【「世界マヌケ反乱の手引書」感想】少しで良いから世界を変えたい人にオススメ!バカセンターを作りたい?

2021年9月7日

広告

こんにちは〜!

カワタツ( @TKkidd_mbht )です!

今日は、

少しで良いから

世界を変えたい人のための本

のレビューです。

「世界マヌケ反乱の

手引書」。

松本哉(はじめ)

という、

リサイクルショップの店長さん

が書いた本です。

Amazonから来た、

「こんな本あるよ!」メールに載ってて、

表紙がバカッぽくて面白いので、

買ってみました。

ほんの少しで良いから、

世界を変える様な事がしたい!

とか思っている人にオススメします。

「世界マヌケ反乱の手引書」はどんな本?

著者の松本哉さんは、

東京の高円寺にあるゲストハウス、

「素人の乱」などをやってる方。

内容もタイトルそのまま

「マヌケ反乱の手引書」で、

「少しふざけた内容の本が読みたい」

と思って買ったんですが、

中身を見ると思いの外、

実践的な本。

要は、

「今住んでる近所や日本中、

または世界中の

バカな人たちと交流し、

どれだけバカな集まりを

やれるか?

それがお金持ちばかりで

回ってる、

世の中に対する反乱になる」

という事を言っています。

「マヌケ反乱」をどう実践する?

「今日〇〇で、

(街角のベンチみたいな所)

みんなで集まって酒のもう!」

とか書いたビラを駅とかで撒いて

急遽酒を飲む集会を開いたり、

(警察に注意される事もあるけど

結構人が集まるらしいです)

儲けに走らない、

貸しイベントスペース

みたいなバーや店

をやる。

さらに、その店の作り方まで

実践的に説明してあります。

お金の問題や、

消防署・保健所の

チェックの抜け方とか、

まともなやり方も

無理やりなやり方

も織り交ぜて、

面白おかしく紹介してあります😅

国内外の「バカスペース」も紹介!

そしてさらに、

日本国内や海外の

「バカスペース」

も紹介されてます。

「バカスペース」は上記の様な、

バカな人達が集まって、

ライブだったり

イベントだったり、

好きな事をやれる場所。

場所によっては、

警察と戦ったりする過激な所も

あるそうです😅

韓国、香港、台南や、

ドイツとかヨーロッパまで、

ゲストハウスとかバーとか、

いろいろな形態で、

バカなスペースが紹介されています。

「ちょっと普通と

違う変わった旅行が

したい!」

と思う人は読んでみたら、

面白いかもしれません。

「バカスペース」は、

日本国内にも結構ある様です。

まとめ

  • 近所や日本、または世界中のバカな人達と交流し、バカな集まりをやる。それが金持ちばかりで回ってる世の中への反乱になる
  • 街角のベンチとかで酒を飲む集会を開いたり、儲けには知らないバーや貸しイベントスペースみたいな店をやる方法が書いてある
  • 世界中の「バカスペース」が書いてある

法に触れずに世の中に反乱を起こしたい人、

読んでみてください!

爆弾とか使っちゃダメよ😉

一昔前は、

「飲食店やりたい!」

とか思ってましたが、

「生半可に飲食店なんか出しても

経営できないかも」

「やめとこう」

と思っちゃったんですよね。

しかし、こういう

「儲かる事を考えない、

『あくまで集合場所』

としての店を作る」

と考えれば、

「これはアリかも!」と思えました。

お金持ってなかったり、

良い意味で頭のおかしい人や、

無職の人の本

など、もっと読んでみたいです。

それでは今日はこの辺で!