【ショウ・タッカーの奥さん】どうなった?ハガレン(鋼の錬金術師)

広告

こんにちは!

ハガレン(鋼の錬金術師)で

ショウ・タッカーの奥さん

どうなった?

この疑問にお答えします!

ショウ・タッカーといえば

有名なセリフがありますが、

このセリフの前に、

奥さんがどうなったか分かります!

  • ショウ・タッカーは自分の奥さんをキメラにした?
  • キメラになった奥さんのその後は?

という内容です!

もう答えを書いちゃってますね😅

この記事、

グロくて辛い内容ですが、

奥さんがどうなったか

気になる人は読んでみてください!

ショウ・タッカーは自分の奥さんをキメラにした?

ショウ・タッカーの
奥さんって
どうなったの?

ショウ・タッカーといえば、

自分の娘・ニーナと

飼い犬・アレキサンダーを

合成してキメラにした😅

そして「ニーナとアレキサンダー

どこへやった?」

と言うエドに対し、

「君のような

勘のいいガキは

嫌いだよ」

と返すことで有名ですよね😅

まさか…!!
奥さんも
何かと合成して
キメラに
しちゃったの?

残念ながら、

そうみたいです😅

ショウ・タッカーは

いや申し訳ない

妻に逃げられてから

家の中も

この有り様で…

2巻13ページ

「妻に逃げられて」

散らかりまくった部屋なのを

エド達に謝るんですよね。

ん?
変だよね!
奥さんが逃げたのなら、
娘のニーナを
お母さんが
連れていきそうだけど!

そして先ほどの

「君のようなガキは〜」のシーンの

少し前でエドが

ショウ・タッカーに聞くんですよね。

エド「タッカーさん

人語を理解する

合成獣(キメラ)の研究が

認められて

資格取ったの

いつだっけ?」

タッカー「ええと…

2年前だね」

エド「奥さんが

いなくなったのは?」

タッカー「………2年前だね」

2巻30ページ

その後、

例のセリフになるわけですが、

タッカーが
キメラの研究を
認められ
国家錬金術師の
資格を取った年
2年前
タッカーの奥さんが
いなくなった年
2年前

というわけで、

やはりタッカーは

自分の奥さんをキメラにした。

ということで、

間違いなさそうです😅

……(絶句)

キメラになった奥さんのその後は?

それなら、
奥さんを
合成したキメラは
その後
どうなったの?

2巻の11ページに書いてありますね。

マスタング「人の言う事を理解し

そして

喋ったそうだよ

ただ一言

「死にたい」と

その後エサも食べずに

死んだそうだ」

2巻11ページ

え…

「死にたい」と言って

死んでしまった

辛すぎ…!
タッカーは
自分の奥さんを
失っても
国家錬金術師に
なりたかったのかよー!

本当に、

どうしてこんな事に…😅

ハガレン(鋼の錬金術師)でショウ・タッカーの奥さんはどうなった?まとめ

  • ショウ・タッカーはエドと会う2年前、自分の奥さんを合成して人語を解するキメラを作った。それにより国家錬金術師になった。
  • キメラになった奥さんはただ一言「死にたい」と言い、エサも食べずに死んでしまった。

ショウ・タッカーのところは、

ハガレンのグロいところの

1つですよね😅

気持ち悪いけど、
ハガレンの
面白いところ
でもあるんだよな〜!

この記事で紹介した部分、

自分でも読んで確かめてみてください!

ちなみにハガレンは、

電子書籍だと

安く読めますよ!

全27巻が、

最低でも40&割引

で読めます!

詳しくは上の記事

読んでみてください!

以上です!

もし間違った所があれば、

コメントしていただけると

ありがたいです!

この記事の感想

コメントいただけると嬉しいです!

Twitterのフォローも、
よろしくお願いします!

それでは今日はこの辺で失礼します!

さようなら〜!!

最後まで読んでいただいて、

ありがとうございます!