【岡山藩主・池田綱政の子供は50〜70人?】しかもみんな早生?後継者は?

2023年1月7日

こんにちは〜!

岡山藩・4代目藩主の、

池田綱政さん、

子供が50〜70人

いたらしいですね!

そして、

その子供の大半が、

早くに亡くなってしまった。

では、

後継者は

どうなったのか?

そこら辺について、

この記事で説明します!

岡山の歴史や、

岡山藩主に興味がある人!

読んでみてください!

倉知克直さんの本「池田綱政」を、

参考・引用して説明します!

池田綱政の子供は50〜70人?

池田綱政さんの子供、
50〜70人って、
あいまいな数字なのは、
なぜ?

池田綱政さんの子供、

記録に残ってるだけで53人。

他に、

記録に残ってない子供が

16・7人は

いるのではないか?

という事らしい。

記録に
残ってない子供が
たくさんいるのか〜!

とにかく、

池田綱政さんには、

記録に残ってるだけで53人、

残ってない人を足すと、

70人の子供がいたそうです!

みんな早生?後継者は?

そして、

その70人位の大半が、

幼くして亡くなった。

え?
何が原因?
病気?

そうだね。

若い頃、

病気で亡くなる子供が、

多かったみたいだね。

綱政さんが
子供をたくさん作ったのは、
早く亡くなる子供が
多かったからって事?

それもあるだろうけど、

単純に綱政さんは

放埓(ほうらつ)というか、

そちらの方がお盛んというか、

元気だったみたいだね😅

女中に
手をつける
タイプかな〜?

とにかく、

池田綱政さんの

70人いると言われる子供は、

病気で大半が、

若いうちに亡くなってしまいました!

池田綱政(岡山藩主)の後継者は?

しかし、
それだと
後継者がいなくて、
大変だった
んじゃない?

後継者がいなかったら、

岡山藩のお家断絶

あり得た時代だしね😅

それは怖い!

吉政:18歳で亡くなる

最初は吉政(よしまさ)が、

綱政が40歳の時に生まれ、

後継者とされてたらしい。

その吉政は、
何歳まで生きたの?

18歳。

「足痛」で外出できなくなり、

それがひどくなって、

亡くなってしまったらしい。

なんてこった!

政須:14歳で亡くなる

次に後継者になったのは、

政須(まさもち)なんだけど、

この子も

14歳で亡くなった。

原因は?

「不例」続き

と書いてあるんだけど、

病名はよくわからない。

不例ってことは
それまでに
見た事のないような
症状が続いたのかな?

ヤバい!綱政はもう72歳のおじいさん?

そして、

政須が亡くなった、

この時すでに、

綱政さんは72歳

だったんだよね😅

72歳で後継者がいない!
子供ができる前に
綱政さんが
死んでしまうかも!
早く後継者を残さないと
ヤバい!!

継政がギリギリで岡山藩主に!

そして政須の弟・峯千代(みねちよ)を、

後継者にし、

綱政が亡くなった後、

峯千代が継政(つぐまさ)となり、

岡山藩主になった。

ギリギリで後継者が
間に合ったわけか!

というわけで、

最初は吉政が

綱政の後継者だったけど、

「足痛」で18歳で亡くなった。

その次の後継者・政須も、

14歳で亡くなる。

その後、

政須の弟・峯千代が、

継政と名乗り岡山藩主になった。

まとめ

  • 池田綱政の子供は記録にあるだけで53人、記録にない子供を入れれば70人と言われている。
  • しかし、その子供の大半が幼くして亡くなった。
  • 吉政、政須と後継者が亡くなり、最終的に政須の弟・峯千代が後継者になった。綱政が亡くなった後、継政と名乗り岡山藩主になった。
後継ぎ候補亡くなった年など
吉政18歳で
「足痛」で亡くなった😢
政須「不例」続きで
14歳で亡くなった😱
継政ギリギリで
岡山藩主に!😄

なんか、
ちょっと悲しい話
だったな〜

後継者が少なかったのは、

綱政さんには女の子が多かったのも、

あるみたい。

病気で死んだ子が
多かったのは、
飢饉があって
疫病が流行ったから?

それもありそう。

池田綱政さんや、

その子供たちについて、

もっと詳しく知りたい人は、

倉知克直さんの本「池田綱政」を、

読んでみてください!

池田綱政さんは
何をした人?
という事は
上の記事にも
書いてます!

興味があれば、

読んでみてください!

以上です!

もし間違った所があれば、

コメントしていただけると

ありがたいです!

この記事の感想

コメントいただけると嬉しいです!

Twitterのフォローも、
よろしくお願いします!

それでは今日はこの辺で失礼します!

さようなら〜!!

最後まで読んでいただいて、

ありがとうございます!