【暗殺教室】テストの回は何巻で出てくる?各回の特徴も!

2022年8月8日

広告

こんにちは〜!

こんにちは!

今日は、

暗殺教室

の漫画についてです!

暗殺教室といえば、
中学生の話だよね!

テストの回

もあったよね!
学生らしい!
ところで、

テストの回って、

何巻に出てたっけ?

今日はそれについて説明します!

暗殺教室のテストの回が好きで、

何巻で出てくるか、

速攻で知りたい人など、

読んでみてください!

「暗殺教室」のテストの回は何巻で出てくる?

暗殺教室の
テストの回って、
何巻で出てくるの?

暗殺教室にテストの回は、

3回あります。

  1. 2巻
  2. 6巻
  3. 14巻

の3回です!

2巻のテストの特徴は?3年E組みんな自信なし!

テストの回が何巻なのかだけを、

説明するのは味気ないですよね。

テストの各回がどんな回だったか

簡単に特徴だけ、

説明しときます。

まず最初の、
2巻のテストの回って、
どんな回だったっけ?

  • 渚たちのいる3年E組は椚ヶ丘中学校の底辺のクラス。全校生徒からバカにされている。
  • 中間テストでE組全員が学校で50位以内を取らないと、殺せんせーは椚ヶ丘中学校から去ると約束。

この椚ヶ丘中学校、
学力の差による、
差別がひどいんだよね!

「テストで良い点を

取るなんて無理だよ…

俺らは暗殺があるし!」

自信のないE組の生徒たち。

彼らに対し殺せんせーは、

E組全員が、

中間テストで50位以内を取れなければ、

クラスを去ると言い出した。

というわけで2巻のテストの特徴は、

底辺の3年E組はみんな自信なし!

殺せんせーは、

「3年E組全員が、

学校で50位以内を取らないと、

クラスから去ります」

と言い出します!

6巻のテストの特徴は?

  • 浅野学秀ら3年A組の五英傑が出てくる。
  • 教科ごとに学年1位を取った者には、答案の返却時、殺せんせーの触手を1本破壊する権利がもらえる。

6巻のテストは、

こんな感じです。

浅野学秀って、
理事長の息子だよね!
椚ヶ丘中学校の、
No.1から5が
出てくるんだね!

かつて学校のテストを、

ここまで躍動的に描いた漫画は、

あるんでしょうか?

そして、

この5人を押しのけて

教科ごとの学年一位を取れば、

殺せんせーの触手を1本破壊できます。

上位5人より、
上の点数を取る!
ハード過ぎ!

このテストから沖縄離島合宿に、

繋がる流れになってます!

あと余談ですが、

この巻の田中信太と高田長助の、

説明が好きです!🤣

というわけで、

3年E組の面々は、

学校の上位5人を押しのけて、

殺せんせーの触手を破壊する権利を、

手に入れる事ができるのか?

14巻のテストの特徴は?

  • 理事長が3年A組を洗脳して強化!
  • 最後のテストにして凶悪なテスト!
  • 理事長がこんなになった理由がわかる?

14巻が最後のテストで、

理事長が自ら3年A組の教壇に立ち、

授業&洗脳を行います!

そしてA組の面々を、

「E組殺すE組殺す」

とずっと言ってる状態に洗脳します。

やば!!
電子ドラッグ状態じゃん!

テストも理事長好みの、

凶悪な問題ばかりに!

そしてテストが終わった後、

理事長が今の教育方針になった、

悲しい過去が明かされます。

理事長が
あんなになったのも、
深い理由があるんだよね!

というわけで、

最後の14巻のテストで、

理事長が3年A組を教育&洗脳し、

「E組殺す」状態にします!

最凶最悪の問題に、

E組の面々は?

理事長の過去も明かされる!

暗殺教室のテストの回まとめ

  • 暗殺教室のテストの回は2・6・14巻の3回!
  • 3巻のテストで底辺の3年E組はみんな自信なし!殺せんせーはクラス全員が50位以内に入らないと学校を去る!と言い出します。
  • 6巻のテストでは、理事長の息子・浅野学秀ら学校の上位5人が出てきます!教科ごとで1位を取った生徒は殺せんせーの触手を破壊できる!
  • 14巻のテストでは、理事長自ら3年A組の生徒を「E組殺す」状態に洗脳!最凶細工のテストにE組の面々は?理事長の過去も明かされる!

いや本当に、
こんなに学校でテストが、
盛り上がる漫画って、
ないよね〜!

テスト回、

楽しいよね!

ところで、

この記事を読んで、

暗殺教室の漫画を、

読みたくなってませんか?

この記事で暗殺教室の漫画を、

かなり安く読む方法を説明してます!

以上です!

この記事の感想など、

コメントいただけると嬉しいです!

Twitterのフォローも、
よろしくお願いします!

それでは今日はこの辺で失礼します!

さようなら〜!!

最後まで読んでいただいて、

ありがとうございます!