【謙信は義の武将じゃない?真の姿、知りたい?】今福匡「上杉謙信「義の武将」の激情と苦悩」感想

2021年7月29日

広告

こんにちは〜!

カワタツ( @TKkidd_mbht )です!

今日は、

有名で人気もある戦国武将の

真の姿を書いた歴史の本

のレビューです。

その戦国武将、

言ってしまえば、

上杉謙信

なんですが、

謙信の真の姿

を描いた本。

上杉謙信「義の武将」

の激情と苦悩

を紹介します!

上杉謙信といえば、

武田信玄が塩を封鎖されてる時、

「敵に塩を送る」

という逸話で「義の武将」として、

名高いですよね。

しかし、

本当に上杉謙信は、

「義の武将」だったんでしょうか?

そういう意味での謙信の正体、

真の姿を書いた本です。

上杉謙信は「義の武将」じゃない?

先程も述べた通り、

上杉謙信は敵の武田信玄に塩を送った事で、

「義の武将」と言われていますが、

この本、

「上杉謙信「義の武将」の激情と苦悩」

では謙信は、

武田信玄や北条氏康を呪った文言を、

神社に奉納したりしてたそうですね😅

と言ってもその方が人間らしくて

良い気もします。

誰にだって殺してやりたい位に

嫌いな人がいると思いますし、

ましてや、しょっちゅう戦争してる人

ですからね。

武田信玄も相手から見れば、

汚い戦法を使いますしね😅

それに謙信が義の武将だなんて、

小説やテレビでしか謙信の事を

知らない人が言い出したんだと思います。

とにかく、

上杉謙信は、

「義の武将」では、

なかったかもしれない?

この本、

「上杉謙信「義の武将」の激情と苦悩」

を読んで、

それが分かるかもしれません。

謙信が使っていた「片腹痛い」を現代の言葉に直すと?

あと「上杉謙信「義の武将」の激情と苦悩」

では謙信が敵との書状に、

「片腹痛い」

という言葉を使ってるのが

書いてあります。

「片腹痛い」と「腹筋崩壊」は、

同じ意味。

という事をこの本で知りました😅

「え?

そこ?」

と思われるかもしれませんが、

謙信が敵に「片腹痛いわ!」と

書状を送ってるのは、

「お前ふざけた事言い過ぎ!

腹筋崩壊するほど

笑えるじゃないか!🤣

大草原wwwww」

と皮肉を込めて言ってるわけなんですね〜。

という様に、

上杉謙信は、書状で相手をバカにする様な、

言葉を度々使ってるんですよね〜😅

「義の武将」というイメージとは、

少し違ったイメージじゃないですか?😅

「上杉謙信「義の武将」の激情と苦悩」

では、この様に上杉謙信の、

イメージとは違う部分が、

詳しく書かれています。

ぜひ読んでみてください。

まとめ

  • 上杉謙信は武田信玄や北条氏康が相当嫌いで呪ったりしてる😅「義の武将」のイメージと違う?
  • 「片腹痛い」は「腹筋崩壊」と同義。上杉謙信はこの言葉をよく手紙に使って相手をバカにしてた。

『上杉謙信「義の武将」の激情と苦悩』、

上杉謙信の真実の姿を、

知りたい人にオススメの本ですが、

僕はそんなに謙信の見方が

変わったりはしませんでした。

個人的にまだ上杉謙信の姿は

ボヤッとしている様な感覚。

でも敵を呪ったり、

書状で敵を笑ってるくらいの方が、

面白い謙信像だと僕は思います。

もし『上杉謙信「義の武将」の激情と苦悩』

が気になった方で、

丸善やジュンク堂へよく行く人、

hontoで在庫検索してますか?

ネットで注文して、

店舗で受け取ることもできますよ!

それでは今日はこの辺で失礼します!

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!