司馬遼太郎の歴史小説を紹介!歴史を知らない人・歴史本の初心者にオススメ!

2021年9月7日

広告

こんにちは〜!

カワタツ( @TKkidd_mbht )です!

今回は司馬遼太郎さんの小説を

紹介してみようと思います。

司馬遼太郎さんの小説は、

キャラクター小説とか、

ライトノベルとか、

歴史に詳しい人に言われています。

それだけ読みやすい。

歴史初心者には、

手を出しやすいと思います!

題材も有名な人や物ばかりですしね〜。

歴史に興味があるけど、

歴史に疎い人、

読んでください!

広告貼ってるけど、

大体ブックオフで手に入ります!

(そんな事言わなきゃ良いのに😅)

燃えよ剣

新撰組土方歳三を主人公にした

上下巻2冊の小説。

元々「るろうに剣心」の

単行本のおまけのページに、

司馬遼太郎の『燃えよ剣』を

参考にして書いた」

と書かれている下りがあ理ました。

剣心もすごく好きだったので、

読んでみたらすごく面白かったんです。

新撰組は京で浪士達を斬りまくる所が

一番華々しい所ですが、

戊辰戦争で賊軍とされます。

新撰組会津藩の組織。

会津松平家親藩だから、

徳川方になります。

しかも新撰組が切りまくったのは、

長州などの攘夷志士。

長州を中心とした新政府軍とは、

敵になる。

鳥羽伏見の戦いで負けてから関東、

東北を転戦し、

近藤勇は処刑され沖田総司は病死する。

辛いんですけど、

転落する儚さが良いんですよね😅

土方歳三も最後五稜郭で落馬して

死ぬんですけど、

その直前のシーンがすごく良いです。

是非「燃えよ剣」を

読んでみてください。

国盗り物語

美濃国(岐阜県)の大名、

斎藤道三が土岐家を利用して、

大名に成り上がり、

マムシ」として大名になるのを

描いたのが1・2巻。

明智光秀は真っ直ぐで魅力的?

そして道三の意思を継いだ、

織田信長明智光秀の話を

書いたのが3・4巻。

明智光秀って、

「謀反を起こした良くない人」

と思ってる人も多いでしょうか?

この本の明智光秀は、

とてもカッコいい。

越前朝倉家や将軍義輝に仕えた後に

信長の家臣となるんですが、

「鉄砲の名人」という、

(架空と思われる)

設定が付けられています。

とりあえず光秀のまっすぐな所と、

鉄砲の名人な所がカッコいい。

一代で土岐家を乗っ取った?斎藤道三

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」を、

見て明智光秀に興味を持った人は、

「国盗り物語」は、

とても読みやすい作品。

良かったら読んでみてください。

さらに言うなら、

信長・光秀より、

斎藤道三がかっこいいです😅

さっきと言ってる事違う😅(笑)

斎藤道三は、

京都で商家の女主人と結婚して、

その商家を乗っ取るんです。

(今の時代だったらとんでもない)

そこから美濃に出稼ぎに

行ったりしていろいろ探ってたら、

いつの間にか美濃に詳しくなって、

土岐家に出入りする様になる。

いつのまにか土岐家に入っていて、

主人の土岐頼芸

(よりあき?よりよし?)を、

自分の思うままに動かせる様になるんです。

挙げ句の果てに頼芸から

奥さん(深芳野)を奪って、

頼芸を追放する。

斎藤道三が土岐家を乗っ取ったのは、

実は親子2代によるものだったと、

説がありますが、

そこはまた別の機会で😅

「国盗り物語」では、

斎藤道三が一代で成り上がる様を、

お楽しみください。

斎藤道三の居城だった、

稲葉山城こと岐阜城に、

登った記事もあります。

良かったら読んでみてください。

世に棲む日日

1・2巻で吉田松陰

3・4巻で高杉晋作を描いた、

こちらも「国盗り物語」と同じく、

継承していく物語です。

長州藩明治維新

「松蔭が始め、

高杉がある程度形をつくり、

伊藤博文井上馨が完成させた」

と「世に棲む日々」作中で

言われています。

諸国を旅して、

自分の志のために脱藩までする

吉田松蔭。

自分が戦っている

(というか圧倒的に攻められている)

