中国のSF小説「三体」の感想!物理や天体の話が難しいけどVRゲームや太陽が3つある「三体世界」が面白い?

2021年9月7日

広告

こんにちは〜!

カワタツ( @TKkidd_mbht )です!

🤡「どーも!ピエロです!」

今日は

中国のSF小説

のレビューです!

🤡「おお!

タイトル見た感じ、中国の本だから、

中国関連という事で、

武漢のプールの話でも

するのかと思ったよ」

マスクしてプール入るのも

濡れて変だし、

プールの水だから

消毒薬キツめに

入ってるんじゃないかな?

まあ、それは置いといて。

🤡「置くんかい」

詳しく話したら、ややこしそうだろ?

今日は、

中国の「三体」という

SF小説の感想

を書きたいと思います!

🤡「中国のSF小説?」

三体、

面白いSF小説なんですが難しい。

物理や天体などに詳しい人には、

より楽しめると思います!

中国のSF小説「三体」を読んでみようと思ったきっかけは?

🤡「でも中国のSF小説なんて、

どこで見つけたの?」

いや、本屋にあまり行かない人には

ピンと来ないかもしれないけど、

「三体は今、

どこの本屋でも置いてある」

んだよね。

🤡「え?

「三体」は売れ筋の本なの?」

そう、世界中でヒット💥

してるらしい。

オバマアメリカ大統領が

『三体』を愛読してた」

とか、そんな話もあるよ。

🤡「へえ〜」

漫画「どくヤン!」で、

SF小説ヤンキーが紹介してたり、

色々な所で「三体」の名前を

よく聞きました。

というわけで気になって読んでみました。

「三体」はサスペンス要素のあるSF小説?

 「三体」は2006年に

連載が始まった小説

なんですよね。

🤡「え?

14年前のSF小説

日本には大分遅れて入ってきたんだね」

欧米に先に入って、

その後、日本語に翻訳され、

日本に入ってきた

みたいなんだよね。

🤡「なるほど。

で、そろそろ三体の感想を教えてよ」

最初は文化大革命の事とか、

よく分からず読んでるだけでした。

しかし途中から不気味な兆候が。

🤡「不気味な兆候?

それってネタバレしない様に

伝えられる?」

「空中に浮かぶ数字」とか、

「自殺」とかかな。

SF小説の要素だけでなく、

サスペンス的な要素

もあるという事。

🤡「サスペンス?

じゃあ

『崖の上で真相を暴く』

みたいなシーンも

あるの?(笑)」

う〜ん、

「崖から落ちそうで危ない」

みたいなシーンならあるかな。

🤡「う〜ん、

近い様な遠い様な」

物理や天体の話が難しい?

とにかく「三体」では、

物理や天体の理論

が、たくさん語られてて、

難しかったです。

🤡「ややこしそうだね。

「100%理解できた」

とは言えない感じ?」

残念だけど、そうだね。

でも三体世界と、

三体世界を崇拝する

教団の様な存在

VRゲームの内容が面白かったです。

🤡「VRゲームって…

SFとは言えど14年前の小説なのに、

最先端な感じがあるね」

その通り。

物理とか難しい話が多い分、

最先端の話は多かった。

そして、

登場人物がVR

ゲームをするシーン

がたくさん出てくる。

そして、

VRゲームの舞台が、

「三体世界」。

「三体世界」は太陽が3つある世界?

🤡「さっきも出てきたけど、

『三体世界』って、

どんな世界?」

それを説明するのは簡単だよ。

太陽が3つある

世界☀️☀️☀️

🤡「え?太陽が

3つもあったら、

めちゃめちゃ

暑い世界🔥

なんじゃない?」

そうなんだけど、

これ以上言ったらややこしいし、

ネタバレになりそうだなあ。

あと「飛刃」のシーンが印象的。

「衝撃的」と言った方が良いのか。

大きな戦艦の様な船が

○○○○されて、

人もたくさん死ぬのが衝撃的。

🤡「なんだか怖そう」

「三体」には続きの本がある?

「三体」には続きの

「三体Ⅱ」も出てます。

🤡「続きがあるんだ。

でも14年前のSF小説なら、

とっくに続きが出ててもおかしくないね」

そう、

でも「三体Ⅱ」まで

読もうとは

思ってなかった😅

🤡「え?何で?」

面白いけど単純に難しいから。

ちょっと読むのしんどかった。

🤡「そうか〜。

『100%理解できたとは言えない』

って言ってたもんね」

でも一昨日Instagramに、

「三体」の感想を投稿した時、

「難しいから、

『三体』の続きを

読むのはやめます」

って書いたんだよね。

🤡「?

ほうほう」

Twitterにもシェアしたんだけど、

「三体」の感想にリプライを

送ってくれた人がいた。

🤡「うんうん」

その人によると、

「Ⅱは『三体』より

簡単で

更に面白いですよ」

という事らしいんだよね。

🤡「え?じゃあ?」

うん、「三体Ⅱ」の方も

読んでみる気になった。

🤡「読んだら、また感想教えて」

まとめ

  • 「三体」はサスペンス要素のあるSF小説
  • 物理や天体の話が難しい
  • VRゲームの舞台「三体世界」は太陽が3つある世界。とても暑い
  • 「三体Ⅱ」は「三体」より簡単で面白いらしい。読む気になった。

というわけで中国のSF小説「三体」

の感想でした。

それでは今日はこの辺にしときます!

🤡「さようなら〜!」

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!