【4巻までは切ない?5巻以降は能力頭脳バトル?】「葬送のフリーレン」の面白さを説明!

広告

こんにちは〜!

カワタツです!

🤡「どーも!

デルピエロです!」

「葬送のフリーレン」は面白いよね。

🤡「エルフと人間の寿命差の切なさが、

とても良い漫画なんだよね?」

あ、それは4巻までの話だね。

🤡「え?

そうなの?

5巻以降は?」

5巻以降は、

能力頭脳バトル。

ハンターハンターみたいな展開

になってくるよ!

🤡「マジか!

4巻までの展開と、

5巻以降の展開について、

詳しく説明して欲しいな!」

了解したでござる!

葬送のフリーレン を読みたいけど、

いろいろ前情報を仕入れてから、

読みたい人、

もしくは、

🤡「葬送のフリーレン って、

最近よくあるファンタジー漫画でしょ?」

と思ってる人、

読んでください!

葬送のフリーレン は、

よくあるファンタジー漫画とは、

違った面白さがあります!

4巻まではエルフと人間の寿命差の切なさ?

🤡「4巻までは、

エルフと人間の寿命差がテーマ

なんだよね?」

そう。

上の記事にも書いてるから、

ここでは簡単に説明するけど、

主人公のエルフ・フリーレン は、

かつて勇者ヒンメル、

僧侶ハイター、

ドワーフの戦士アイゼンと旅して、

魔王を倒した。

🤡「しかしフリーレン は、

1000歳は生きそうな長寿なんだよな。

エルフは寿命が長い」

そう。

歳を取っても何も変わらない、

フリーレン に対し、

ヒンメルやハイターは歳を取り、

老いて死んでいく。

🤡「切ねえ」

そしてフリーレン は、

ハイターの弟子の魔法使い、

フェルンと、

アイゼンの弟子の人間の戦士、

シュタルクと旅をする。

🤡「自分より相当若い、

2人と旅をする」

そして2人ともフリーレン より、

先に死んでしまうかもしれない。

🤡「その旅も、

そこはなとない寂しさと、

静けさに包まれてる

んだよなあ」

その通り。

そして、そこが良いんだ。

というわけで「葬送のフリーレン」の、

4巻までは、

人間とエルフの寿命差を描いてて、

寂しい雰囲気が出てる。

🤡「それが4巻までの、

面白さなんだよね」

5巻以降は能力頭脳バトル?

そして5巻以降は、

雰囲気が一変します。

🤡「ハンターハンターみたいな、

能力頭脳バトルになるんだっけ?」

そう。

魔法都市オイサーストで、

フリーレン とフェルンが、

一級魔法使いの資格を取るため、

試験を受けるんだ。

🤡「何のため?」

一級魔法使いでないと、

北部高原には入れないんだ。

🤡「ふーん。

その試験が能力頭脳バトルになるわけ?」

そういう事。

ここからは一気に、

登場人物も増えてくる。

🤡「誰がどんな能力を持ってるのか、

覚え切れなくて、

ややこしそう」

そうなんだけど、

それを把握できれば、

面白く感じると思うよ。

僕は2回くらい読み直して理解した。

🤡「難しい漫画は、

読み直した方がいいよね」

その試験がけっこう過酷で、

それを頭脳とそれぞれの能力(魔法)

を使って切り抜けるのが、

葬送のフリーレン 5巻以降の、

面白さだと思ってます!

「葬送のフリーレン 」面白さ・まとめ

  • 4巻まではエルフと人間の寿命差による寂しさ・切なさが良かった。全体的に静かな雰囲気。
  • 5巻以降は一級魔法使いの過酷な試験が舞台。たくさんの魔法使いの能力と、知略を使って過酷な試験を乗り切るのが面白さ。

🤡「『葬送のフリーレン 』、

ただ切ないだけの漫画じゃないんだね」

そう。

他のファンタジー漫画とは、

一味違います!

2021年12月現在、

「葬送のフリーレン 」は6巻まで、

発売されてますが、

今後もどんなバトルがあるのか、

楽しみです!

漫画が豊富なebookjapanで、

金曜日に電子書籍を買うと、

20%ポイント還元されますよ!

🤡「一度使ってみてください!」

それでは今日はこの辺で失礼します!

🤡「さようなら〜!」

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!