【知念実希人「硝子の塔の殺人」のあらすじ!】舞台は?クローズド・サークルの本格ミステリー?

広告

こんにちは〜!

こんにちは!

知念実希人さんの、

「硝子の塔の殺人」

のあらすじ

を、

説明していきます!

  1. 舞台はどこ?
  2. 語り手は?予想がつかない展開?
  3. クローズド・サークルの本格ミステリー小説?

の3点で説明していきます!

「硝子の塔の殺人」が、

どんな小説か知りたい人!

読んでみてください!

円錐形をした塔「硝子館」で殺人事件が起こる?

『硝子の塔の殺人』って、
どんな話?

タイトル通り、

「硝子の塔の殺人」の、

舞台は

ガラスの塔。

円錐形の形をした塔、

硝子館が舞台。

円錐形ということは、
上の階層に上がるほど、
狭くなっていくんだね!

そう!

円錐形でガラス張りの塔です!

一条遊馬が神津島太郎を殺そうとする?倒叙ものミステリー?

やはり、
その円錐形の塔、
硝子館で殺人事件が
起こるわけ?

その通り。

というか、

「硝子の塔の殺人」という小説の、

語り手医師

一条遊馬(ゆうま)が、

硝子館の主人・神津島太郎を、

(こうつしま・たろう)

殺そうとする。

語り手が犯人!
倒叙ものか!

そうなんだけど、

事件は、

犯人と思われた一条遊馬にも、

思いも付かなかった展開になる。

え?
それは、
さらに連続殺人が起きて、
犯人が他にもいるって事?

それ以上はネタバレになってしまうな〜😅

言えません!

とにかく、

「硝子の塔の殺人」は、

医師の一条遊馬が語り手!

その遊馬が神津島太郎を殺そうとしている。

一見、倒叙ものですが、

事件は遊馬の予想してなかった

展開を見せます!

「硝子の塔の殺人」はクローズド・サークル?本格ミステリー?

これは「硝子の塔の殺人」に挟まっていた、

フリーペーパー。

登場人物が4人だけ載っています。

ん?
上のマスの美女、
「名探偵」って
書いてあるね。

この碧月夜(あおいつきよ)が、

推理して事件を解決する物語

ってこと?

まあ、そんな感じだね。

大学ではかばかしい研究成果を挙げた、

ミステリーマニアでもある、

神津島太郎(こうつしま・たろう)。

彼がたくさんのお金をかけて建てた、

10階建の円錐型の塔

硝子館。

そこで神津島が招待した客と、

硝子館の使用人、

合わせて10人を巻き込んで、

殺人事件が起こる。

面白そうだね!
もしかして、
クローズド・サークルの、
小説なの?

そう、

硝子館は豪雪地帯に作られてて、

大雪で外界と閉ざされてしまうんだ。

※クローズド・サークルとは、

「雪で警察が来れない、

脱出できない」とか、

絶海の孤島に閉じ込められたりとか、

殺人現場に取り残される系の、

ミステリー小説のことを言います。

警察が来れない系の、
ミステリーか!

綾辻行人さんの「十角館の殺人」を、

思わせる様な、

本格ミステリーです!

「硝子の塔の殺人」のあらすじ・まとめ

  • 「硝子の塔の殺人」の舞台は円錐形をしたガラス張りの塔・「硝子館」。
  • 語り手の医師・一条遊馬が神津島太郎を殺そうとするが、事件は遊馬が思いもよらない様な意外な展開を見せる。
  • 硝子館は大雪で外界と閉ざされてしまう。クローズド・サークルの本格ミステリー小説!

硝子の塔の殺人が、

どんな小説か分かっていただけました?

面白いので、

ぜひ読んでみてくださいね!

この記事も参考にしてみてください!

以上です!

この記事の感想など、

コメントいただけると嬉しいです!

Twitterのフォローも、
よろしくお願いします!

それでは今日はこの辺で失礼します!

さようなら〜!!

最後まで読んでいただいて、

ありがとうございます!