【乃至政彦「平将門と天慶の乱」感想】名前は知ってるけど詳しくは知らない平将門!祟りやツメの甘さについて具体的に書いてある?

2021年9月7日

広告

こんにちは〜!

カワタツ( @TKkidd_mbht )です!

今日は、

教科書で名前は知ってるけど、

詳しい事はあまり知られてない、

歴史の人物に関する本

のレビューです!

乃至政彦さんの

「平将門と天慶の乱」

という本を買いました。

「平将門とか、

平将門の乱(天慶の乱)って、

歴史の教科書で

名前を聞いた事はあるけど、

詳しくは知らない…」

という人が多いと思います。

この本を読んで、

平将門について、

詳しく知ってみませんか?

平安時代の関東地方の情勢など、

詳しく知りたい人にも、

オススメしたいです!

平将門の乱(天慶の乱)って具体的には、どんな乱だったの?

「『平将門』って歴史の教科書で、

名前を聞いた事がある!

乱を起こした人だよね!?

 

…でも具体的に平将門の乱って、

どんな戦いだったの?」

「平将門」という名前を聞いて、

普通の人が知ってる事って、

それ位のレベルですよね?

僕も名前を知ってる程度でした。

「もっと平将門について知りたい!🔥」

と思っていたら、

「平将門と天慶の乱」を見つけたわけです。

最近、

「名前は聞いた事あるけど、

詳しくは知らない歴史上の人物」

が気になり「詳しく知りたい!」

と思うんですよね。

「平将門と天慶の乱」では、

平将門と、将門が坂東で起こした、

天慶の乱について、

具体的に詳しく書かれています。

また、

平将門ゆかりの場所では、

「祟りがよく起こる」

とされているのですが、

平将門の祟りについても、

説明されています。

平将門は「やっちまった」?ツメが甘い?

読み終わらないと分からない感想を、

(ネタバレはしてません)

言ってしまうと、

興世王がとんでもない事を言って、

将門の運命を変えちゃう。

いやでも、そんな、

とんでもない逆転の発想しか、

「やっちまった」

将門を救う手段はなかった

あと平将門、

微妙な詰めの甘さ

もしくは運の悪さが後で、

とんでもない事件

を招いてしまう。

まだ読んでない人には、

よく分からないと思いますが、

「平将門と天慶の乱」

を読んだら、よくわかると思います!

是非!

まとめ

  • みんな名前は知ってるけど、どんな人か知らない平将門。「平将門と天慶の乱」では平将門と将門が起こした天慶の乱について具体的に書かれてる
  • 平将門は「やっちまった」?ツメが甘い?運が悪かった?

それでは今日はこの辺で失礼します!

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!