【「麗の世界で有栖川」と紅麗の関係は?】烈火の炎との関係を想像!

2022年12月1日

広告

こんにちは〜!

「麗の世界で有栖川」

と紅麗の関係は?

「麗の世界で有栖川」は

「烈火の炎」の

安西信行さんの漫画ですよね。

「麗の世界で有栖川」

というタイトルを聞いて、

麗(うるは)
と言えば、
「烈火の炎」の
紅麗の部隊!

何か関係はあるの?

と思った人も

多いのではないでしょうか?

私、

「麗の世界で有栖川」を、

まだ3巻までしか読んでないんですが、

「麗の世界で有栖川」と

紅麗の関係について、

ある想像をしました!

「想像でもいい!」

って人は、

この記事を読んでみてください!

あと「烈火の炎」のネタバレを、

少ししてます!

無料会員登録で「100冊まで全部40%OFF」Amebaマンガ

Ameba漫画なら

「烈火の炎」

「麗の世界で有栖川」

全巻が40%割引!

(広告)

「麗の世界で有栖川」と紅麗の関係は?

さて、
「麗の世界で有栖川」
と紅麗の関係は、
何なんだろう?

もう一度言いますが、

ここからは僕の想像、

妄想です。

この記事で「烈火の炎」での、

紅麗の最後について、

説明しましたが、

紅麗は「烈火の炎」最終巻で、

小金井薫と共に、

戦国時代へ帰った。

そうだったね!
寂しかったなあ〜!

ここで僕は想像したんだけど、

紅麗と小金井は、

戦国時代で織田信長を倒した後、

何をしたのか?

ん?
火影の人たちの墓を
作ったんだよね?
その後は忍術の修行でも
したのかな?

そう。

火影の力がなくなった世界で、

紅麗と小金井は何をしたのか?

もしかしたら、

麗という集団を、

戦国時代で、

また作ったんじゃないか?

おお!
それは熱い想像だね!🔥

そして、

「麗の世界で有栖川」にも、

「麗」という組織が存在した。

という事は、

え⁉️
まさか?

『麗の世界で有栖川』の、

『麗』という集団は、

戦国時代に帰った、

紅麗と小金井が作った集団

だという事⁉️

そういう想像・妄想をしてます😅

あくまで妄想😅

じゃあ、
いずれ、
『麗の世界で有栖川』に、
紅麗と小金井が
出てくるかも
しれないんだね!

まあ妄想なので、

まだ分からないけど😅

以上、

「麗の世界で有栖川」の麗と、

紅麗の関係についての考察を、

書いてみました!

烈火の炎については、

他にも記事を書いてます!

興味のある記事があれば

読んでみてください!

まとめ

「麗の世界で有栖川」の、

麗という集団は、

紅麗と小金井が戦国時代に帰った後、

作った集団ではないか?

本当にあくまで妄想です😅

でも、
この想像が本当だったら、
烈火ファンは嬉しいよね!

もし「麗の世界で有栖川」や、

「烈火の炎」の続きを、

読んでみたい気持ちになってくれたら、

電子書籍なら、

安く読めますよ!

無料会員登録で「100冊まで全部40%OFF」Amebaマンガ

Ameba漫画なら、

「烈火の炎」

「麗の世界で有栖川」

全巻が40%割引で読めます!

もし20冊以上、

まとめて漫画を買うなら、

Ameba漫画が一番お得です!

ebookjapanでも70%割引!(上限500円×6)

もし少しずつ「烈火の炎」と

「麗の世界で有栖川」を読むなら

DMMブックスと、

ebookjapanがオススメです!

どちらも70%OFF!

以上です!

もし間違った所があれば、

コメントしていただけると

ありがたいです!

この記事の感想など、

コメントいただけると嬉しいです!

Twitterのフォローも、
よろしくお願いします!

それでは今日はこの辺で失礼します!

さようなら〜!!

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!