【影女とは?】ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王

広告

こんにちは!

ダイの大冒険

勇者アバンと獄炎の魔王

影女

について説明します!

  • 影女とは?
  • 正体は?
  • 影女になったら、どうなる?特徴は?

の3点を説明しています!

セクシーな影女が気になる人など、

読んでみてください!

勇者アバンと獄炎の魔王の

理解の手助けになると、

ありがたいです!

ebookjapanなら勇者アバンと獄炎の魔王全5巻がたったの690炎で読める!詳細は記事の最後で!

影女とは?

影女って
何なの?

アバンとロカが

魔の森を通った時。

モンスターに襲われてるのを

助けてくれた。

ナイフを持った、

セクシーな女盗賊みたいな

服を着た女性。

セクシーな
女盗賊!
でも魔の森みたいな
危険な場所に
なぜいるんだろうね?

危険な森に、

村人を近寄らせないため

悪人を演じているんだよ。

アバンたちが来た数ヶ月で

魔の森のモンスターが

どんどん凶暴になり、

村のみんなが傷つくようになった。

しかしレイラたちの忠告も聞かず、

村の力自慢や荒くれたちが

次々と魔物退治に向かった。

それで怪我人が
増えたわけか!
魔の森で怪我人が
出ないように、
パトロールしてる感じだね!

というわけで、

影女は魔の森にでる、

セクシーな盗賊のような女性!

どんどん凶暴になる

魔の森のモンスターで

村の力自慢や荒くれが

怪我しないように

追い返していました!

影女の正体は?

ところで、
影女の正体って
誰なの?

魔の森の村に住む僧侶、

レイラ

ですね!

え!
マァムのお母さん!?

ということは、
上の2人の女性は
同一人物か!

そうなんです!

影女とレイラは同一人物!

魔の森の僧侶で、

マァムのお母さんですね!

影女になったら、どうなる?特徴は?

レイラは
影女になったら
強くなったりするの?

レイラは影女になると、

髪と目の色が真紅になります。

そうなると、

素早さが上がるんですよね。

そのスピードで
モンスターを
ナイフでスパスパ
切ってたのか!

レイラが幼い時、

ピオリム(素早さが上がる呪文)

を契約していたらしいんですね。

でも大人になっても

ピオリムを使えなかった。

影女として戦う時、

自動的にピオリムがかかり、

素早さが上がってた。

それが影女の
スピードの
秘密か!

そういうことです!

レイラが影女になると、

髪と目の色が真紅になる!

そして自動的にピオリムがかかり、

素早さが増します!

ダイの大冒険・勇者アバンと獄炎の魔王・影女まとめ

  • 影女は魔の森に出るセクシーな盗賊のような女性!どんどん凶暴になる魔の森のモンスターで、村の力自慢や荒くれが怪我しないように追い払ってました!
  • 正体は魔の森の村の僧侶・レイラ!未来のマァムの母親!
  • レイラが影女になると、髪と目の色が真紅になる!そして自動的にピオリムがかかり、素早さが上がる!

しかし僧侶のレイラが、
セクシーな盗賊姿で
モンスターを
スパスパ斬りまくるって
マァムもびっくりだね!

実際にマァムも

どこかでビックリしてたと思う😅

ところで、

勇者アバンと獄炎の魔王、

全巻読みました?

電子書籍なら

安く読めますよ!

オススメは、

ebookjapan!

新規登録後の初回ログイン後に、

70%割引クーポンが6枚も出ます!

(割引の上限は1枚につき500円)

このクーポンを使えば、
「勇者アバンと
獄炎の魔王」全5巻が
(2022年11月現在)
たったの690円
で読めますよ!

残ったクーポンで、

欲しかった文庫本や漫画を、

半額で読む事もできます!

ebookjapanで勇者アバンと獄炎の魔王を70%割引で読む!

新規登録は無料なので、

試しに登録してみても

損はないと思います!

ebookjapanを使う前に、

もっと知りたい!

という人は、

上のリンクに関連記事をまとめてますので、

読んでみてください!

金曜日に16〜40%の
ポイント還元クーポン

が出る、
コミックフライデーなど
お得です!

ebookjapanに既に入会してる人は、

DMMブックスでも

70%割引があります!

Amebaマンガ

なら、

ダイの大冒険の全巻を

40%割引で読めます!

どちらもお得なので、

試してみてください!

以上です!

もし間違った所があれば、

コメントしていただけると

ありがたいです!

この記事の感想

コメントいただけると嬉しいです!

Twitterのフォローも、
よろしくお願いします!

それでは今日はこの辺で失礼します!

さようなら〜!!

最後まで読んでいただいて、

ありがとうございます!