【普通に戦えば平家の勝ち?有名な扇の逸話は占い?】屋島の戦いの真実を分かりやすく説明!

広告

こんにちは〜!

カワタツです!

🤡「どーも!

デルピエロです!」

ねえ。

屋島の戦い

って知ってる?

🤡「ああ!

今の香川県高松市の屋島で、

源義経平家が戦ったんだよね!

那須与一が扇を射落とした逸話

で有名だよね!」

そうなんだけど実は、

屋島の戦いって、

平家が負けるはずが

なかった戦い

らしいんだよね。

🤡「え?

どういう事?

そういえば」

🤡「一ノ谷の戦いも、

そんな感じだったよね!」

そうなんだけど、

屋島の戦いは、

平家が負けるはずがなかったのに、

なぜか源氏が勝ってしまった。

そういう真実があるらしい。

🤡「ど、どういう事?」

今日はそれについて、

分かりやすく簡単に説明します!

海上知明さんの、

『「義経」愚将論

源平合戦に見る失敗の本質』

を参考に説明します!

この本を僕なりに噛み砕いて説明してるので、

間違えてる所もあるかもしれません!

屋島は攻めにくい!兵数も平家が多い!普通に戦えば平家の勝ち?

🤡「『平家が負けるはずはなかった』

って、

どういう事?」

まず、

屋島の地形なんだけど、

屋島は上の方が平べったい形の山で、

守るのに固い地形だった。

しかも、

平安時代には、

浅い海で隔たれていて、

文字通り島だったんだ。

🤡「平べったくて、

屋根の様に見えるから、

屋島って名前なんだよな。

しかも本当に島だったのか」

そう。

源氏からしたら、

ただでさえ攻めにくい地形で、

しかも義経は、

摂津から阿波まで、

海を無理やり渡ってきた🏊‍♂️

そのため、

兵数が少ない上に、

騎馬すら準備できてなかった。

らしい😅

🤡「え?

少ない兵で屋島を攻めるのって、

無理じゃない?」

しかも屋島には平家の兵が、

たくさん入っていた。

🤡「え?

義経が勝てる要素、

なくない?」

そうなんだよ😅

屋島は陸から切り離された島で、

たくさんの平家の兵が入った要害!

義経軍は海越えで兵が少なく、

騎馬も少ない!

これでなぜ源氏が勝てたんでしょう?

平家が負ける要因がなかった?なぜ源氏が勝った?

🤡「なぜ、

この流れで源氏が勝てたの?」

有名な話だけど、

義経は屋島に攻め込む事もできないから、

屋島の近くの村を

焼いた🔥😱

らしいんだよね😅

🤡「え?

暇つぶしで村焼くみたいな💦」

しかし、

これが功を奏した。

🤡「え?

マジで?」

屋島の平家の大将・平宗盛は、

弱気な人だったみたいで、

村が燃えてるのを見て、

源氏の大群が攻めてきた!

と勘違いしたらしい😅

🤡「え?

それで、どうなるの?」

普通に戦えば、

平家の勝ちなのに、

ビビった宗盛は、

戦うか退くかを、

占いで決めたんだ🔯

🤡「占い?

どんなやつ?」

その占いが、

那須与一が扇を射落とす

有名な逸話

なんだ😅

🤡「え?

アレが占い?」

  • 源氏が扇を落とせなかったら戦う
  • 源氏が扇を射落とせたら、彦島まで退却する

という占いだったみたい😅

🤡「え?

確か結果は…」

那須与一が見事、

扇を射落とし、

平家は屋島を捨てて退却した。

というわけだね。

🤡「なんてこった…。

宗盛が大将じゃなかったら、

平家は負けるはずがなかった

という事じゃん!」

そうなんだよ😅

これが「義経愚将論」に書いてあった、

屋島の戦いの真実です!

義経が屋島の近くの村を焼いた事で、

弱気な平家の大将、

平宗盛は源氏の大軍が来たと勘違いした!

ビビった宗盛は、

戦うか退くかを占いで決める事にし、

那須与一が扇を落としたため、

退却した!

まとめ

  • 屋島は攻めにくい要害で、義経は海を渡って兵が少なく、平家の方がダントツに兵が多かった。負けるはずがない平家がなぜ負けた?
  • 義経が村を焼いたのを、平家の大将・宗盛は「源氏の大軍が来た!」と勘違いした。戦うか退くかを占いで決め、那須与一が扇を撃ち落としたため、退く事を決めた。

🤡「なんか納得いかない訳じゃないけど、

『こんな勝ち負けだったの?』

って感じするな」

勝てる戦いを宗盛が落として、

屋島という拠点を失った事で、

平家は壇ノ浦での滅亡に近付いた

らしいからね😅

🤡「うわ〜!」

海上知明さんの、

『「義経」愚将論

源平合戦に見る失敗の本質』

で源平合戦の真実が書かれてます!

義経が「愚将」とか、

ケチョンケチョンに言われてます😅

🤡「判官贔屓で、

抵抗ある人が多そうだなあ」

僕もかなり抵抗あったんですけど、

源平合戦や源義経の真実が、

詳しく書かれているので、

興味のある人は読んでみてください!

それでは今日はこの辺で失礼します!

🤡「さようなら〜!」

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!