【北条義時がしたことは?何をした?】北条氏の権力独占は義時から?執権も?

2022年6月28日

広告

こんにちは〜!

カワタツです!

🤡「どーも!

デルピエロです!」

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」、

好調ですね!

🤡「小栗旬が主演で、

北条義時を演じてるんだよね!」

そうなんだよ!

🤡「ところで、

みんな気になってると思うんだけど、

北条義時って、

何をした人なの?」

僕も、それが気になって、

岩田慎平さんの「北条義時」

という本を、

読んでみました!

この本を参考に、

北条義時がしたこと

3つ挙げてみたいと思います!

「いや違うよ!」

「もっと大事なことはあるだろ!」

というコメント、

くれるとありがたいです!

🤡「自信ないの?」

本を一冊読んでも、

義時がしたことを拾うのが、

難しかったんだよ😅

北条氏が鎌倉幕府の権力を独占する体制を作った?

まず1つ目は、

良いことか悪いことか、

分からないんですけど、

北条氏が鎌倉幕府の権力を

独占する体制を作った

という事ですかね。

🤡「これは、

他の勢力を排除していった、

ってこと?」

そうだね〜。

小御所合戦で比企氏が滅亡し、

比企能員を倒したのは時政だったけど、

頼家の子で比企能員の孫に当たる、

一幡(いちまん)は義時が殺した。

🤡「子供を殺すなんて、

嫌だね〜」

まあ残酷な面はあるけど、

将軍後継者になり得る、

一幡を殺しておかないと、

紛争の火種になるからだろうね😅

畠山重忠が死んだ時には、

義時は時政が重忠を攻めるのを反対した。

その後、義時は、

父・時政を伊豆へ追放した。

🤡「親も追放するんだね〜」

そして和田合戦和田義盛を倒し、

北条義時は北条氏が執権として、

鎌倉幕府の権力を独占する体制を、

整えていった。

という感じじゃないかと思います。

執権が将軍をサポートする体制を作った?

2つ目は、

北条氏が権力を独占した事から、

繋がる事なんだけど、

北条氏の執権が、

将軍を補佐する体制を整えた

のも義時がしたことじゃないかと、

思うんですよね。

🤡「義時が最初なの?」

時政の頃には北条氏以外にも、

鎌倉幕府に有力な御家人がいたから、

執権という役職を使い出したのは、

義時の頃じゃないかな?

🤡「時政の時は、

北条氏に権力が一極集中してなかった。

という意味だね」

承久の乱の後、

鎌倉幕府は左大臣・九条道家の息子、

三寅(みとら)を将軍に招き、

北条政子が後見し、

義時がそれを補佐する体制にした。

🤡「これが、

実質的に義時が執権になった。

ということ?」

そういう事だと思う。

将軍・三寅が幼いから、

執権という補佐役が必要だった。

この時、

義時から北条氏が執権として、

将軍をサポートする体制が整った。

と言えるんじゃないかと思います。

鎌倉幕府の秩序を守ろうとした?

義時がした3つ目のこと。

それは、

鎌倉幕府の秩序を守ろうとした。

これもあるんじゃないかな。

🤡「『法の番人』

みたいな存在ってこと?」

和田合戦の直前、

和田義盛の息子と甥が、

反乱に加担した罪で捕まった。

義盛が「助けてやってください!💥

と義時に頼んで、

息子2人は助けられたけど、

甥は罰を受けた。

🤡「でも反乱を起こしたんだから、

処罰しないと、

示しがつかないよね」

と言っても、

義時は義盛の甥の命は助けたんだけどね。

🤡「いや甘いかな」

命は助けて、

めちゃめちゃ屈辱を与える

みたいな罰にした。

それで義盛は反乱を起こした。

🤡「いや命は助けても、

甘くはないのかな?」

まあ、こんな感じで、

厳しい罰を与えて、

鎌倉幕府の秩序を守ろうとした。

それが義時のしたことじゃないかな〜?

と思ってます。

北条義時がしたこと・まとめ

  • 北条氏が執権として、鎌倉幕府の権力を独占する体制を整えた。
  • 将軍を執権がサポートする体制を整えた。
  • 厳しい罰を与えて、鎌倉幕府の秩序を守った。

本を1冊読んでも、

義時が何したかを拾うのが、

難しかったですけど、

こんな感じだと思います😅

🤡「いや違うよ!

もっと大事なことはあるだろ!

というコメント、

お待ちしてます!

良かったら、

いろいろ参考にした、

岩田慎平さんの「北条義時」、

読んでみてください!

🤡「この本を、

丸善やジュンク堂の店舗で買いたい人は、

上の記事を読んでみてください!」

北条義時や「鎌倉殿の13人」の、

理解が深まりそうな記事、

他にも書いてます!

🤡「興味があれば、

読んでみてください!」

それでは今日はこの辺で失礼します!

🤡「さようなら〜!」

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!