最中の軍艦に堂々と乗り込み、

和平を結ぶ高杉晋作

2人の大胆さを、

見習いたいものです。

箱根の坂

「箱根の坂」は、

北条早雲の事を書いた上中下巻の小説です。

歴史好きには盲点かもしれません。

しかし、

すごく面白いんです。

京の伊勢家という、

礼儀作法の大家みたいな家に

生まれた新九郎(早雲)。

妹の千萱(ちがや)が駿河の今川家に

嫁に行くことになりました。

それで応仁の乱で混乱してる、

京を抜け出して、

駿河に向かっていくんだっけ…?

(またうろ覚え…😅)

今川家に入った時、

千萱の亭主の今川家の当主が

討ち死にして、

後継者争いに巻き込まれ、

新九郎は千萱の息子を助け、

今川家の当主として育てていく。

今川家の家臣となった後、

相模や伊豆の方の豪族達を倒して、

小田原城を作って、

初めての成り上がりの

戦国大名となるんでしたっけ?

後北条氏

そんな成り上がりの人物っていうだけあって、

本当に強くてかっこいい。

上の2記事は、

北条早雲の小田原城に行った事を、

書いた旅行記です。

良かったら読んでみてください。

越後長岡藩の家老の

河井継之助

のことを書いた小説です

歴史の王道な人物ではないですが、

すごく面白いです。

上巻の河井継之助は、

諸国を旅して、

備中松山藩(岡山県高梁市)の、

山田方谷の山田方谷に教えを乞いたり、

女遊びしたり自由。

しかし、

下巻では越語長岡藩の家老とな理、

藩全体にかなりキツ目の節制を強いて、

最新の軍備を整えます。

その軍備を持って、

北越戦争会津藩桑名藩と組み、

政府軍と戦った。

という華々しさが良いです。

「坂の上の雲」と「翔ぶが如く」は読むのがすごくしんどい?

ここまで、私が好きなものを

厳選して紹介してみました。

あと司馬遼太郎さんでは、

坂の上の雲」や

翔ぶが如く」なんかもありますが、

これはそれぞれ全8巻、全10巻。

竜馬がゆく」と同じ位の数の巻数。

ですが「竜馬がゆく」と違い、

読むのが非常にしんどいです😅

坂の上の雲」は、

初めの方の明治時代の

人々の暮らしを描いた所が、

すごく好きで、

大河ドラマも面白かったですが、

戦争の描写がかなりしんどい😅

日露戦争が日本の歴史で

重要な意味を持った戦争だというのは、

わかってるつもりなんですけどね。

(負けてたら日本は

ロシアの植民地になってた)

正直「翔ぶが如く」を読むのは、

オススメしません😅

読んだら半年潰れるし、

他の本が読めなくなります😅

関ヶ原

関ヶ原」も映画が始まるので、

触れようかと思ってましたが、

いや、やっぱり最後に

触れておこうかな(笑)

司馬さんって基本的に、

家康が嫌い。

そのため石田三成がカッコよく

描かれてる感じがあります。 

 最後に三成が斬首される所まで

カッコよく書かれてますね。

映画「関ヶ原」も、

まあまあ面白かったです。

取り敢えず小説「関ヶ原」は

石田三成を主人公に敗れた

身の辛さを描いた物語。

面白いですよ。

あと長曾我部元親のことを

描いた「夏草の賦」や、

黒田官兵衛のことを描いた「播磨灘物語」、

大村益次郎のことを描いた「花神」、

千葉周作のことを描いた

「北斗の人」なんかもありますが、

またの機会に。

歴史小説

歴史の教科書で

読んだ人物について、

もっと深く知りたい時に

読んでみる事を

オススメします!

大抵の人物は

面白い生涯を送っています!

それでは最後まで、

読んでくれてありがとうございます!