【上橋菜穂子「精霊の守り人」シリーズ感想】

2021年2月13日

こんにちは〜!

今日は、

ファンタジー小説

?のレビューです!

上橋菜穂子さんの

「精霊の守り人」シリーズを、

4作目まで読みました。

小説を読むなら、

現代が舞台でない、

想像するのが難しいもの

が好きです。

例えば、歴史、SF、

ミステリー、

そしてファンタジー

その範疇の小説で、

「面白い物ないかな?」と探していました。

すると、

NHKドラマもやっていた

精霊の守り人」シリーズが思い浮かび、

ブックオフで買ってきました。

主人公のバルサを中心とした、

人間関係を重点に置いた話。

さらに、

超常現象が起こり、

別世界の話も。

政治や戦争の話もリアルです。

面白くて一気に4作目まで

読み進めてしまいました。

4作目まで一番下に広告貼っておいたんで、

良かったらココから買ってください。