しれません。

訛りがなく標準語で書かれていて読みやすい

歴史小説って、

歴史上の人物が生まれた土地の、

方言が会話に取り入れられてる事も

多いですが、

小前亮さんの「西郷隆盛」は、

登場人物に鹿児島弁など、

訛りがなく標準語

会話されているので、

読みやすいかも。

西郷も大久保も、

坂本龍馬も標準語。

「方言がないと物足りない!

リアリティがない!」

っていう人もいるかもしれませんけど、

とりあえず、この点でも読みやすく、

歴史小説初心者には良いかも!

この本を読んだ後、

池波正太郎さんや海音寺潮五郎さんの、

西郷隆盛の本を

読んだら良い感じのステップアップに、

なるかもしれません。

まとめ

  • 小前亮「西郷隆盛」は読みやすくて歴史小説初心者にオススメ!
  • 訛りがなく標準語で書かれてるので、これも歴史小説初心者には良い!

それでは今日はこの辺で失礼します!

それでは今日はこの辺で失礼します!

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!