【信虎・信玄・勝頼から山本勘助・穴山信君まで!】武田氏の本6冊を紹介!

広告

こんにちは〜!

カワタツ( @TKkidd_mbht )です!

🤡「どーも!

デルピエロです!」

ねえ。

🤡「ん?」

武田

って好き?

🤡「武田信玄や武田勝頼の、

武田氏かい?

うん、強いし頭良いし勢いがあるし、

大好きさ!」

それは良かった。

今日は、

武田氏が題材の本

6冊紹介しようと思うんだ。

🤡「おお!

いいね!」

信玄の父・信虎の小説、

武田信玄の軍配者・山本勘助の小説、

裏切り者?穴山信君の小説、

また武田家の経営状況を書いた本や、

信虎・信玄・勝頼の、

三代の史実を書いた本、

武田氏滅亡時の史実を、

大ボリュームで書いた本など、

いろいろ紹介します!

武田信玄や武田氏を、

もっと良く知りたい人、

読んでみてください!

武田信虎・勝沼信友・原虎胤の小説?

まずは武田信虎の小説を、

紹介します!

🤡「信虎?

あの家臣を撫で切りにしたりする、

暴君か!」

確かに武田信虎は暴君かもしれないけど、

暴君になるのにも、

理由がある。

🤡「え?」

その理由が分かる小説です!

武川佑さんの

「虎の牙」。

🤡「武田信虎が暴君になる、

理由が分かる小説?」

そう、信虎と弟の勝沼信友(アケヨ)

家臣の原虎胤の3人を主人公にした小説!

🤡「3人が主人公!」

「お館様が暴君なだけの人なら、

みんな付いていくわけがない」

という台詞が印象的でした。

(すいません、

台詞の細かい所は間違ってるかも)

🤡「信虎は暴君なだけの人じゃない!

気になるな!」

武川佑さんの小説は、

このブログのイチオシです!

信虎・信玄・勝頼3代の乱戦・進撃・滅亡の史実?

次は、

武田信虎・信玄・勝頼の3代の史実を、

1冊でまとめて読める本です!

🤡「え?

戦国時代の武田家を、

1冊で読めるの?」

平山優先生の、

「武田三代」。

戦国時代の武田家は、

信虎が甲斐を平定し、

甲府の街を整備し、

信玄が信濃まで攻め込み、

川中島で上杉謙信と戦い、

勝頼は三代で一番広い領土を得たけど、

織田信長に一気に攻め滅ぼされた。

🤡「グラフで言えば、

△こういうグラフだよね。

一気に滅亡していくんだな〜」

武田三代の栄光と滅亡を、

1冊で味わえる「武田三代」!

戦国時代の武田家の史実を、

1冊でまとめて読みたい人、

オススメです!

信玄の軍配者・山本勘助の小説?

武田信玄の家臣といえば、

山本勘助が有名だよね。

🤡「40歳を過ぎてから、

信玄に仕えたんだよね」

遅咲きの人だし、

今、自分の芽が出なくて焦ってる人の、

生きる糧になるかもしれません。

冨樫倫太郎さんの、

「信玄の軍配者」。

🤡「あれ?

これって…」

🤡「冨樫倫太郎さんの、

軍配者シリーズ3冊の、

真ん中の小説だよね?」

そう、だから先に、

「早雲の軍配者」を読まなきゃ、

いけないんだけど😅

🤡「でも、すごく面白い小説だよね」

軍配者を目指す3人の少年が、

青年に成長していく物語。

その中の1人が山本勘助で、

「信玄の軍配者」の主人公。

🤡「武田氏に関係あるのは、

間違いないな」

面白いので読んでみてください!

武田氏の金山経営について書かれた本?

次は武田氏の金山経営について、

書かれた本。

🤡「武田氏のお金の話💸を書いた本か。

お金がないと戦はできないもんね」

川戸貴史さんの

「戦国大名の経済学」。

🤡「ん?

これは武田だけの本じゃないね?」

そう、武田氏の金山経営については、

1部分ではあるけど、

戦国大名の経営法が分かる、

具体的な本!

🤡「武田以外には、

どこの大名が説明されてるの?」

大内、北条、織田、今川

とかかな。

🤡「面白そう!」

戦国大名の懐事情が気になる人、

読んでみてください!

武田信友・穴山梅雪の小説?

次は武田信玄の弟・武田信友と、

清庵という武士だった僧、

そして、

穴山信君

(のぶただ)を、

主人公にした小説です!

🤡「何ィ?

穴山梅雪?

武田家滅亡時に、

織田に寝返った、

裏切り者じゃないか!」

そうなんだけど、

穴山信君にも、

武田を裏切る理由があるんだよ。

🤡「え?

さっきの信虎の時と、

同じ雰囲気」

紹介します。

武川佑さんの、

「落梅の賦」。

🤡「またしてもカワタツのイチ押し、

武川佑さんか」

武田家滅亡時の3人を描いた小説。

穴山信君が武田を裏切るに至る流れが、

しっかり説明されてて、

なおかつ武田滅亡時の具体的な描写が、

しっかり描かれてる。

🤡「穴山信君が裏切る事、

「これは信君が裏切るのも、

分からなくはない」

と思える小説

ってこと?」

その通り!

滅亡が辛くて儚いけど、

めちゃめちゃ面白い小説ですよ!

武田氏滅亡の史実を大ボリュームで!

最後は武田氏滅亡の史実を、

大ボリュームで、

めちゃめちゃ詳しく書いた本です!

🤡「大ボリュームって、

どれくらい?」

700ページ

くらい😅

🤡「😨」

平山優先生の、

「武田氏滅亡」。

🤡「『武田三代』と、

同じ平山先生か」

すごく分厚いですが、

武田氏滅亡の史実を詳しく知れますよ!

🤡「勝頼の代になって、

長篠の戦いで負けて、

一気に滅亡したんだっけ?」

いや、長篠から一旦は、

武田三代で最大の領土を得るほどに、

盛り返したんだよ。

🤡「そうなのか!

一気に滅亡したんじゃないんだね!」

勝頼と織田信長の和平交渉についても、

書いてあります!

ボリュームは多いですが、

読んでみてください!

以上、武田氏に関する本を、

6冊紹介しましたが、

いかがでした?

🤡「ねえ」

🤡「新田次郎さんの、

『武田信玄』は紹介しないの?」

昔読んだけど、

途中で挫折したんだよね😅

だからオススメはしなかった。

🤡「マジか〜。

ところで今日紹介した本、

その辺の本屋で買えるの?」

郊外の本屋とかでは、

置いてない本が多いかもしれない😅

もし丸善やジュンク堂に、

よく行く人は、

hontoで在庫検索すると、

欲しい本が見つかるかも!

🤡「店舗になかったら、

honto(ネット)で注文して、

店舗で受け取れば送料無料だね!」

hontoで電子書籍を買う場合も、

20%割引のクーポンが、

しょっちゅう出てます!

🤡「興味のある方!

新規登録は無料なので、

試しに登録してみてください!」

それでは今日はこの辺で失礼します!

🤡「さようなら〜!」

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!